DM 画面を開いたときに自動的にDMを送りたい(ウェルカムメッセージ)

更新日: 2018/12/28

「ウェルカムメッセージ」は、Twitter 上で DM 画面を開いた際に自動的にメッセージを送信する機能です。

送信するメッセージは複数設定でき、それぞれの URL をクリックすると、そのメッセージが送信されます。

メッセージを「デフォルトメッセージ」にすることで、URL をクリックしなくても、Twitter 上から DM 画面を開くだけで、自動的に送信されます。

使い方の例

  • ウェルカムメッセージをデフォルトにして作成しておく。
    プロフィール欄に「詳細を知りたい方は、DM 送信ボタンをクリックしてください。自動で DM を送信します」と書いておく。
    DM 送信ボタンをクリックした人は自動メッセージが送信され、詳細を伝えることができる
  • 「詳細は、以下をクリックしてください」というテキストとウェルカムメッセージの URL をツイートする
    クリックしたユーザーには自動的に指定したウェルカムメッセージが送信される

ご注意

  • ウェルカムメッセージは、受信者には見えますが、送信者にはみえません。
    このため、どのメッセージが送られたかは、送信者から区別できません。
  • サンクスDM」とは異なり、フォローしたタイミングで自動的に送信されるメッセージではありません。
    送信するには、ユーザーがリンクをクリックするか、DM 画面を開く必要があります。
  • サンクスDM」では、「%name%」のように書くことで、相手の名前を埋め込むことができましたが、ウェルカムメッセージではその機能には対応しておりません。

動作イメージ

PC 版の画面になりますが、スマートフォンブラウザ版、アプリ版でも動作します。

  1. ユーザーがアカウントの「DM」を送信するボタンをクリックします。
  2. 自動的に設定したテキストが送信されます。
    自動的に送信されるメッセージには、ボタンやクイックリプライ(入力窓の下に表示されています)を設定できます。