リツイートしてくれた(beta)とは

更新日: 2021/10/13

リツイートしてくれた機能停止のお知らせ :「リツイートしてくれた(beta)」機能は、2021/10/20以降、順次提供を終了いたします。
「リツイートしてくれた(beta)」より取得率が上がり、 リツイートのほか、いいね・返信・引用ツイートも確認できるようになった 「ツイートへの反応(beta)」機能をご利用ください。 なお、2021/10/20以前に有料プランにお申し込みのお客様は当面「リツイートしてくれた(beta)」をご利用いただけます。

「リツイートしてくれた(beta)」画面では、自分のツイートをリツイートしたユーザーを一覧で見ることができます。

「リツイートしてくれた(beta)」より取得率が上がり、 リツイートのほか、いいね・返信・引用ツイートも確認できるようになった 「ツイートへの反応(beta)」機能があります。

使用できるプラン

「リツイートしてくれた(beta)」はProプラン、Businessプランで使用できる機能です。

こちらはProプラン、Businessプランへ変更した時点より後のツイートへのリツイートが取得可能です。

注意:プラン変更前に行ったツイートは取得できません。

プラン変更前のツイートも表示される場合がありますが、100件以上前のリツイートについては表示されない可能性が高いです。

プランについてはこちらをご覧ください。

注意:リツイートしてくれたは現在beta版となっており、全てのユーザーを取得できない場合があります。 また、引用リツイートは抽出できません。

リツイートしたユーザーを表示する

  1. メニューから「フォロワー」をクリックします。
  2. 「リツイートしてくれた」をクリックします。
  3. 「リツイートしてくれたすべてのユーザー」もしくは、特定のツイートを選択します。

特定のツイートにリツイートしたユーザーを表示する

  1. メニューから「ツイート」をクリックします。
  2. 「投稿履歴」をクリックします。
  3. リツイートしたユーザーを確認したい「」アイコンをクリックします。
  4. 「RTしてくれたユーザー」をクリックします。

リツイートしたユーザーのCSVファイルをダウンロードする

  1. メニューから「フォロワー」をクリックします。
  2. 「リツイートしてくれた」をクリックします。
  3. 「リツイートしてくれたすべてのユーザー」もしくは、特定のツイートを選択します。
  4. 画面右上の「」から「CSVダウンロード」をクリックします。

リツイートユーザー取得の仕組み

リツイートしたユーザーはTwitterが提供しているAPIという仕組みで取得しています。

この仕組みでは1ツイートあたり直近100件のリツイートしか取得できません。 SocialDogではこのAPIからリツイートしたユーザーを定期的に取得しています。

取得漏れは、定期的に取得する間のおよそ1時間に100件以上のペースでリツイートされると発生する可能性があります。

「リツイートしてくれた」に表示できないユーザー

以下のユーザーは、「リツイートしてくれた」「投稿履歴」に表示されない場合があります。

  • 非公開アカウントからのリツイート
  • プラン変更前のツイートへのリツイート
  • 短時間(およそ1時間に100件以上)に大量のリツイートが発生した場合のリツイート
  • 広告用ツイートへのリツイート
70万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

Twitterログインするだけで
すぐに分析、予約投稿、フォロー管理を始められます。