複数の Twitter アカウントの管理

更新日: 2018/08/07

SocialDog では、複数のTwitter アカウントをまとめて管理することができます。

1つのSocialDog アカウントで複数のTwitter アカウントを管理する

例えば、1つのSocialDog アカウントで、3つのTwitter アカウントを管理することができます。

例)

SocialDog アカウントA で Twitter アカウント3つ(@aaa, @bbb, @ccc)をまとめて管理

こちらの手順で「連携アカウントを追加」より追加することができます。

複数のSocialDog アカウントで1つのTwitter アカウントを管理する

また、Twitter アカウントを複数の SocialDog アカウントで管理することもできます。

例)

SocialDog アカウントA, B, C で Twitter アカウント(@aaa)を管理

[設定] → [ユーザー管理] 画面から管理するユーザーを追加することができます。

すでにSocialDog ユーザーの場合は、SocialDog にご登録のメールアドレスをご入力ください。

この機能を使うと、SocialDog へのログインの際、Twitter ログインが使えなくなります。メールアドレスとパスワードでのログインをお願いいたします。

この機能を組み合わせることにより、以下のように複雑な状態にすることもできます。

SocialDog アカウントA:@aaa, @bbb を管理できる

SocialDog アカウントB:@bbb, @ccc を管理できる

SocialDog アカウントC:@bbb を管理できる

上記の例の場合、@bbbと@cccでは、紐づくSocialDog アカウントが複数になるため、Twitter ログインができなくなります。

Twitter ログインができなくなる場合について

Twitter ログインしようとしたアカウントが複数のSocialDog アカウントに紐付いている場合、Twitter ログインができなくなり、メールアドレス・パスワードでのログインのみとなります。

他のユーザーに Twitter ログインされてしまうと困るのですが

以下のような状態になっている場合:

SocialDog アカウントA:@personal_aaa, @personal_bbb, @company_ccc

@personal_aaa, @personal_bbb は個人用アカウント、@company_ccc は会社用アカウントでログイン情報が社内で知れ渡っている。

この場合、@company_ccc のTwitter のIDとパスワードを知っているユーザーは、SocialDog アカウントAにログインできてしまいます。

これを防ぐためには、以下のようにします。

  1. SocialDog にログイン

  2. 左上のアカウント切り替えで@company_cccのTwitter アカウントに切り替える

  3. 画面左下の[設定]を開き、[ユーザー管理]を開く

  4. 「パスワードの登録」ボタンが表示されている場合は、パスワードをご登録ください。

    今後は、ここで設定したパスワードでSocialDog にログインすることができます。

  5. ユーザーの追加フォームで任意のメールアドレスを入力し、「追加」をクリック

    ここで入力したメールアドレスには、SocialDog への招待メールが送信されますので、ご注意ください。この招待メールに記載のURLから登録すると、@company_cccのみを操作できるSocialDog アカウントが作成されます。

    新しいSocialDog のアカウントが作成されたかどうかかかわらず、管理ユーザーが複数いる場合は、Twitter アカウント @company_ccc ではこのSocialDog アカウントへはログインができなくなります。