social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

「何文字のツイート」で最もエンゲージメントが高まるのか。1億のツイートから解明

Twitterマーケティング投稿日:2020年9月4日更新日:2020年9月4日

「ツイートの文字数とエンゲージメントとの関係性」を今まで考えたことがありますか?この記事では、Twitterユーザーの1億600万以上のツイートから、「文字数とエンゲージメントの関係性」を分析し、それに基づく「何文字のツイートが最もエンゲージメントが高いのか」を追求していきます。数値化することで、「文字数の増え方とエンゲージメントの高まり方には相関関係がある」ことが判明しました。分析とあわせて、「よりエンゲージメントを獲得するにはどうしたら良いのか」という必ず押さえておきたいポイントをお教えしますので、魅力的な投稿文作りのために、ぜひ参考にしてみてください。

【文字数】データ分析グラフ.og

1億600万以上のツイートからデータ分析

今回の調査は、1億600万以上のツイートの調査結果をもとに分析を行っています。データは、30万以上のアカウントを保有するTwitterマーケティングサポートサービスである「SocialDog」の蓄積データから抽出しています。

調査期間:2019年1月1日〜2019年12月31日の1年間

なお、「ユーザーのオリジナルのツイート」のみを対象とするため、RT・リプライは除外しています。さらに、「正確な文字数」にて分析を行うため、絵文字を含むツイート・ツイート内URL箇所については除外しています。

ツイートの文字数とエンゲージメントの関係性とは

最新の調査結果をもとに、「文字数とツイート数の関係性」、「文字数とエンゲージメントの関係性」を明らかにし、文字数とエンゲージメントの関係性について考察していきます。

エンゲージメントの高い文字数を把握し、投稿文の作成時に取り入れてみましょう。

ツイートの文字数のデータを抽出して見えたこと

ここでは、投稿データを抽出した文字数における分析結果から、「文字数とツイート数の関係性」と、「文字数とエンゲージメントの関係性」を解明していきます。

今回抽出したデータは以下の4種類です。文字数ごとにツイート数は異なるのか、また文字数によってエンゲージメントはどう変化するのかを把握しましょう。

  • 「文字数ごとの平均UU数(*1)」の変化
  • 「文字数ごとの平均ツイート数」の変化
  • 「文字数ごとの平均いいね数」の変化
  • 「文字数ごとの平均RT数」の変化

(*1:今回の調査におけるUU(ユニークユーザー)数とは、「決まった集計期間内にツイートしたユーザーの数」を表す数値です。 集計期間内なら同じユーザーが何度ツイートしても、1UUとしてカウントされます。一方で3ユーザーがそれぞれ1回ずつツイートした場合は3UUとしてカウントされます。)

平均UU数

以下のグラフは、文字数ごとの平均UU数を表すグラフで、平均UU数をオレンジ色の線で示しています。

推移は緩やかであるものの、15文字〜35文字付近が最大値を示しています。Twitterユーザーのツイート文字数として、15文字〜35文字がつぶやきやすい文字数なのでしょうか。

35文字あたりから徐々に数値が下がり始めますが、135文字あたりからまた上がり始め、140文字で約0.5%まで跳ね上がります。このことから、Twitterの日本語における文字数制限が140文字で、その文字ギリギリまで使ってツイートをアピールするユーザーが多数存在することが伺えます。
【文字数】データ分析グラフ.UU

平均ツイート数

以下のグラフは、文字数ごとの平均ツイート数を表すグラフで、平均ツイート数をオレンジ色の線で示しています。

一桁台で急激に数値が上がり、16文字付近が最大値です。20文字あたりから徐々に数値が下がり始めますが、138文字あたりからまた上がり始め、140文字で0.5%弱まで跳ね上がります。

ツイート数は平均UU数に比べると、推移の山が急な箇所がありますが、傾向としてはUU数と同じような推移をしています。
【文字数】データ分析グラフ.ツイート

平均いいね数

以下のグラフは、文字数ごとの平均エンゲージメント数を表すグラフで、平均いいね数をオレンジ色の線で示しています。

100文字〜135文字あたりで多少乱れていますが、全体の流れとしては、文字数の増加とともに平均いいね数の数値も上がっています。文字数が多いほどいいねされること傾向にあることが読み取れます。
【文字数】データ分析グラフ.いいね

