アクション代行のアクション数が少ないのですが

更新日: 2018/06/04

アクション代行では、Twitter ルールの「過剰なフォロー・フォロー解除」となったり、みなさまのTwitterアカウントが凍結されることを防ぐため、独自の基準で1日にアクションする回数を制限しております。

アクションが少なくなってしまう理由

アクションが行われるが回数が少ない場合、以下のような理由が考えられます。

  • フォロワー数が少ない
    フォロワー数が2桁程度の場合は、ゆっくりとフォロワーを増やすため、アクションが少なくなります。フォロワー数が増えるにつれ、徐々にフォロー回数が増えますので、フォロワー数が増えるのをお待ちください。
    すばやくフォロワー数を増やすためには、「相互フォローアカウント」を活用することもできます。詳細は相互フォローアカウントやツールを使ってTwitterのフォロワー数を効率良く増やす方法をご覧ください。
  • FF比が低い(FF比 = フォロワー数÷フォロー数)
    フォロワー数に対してフォロー数が少ない状態でもフォローが行われにくくなります。
    0.8程度を目安に運用されると、アクション代行でのアクション数への影響がでにくくなります。
    例えば、フォロワー数が100に対してフォロー数1000の場合、FF比は 100 / 1000 = 0.1 となります。フォロワー数100の方がFF比を0.8にするためには、フォロー数を125にする必要があります。
  • 直近 72 時間のフォロー・フォロー解除回数が多い
    SocialDog 以外でのフォローや、アクション代行以外の機能でのフォロー回数が多いと、アクション代行でのアクションが少なくなる場合があります。
  • Twitter でのスパム報告、被ブロックが多い
    Twitter では、過剰なフォローなどを行うと、一時的にフォローなどが規制される場合があります。このようなエラーが頻繁に発生するユーザーは、アクション回数が少なくなる場合があります。

アクション回数を増やすために

FF比を高く保つ

フォロワー数に対してフォロー数が少なすぎる状態は好ましくありません。

フォローしたのにフォローバックされていないユーザー(SocialDogでは「フォローされていない」ページに表示されています)は、できるだけフォロー解除して、FF比率を高く保ちましょう。

ただし、フォローした直後のユーザーをフォロー解除する行為は、「フォローチャーン」となりTwitterルールで禁止されていますので、フォロー解除する際は、フォローしてから少なくても2週間程度は経過しているユーザーにしぼりましょう。

リクエストは自分のアカウントに興味のありそうな人に絞る

フォローバック率を上げ、被ブロックやスパム報告をへらすため、できるだけ自分のアカウントに興味のありそうな人にだけフォローするようにしましょう。

例えば、東京のラーメンに関するアカウントでキーワードフォローを行う場合、「ラーメン」よりも、より具体的な「ラーメン 新宿」のようなキーワードにしたほうが効果がよくなります。

フォローバック率が高くなると、FF比が高くなりやすいので、アクション代行の効果も上がります。

アカウントの運用(ツイート)もしっかり行う

ユーザーがフォローするかどうか判断するとき、アカウントのページを開き、アイコンや説明文、過去のツイートからフォローする価値のあるユーザーか判断します。

その際に「フォローする価値がある」と思ってもらえるよう、フォローを行うだけではなく、アカウントの充実も図っていきましょう。

特にアカウント開設直後は、ツイート数も少なく、またアカウント運用にもなれていないため、一般的にフォローバックされにくい状態となります。簡単にフォロー増やそう、と考えず、価値のあるツイートによってアカウントを充実させていきましょう。