ツイートへの反応(beta)とは

更新日: 2021/05/20

「ツイートへの反応(beta)」では、 自分のツイートにリツイート、いいね、返信、引用ツイートしたユーザーの一覧表示、 CSVファイルのダウンロードができます。 「リツイートしてくれた」より取得率が上がり、リツイートだけでなく、いいね、返信、引用ツイートも確認できるようになりました。 リツイート抽選キャンペーンなどにご利用いただけます。

取得できるデータ

  • ツイートにリツイートしたユーザー
  • ツイートをいいねしたユーザー
  • ツイートに返信したユーザー
  • ツイートを引用ツイートしたユーザー

非公開アカウントからのリツイート・いいね・返信・引用ツイートについて

「ツイートへの反応」機能では、Twitterのサービスの仕様により、非公開アカウントからのリツイートやいいねを取得できません。 このため、ツイートに表示されるリツイート数とこの機能で取得できるデータ件数は一致しないことがあります。

フォロワーの非公開アカウントの割合が多いと、取得率は下がります。 「ツイートへの反応」でのリツイート取得率の平均は、約92%※でした。

※2020年10月から2021年1月中旬に「ツイートへの反応」でデータを取得した5,000件のツイートについて、ツイートに表示されるリツイート数に対する「ツイートへの反応」で取得できたユーザー数の割合の平均。

「ツイートへの反応」に表示できないユーザー

以下のユーザーは、「ツイートへの反応」では取得できません。

  • 非公開アカウント
  • プラン変更前のリツイート、いいね、返信、引用ツイート
  • 広告用ツイートへのリツイート、いいね、返信、引用ツイート

「リツイートしてくれたユーザー」との違い

「ツイートへの反応」は、「リツイートしてくれた」機能とは以下の点が異なります。 取得できるデータが多く、取得率も高い「ツイートへの反応」の利用がおすすめです。

ツイートへの反応(beta) リツイートしてくれた(beta)
取得できるユーザー リツイート、いいね、返信、引用ツイートを行ったユーザー リツイートを行ったユーザー
取得できるプラン Businessプラン Pro、Businessプラン
仕組み 取得率の高いTwitter Premium APIから取得 取得率の低いTwitter Standard APIから取得

使用できるプラン

「ツイートへの反応(beta)」はBusinessプランで使用できる機能です。

プランについてはこちらをご覧ください。

注意:Businessプランへ変更した時点より後からデータが収集されます。

リツイート、いいね、返信、引用ツイートしたユーザーを表示する

  1. メニューから「フォロワー」をクリックします。
  2. 「ツイートへの反応」をクリックします。
  3. 「すべてのツイート」もしくは、特定のツイートを選択します。

リツイート、いいね、返信、引用ツイートしたユーザーのCSVファイルをダウンロードする

  1. メニューから「フォロワー」をクリックします。
  2. 「ツイートへの反応」をクリックします。
  3. 「すべてのツイート」もしくは、特定のツイートを選択します。
  4. 画面右上の「」から「CSVダウンロード」をクリックします。

投稿履歴のツイートから、リツイート、いいね、返信、引用ツイートしたユーザーを表示する

  1. メニューから「ツイート」をクリックします。
  2. 「投稿履歴」をクリックします。
  3. 確認したいツイートの「」アイコンをクリックします。
  4. 「ツイートのへの反応」をクリックします。
60万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

Twitterログインするだけで
すぐに分析、予約投稿、フォロー管理を始められます。