平均RT数

以下のグラフは、文字数ごとの平均エンゲージメント数を表すグラフで、平均RT数をオレンジ色の線で示しています。

数値自体は少ないものの、平均いいね数と似通った動きをしていることが分かります。100文字〜135文字あたりで多少乱れていますが、全体の流れとしては、文字数の増加とともに平均RT数の数値も上がっています。平均いいね数と同様に、文字数が多いほどRTされる傾向があることが分かります。

【文字数】データ分析グラフ.RT

文字数が多く内容が濃いツイートはエンゲージメントが高まりやすい

ここまで「文字数ごとの平均UU数・ツイート数」「文字数ごとの平均いいね数」「文字数ごとの平均RT数」それぞれの変化を見てきました。その結果、

高いエンゲージメント獲得のためには内容が濃い(≒文字数が多い)ツイートをすることが重要

という結論が見えてきました。

グラフから、文字数が多いほどエンゲージメントが高まる傾向にあることが見て取れます。140文字付近で一気に数値が上がっていることから、140文字を目一杯使ったツイートは、課題喚起と解決策までを1ツイートで納めていて、「ユーザーニーズに応えられている投稿になっていること」が理由の1つに挙げられるでしょう。つまり、文字数が多ければ何を書いてもOKというわけではなく、読み手にとって有益な内容をツイートすることが重要だと考えられます。

【文字数】データ分析グラフ.140文字

重要なのは文字数だけではない

今回の調査で、文字数の増え方とエンゲージメントの高まり方には相関関係があることが分かりました。しかし、ただ文字数を稼げばエンゲージメントを取れる訳ではありません。まずは、以下の2つの重要項目をおさえることが、高いエンゲージメントを獲得するための鍵となります。

  • ツイートの質を高めること
  • 適切な時間帯での投稿

ツイートの質を高めることが重要

重要項目の1つ目は、「ツイートの質を高めること」です。

質を高めるために、まずはあなたが投稿するテーマや専門領域を設定し、それを軸にブレないツイートを行うことが大切です。軸が無く、ただなんとなく呟いているだけでは、思うようなエンゲージメントは取れないでしょう。ユーザーが欲しいのは、自身にとって有益な情報です。

自身のテーマを明確にし、その専門領域に沿った内容での投稿を行いましょう。たとえば、「金融」をテーマにしたアカウントであれば、「株の変動・国の政策・海外情勢・投資」など、テーマにまつわる情報に絞って、そこから専門性の高い投稿を行うことが大切です。

さらに、「書き方」にも配慮が必要です。Twitterのタイムラインでは新しい情報が次から次へと流れていきます。その中でユーザーの目に留まる投稿にするためには、以下4つのポイントを意識した投稿作成をおすすめします。

  1. 結論ファーストを意識して、言いたいことを明確に
  2. 課題喚起から解決策までを順序立てた文脈に
  3. 写真や動画を添付してインパクトのある見え方に

あなたのアカウントに興味関心がマッチし、自身にとって有益であることがわかれば、「そのツイートを誰かに教えたい」「自身のためになる」と思ってアクションを起こしてくれるでしょう。さらに、有益な情報を継続して提供してくれるアカウントと判断してもらえれば、フォローに繋がるはずです。

適切な時間帯での投稿が重要

重要項目の2つ目は、「投稿に適切な時間帯を見極めること」です。自身のターゲットとしているユーザーは、「どのようなタイミング」で、「どのような情報が欲しくて」Twitterを開くのでしょうか。

ターゲットをイメージし、そのターゲットに適切な時間帯を見極めるためには、以下の2つのポイントを再確認しましょう。

誰向けのツイートなのか

適切な時間帯に投稿するために、「誰向けのツイートなのか」を明確にしましょう。ターゲットを明確にすることで、より高いエンゲージメントを獲得できる時間帯にツイートを行えるようになります。

上述の「金融をテーマにしたアカウント」に興味関心がある人物像を、より具体的に想像してみましょう。

「40代男性で、本業は役職付きのサラリーマン、FXにて副収入を得ている。就業前と就寝前の時間をFXのトレードに割り当てている」というように、ターゲットを詳細に設定することで、そのターゲットの通勤時間や就寝時間などの生活リズムが想像できます。その生活リズムの中で、いつTwitterを利用しているのか大枠のあたりをつけられます。まずは、想定したターゲットのツイッター利用時間に照準を定めて、投稿を試してみましょう。

ツイートの目的は何なのか

ターゲットの明確化とあわせて「ツイートの目的は何なのか」を改めて確認しましょう。設定した「金融をテーマにしたアカウント」で、どんな目的をTwitterで果たしたいのでしょうか。たとえば、「FX会社で、自社のサービスや取引ツールの認知拡大」「投資家同士で情報共有がしたい」など、金融1つをとってもTwitterの運用目的は人それぞれです。

「FX会社で、自社のサービスや取引ツールの認知拡大」を目的の例にとってみましょう。「ターゲット+目的」を意識して投稿をすると、「朝7時に平均株価の情報とそれに対する考察をツイートしてみよう」「夕方6時にFXの攻略方法を動画を含めて紹介し、口座開設のリンクを貼ってみよう」など、ターゲットが何時にどのような情報を求めているのかを想像しながらツイートできるだけでなく、果たしたい目的に紐付けた内容での投稿が可能になります。

予約投稿ができる「SocialDog」が便利

これまで、文字数が多く内容が濃いツイートをすることとあわせて、「投稿の質を高める」「適切な時間帯を見極める」この2つが重要だと解説してきました。しかし、仕事や家庭を持っている人にとっては、質の高いツイートを狙った時間通りに投稿することは、なかなか難しい作業なのではないでしょうか。

そこで紹介するのが、Twitter専用のマーケティングツールであるSocialDogに搭載された、「予約投稿機能」です。予約投稿は、投稿文を事前に作成して予約しておけば、狙った時間通りに自動で投稿してくれる機能です。写真や動画、絵文字に対応しているため、手動と同じクオリティでの投稿文を作成できます。

この機能を利用すれば、時間に縛られることなく投稿文をじっくり吟味できます。また、予定していた投稿時間に慌てて投稿する必要もなくなります。

この他にも「ツイート分析機能」を利用すると、ツイートの種類ごとのエンゲージメントを確認できたり、曜日ごと・時間ごとのエンゲージメントの推移の確認ができたりします。これにより、どのような投稿がどのような時間に効果があるのかを判断できるようになるため、今後のツイート改善にとても役立ちます。

効率的にエンゲージメントが取れる投稿を行うために、「SocialDog」を活用してみてはいかがでしょうか。

SocialDogを試してみる

内容が濃く質が高いツイートでエンゲージメントを高めましょう

この記事では、Twitterユーザーの1億600万以上のツイートから、「文字数とツイート数の関係性」、「文字数とエンゲージメントの関係性」を分析し、それに基づく効果的なツイート文字数について詳しく解説しました。分析結果から、文字数の量とエンゲージメントの高まり方には相関関係があることが分かりました。よって、エンゲージメントを高めるためには、「140文字」をフルに使うことを意識し、内容の濃いツイートを行うことが重要だという結論に達しました。

しかし、文字数が多いツイートをするだけでは、思うようなエンゲージメントは獲得できません。より高いエンゲージメントを獲得するためには、自身のアカウントのテーマを今一度明確にし、それに基づいた質の高いツイートを行うことが必要です。さらに、情報を届けたい相手は誰なのか、Twitterを運用する目的は何なのかを詳細に洗い出し、ターゲットと目的にマッチした投稿時間を見つけることが非常に重要です。効果の高いツイートを効率良く投稿できるよう、紹介した「SocialDog」などの便利ツールの活用も視野に入れながら、快適なTwitter運用を行ってください。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

ダッシュボード

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
40万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc