social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)キャンペーンの成功事例8選。注意点やおすすめツールまで

Twitterの使い方投稿日:2020年6月30日更新日:2020年6月30日

Twitter(ツイッター)のキャンペーン開催を検討している方に、キャンペーンの成功事例をご紹介します。こちらでご紹介するキャンペーンでは、フォローリツイートや写真投稿などユニークな仕組みや工夫が凝らされており、多くのユーザーが参加しています。キャンペーンの実施はフォロワー獲得や商品の売り上げ向上に繋がりますが、Twitterの規約を守らなければアカウントが凍結される恐れがあります。キャンペーンを検討している方は、規約を守りつつユーザーが参加したいと思える仕組みを考えましょう。

キャンペーンについて調べている人

Twitter(ツイッター)キャンペーンの仕組み

成功事例の前に、まずはTwitter(ツイッター)キャンペーンの仕組みを解説します。Twitterのキャンペーンは、主に以下の流れで行われます。

  1. Twitterで参加
  2. 開催者が抽選
  3. DMで当選通知

参加方法はキャンペーンによって異なります。アカウントをフォロー&リツイート、指定のハッシュタグをつけて投稿などさまざまですが、Twitterアカウントを持っていれば基本的に誰でも参加可能です。抽選方法も異なり、主催者が独自に抽選する場合もあれば、キャンペーンツールを使って自動で抽選する方法もあります。抽選後には、DMなどで当選が通知され、プレゼントやお得なクーポンを獲得できます。通常、抽選から一定期間経ってから当選通知が行われますが、最近ではインスタントウィンと呼ばれる、応募後に即時で当選通知が行われる方法を採用しているキャンペーンも数多くあります。

Twitter(ツイッター)キャンペーンの成功事例

ここからは、多くのユーザーが参加したTwitter(ツイッター)キャンペーンの成功事例を紹介します。こちらで紹介する事例を参考に、キャンペーンの企画を考えてみましょう。

フォロー・リツイートキャンペーン

まずは、応募方法がフォロー・リツイートのキャンペーンを紹介します。フォローやリツイートを参加条件とするキャンペーンは参加しやすいため、多くのユーザーに参加してもらいやすいです。さらに、キャンペーン参加のためにアカウントをフォローしてもらえるため、多くのフォロワー獲得が見込めます。

花王

花王キャンペーン
フォロー・リツイートをした人を対象に、プレゼントが当たるキャンペーンです。花王は、Twitter(ツイッター)のキャンペーン公式アカウントをフォローし、投稿をリツイートすると抽選で40名にSoilのバスマットが当たるキャンペーンを実施しました。リツイートの回数は制限されておらず、リツイートした数だけ当選確率が上がるこのキャンペーンは、10,000以上ものリツイートがされ、多くのユーザーが応募しました。

ローソン


同じくフォロー・リツイートをした人を対象に、プレゼントが当たるキャンペーンです。花王では40名にプレゼントが当たるキャンペーンでしたが、ローソンの場合は当選者は1名のみです。さらに、プレゼントのメタルスライム陶器貯金箱には30周年のロゴ入りであり、多くのドラゴンクエストファンを惹きつける要因となりました。20,000を超える募集が集まりました。

ハッシュタグキャンペーン

次に、ハッシュタグで応募するキャンペーンを紹介します。ハッシュタグとは、ツイートを分類するキーワードであり、ツイートを検索した際に表示されやすくなる仕組みです。ユニークなハッシュタグで話題となれば、ユーザーに拡散し、より参加者を集めやすくなります。

ネスレ

ネスレのキャンペーン画像
ネスレは受験シーズンに合わせてキャンペーンを実施しました。キャンペーン期間中に「#キット想いとどく」とハッシュタグをつけてツイートしたユーザーに、ネスレの人気商品であるキットカットが当たるキャンペーンです。商品は応援メッセージの掲載やお守りが作れる仕様になっています。受験生だけでなく受験生を応援する親や塾の講師などにもキャンペーンに参加してもらう狙いがあり、実際に100を超えるリツイートやいいねがされ、キットカットのアカウントの認知に繋がりました。

大塚製薬


大塚製薬の人気商品、ポカリスエットのキャンペーンです。夏に笑顔でお出かけした写真に「#ポカリのまなきゃ」か「#ポカリたべなきゃ」のハッシュタグをつけて投稿したユーザーに、オリジナルグッズが当選するというキャンペーン内容です。Twitter(ツイッター)だけでなく、Instagramでも同じキャンペーンを開催し、より多くのユーザーに参加してもらう狙いがあります。実際にTwitterとInstagram合わせて10,000を超える応募が集まりました。

写真投稿キャンペーン

写真投稿キャンペーンは、指定した写真をつけてツイートをすることで応募する方法です。写真投稿のキャンペーンでは、商品に対しての口コミもツイートされることが多いため、ユーザーの評価も確認できます。

花王ヘルシア


花王ヘルシアの自社商品の画像を投稿して応募するキャンペーンです。ヘルシアウォーターと運動グッズの写真を掲載したユーザーに、抽選で40名にプレゼントが当たります。過去にも同様のキャンペーンを開催しており、運動をしているユーザー、運動を始めようとしているユーザーにヘルシアを購入してもらう目的があり、100以上ものいいねの評価が得られました。

カルビーポテトチップス


カルビーポテトチップスは、2018年に非常にユニークな写真投稿キャンペーンを実施しました。キャンペーンは、ポテトチップス極濃の公式アカウントをフォロー・ツイートすると、カルビーポテトチップスが製作した「侍箸 カルビー極濃Ver.」がプレゼントされるというものです。このキャンペーンは、箸でポテトチップスの大量つかみに挑戦した写真を投稿すると当選確率が上がるということで話題を呼び、4,000以上のリツイートがされました。

その他面白いキャンペーン

ここまで紹介したキャンペーンの他にも、さまざまなユニークなキャンペーンがあります。こちらでは、ユーザー投票型のキャンペーンを実施したお菓子メーカーの明治とロッテの事例を紹介します。

明治

明治キャンペーン画像
明治の商品であるきのこの山とたけのこの山について、どちらが好きかユーザーにSNSで投票してもらうキャンペーンです。参加方法は、公式アカウントをフォローし、自身が好きな方のパッケージの写真をTwitter(ツイッター)もしくはInstagramで投稿するだけです。このキャンペーンは2018年にも開催された人気キャンペーンであり、ユーザーの投票結果がCMで放送されるなど、ユーザーが参加したいと感じる工夫が凝らされています。投票数が1,000万を超える人気キャンペーンとなりました。

ロッテ


雪見だいふくを発売するロッテは、Twitter(ツイッター)でさまざまなキャンペーンを開催しています。過去には、雪見だいふくをわけてあげる派とあげない派を調査するキャンペーンや「#雪見だいふくを食べて身長を伸ばそうキャンペーン」と投稿してもらうキャンペーンを実施しました。特に注目を集めたキャンペーンが、「平成の雪見だいふく復刻総選挙」であり、過去に販売した雪見だいふくで復刻してほしい商品をTwitterに投稿してもらい、実際にその商品を復刻化するキャンペーンです。「平成の雪見だいふく復刻総選挙」キャンペーンのツイートは1,100以上のリツイート、2,700以上のお気に入りがされました。

Twitter(ツイッター)キャンペーンのメリット

Twitter(ツイッター)キャンペーンには、以下のようなメリットがあります。

  • 拡散性が高い
  • Twitterは、リツイートやいいね、ハッシュタグ、お気に入りなどの機能があり、これらの機能がツイートの拡散を手助けします。フォロワー数が100人ほどであっても、キャンペーンツイートをリツイートなどで拡散してもらうことにより、より多くのユーザーが参加できるようになります。

  • 簡単に参加できる
  • 通常のキャンペーンは、ハガキに住所や名前を書いて応募するなど手間がかかりましたが、Twitterキャンペーンであれば、フォローとリツイートをするだけで簡単に参加できます。応募のハードルが下がることで、参加者を多く集めることができます。

Twitter(ツイッター)キャンペーンにはツールが便利

Twitter(ツイッター)キャンペーンには、ツールが役立ちます。キャンペーンの実施中は、応募した参加者に対しての返信や抽選、当選通知などさまざまな作業が発生します。参加者が多数いる場合は、これらの作業をツールを使って効率的に行いましょう。

SocialDog

SocialDogの公式サイトの画像

SocialDogは、Twitter(ツイッター)アカウント運用ツールです。フォロー・フォロワー管理、キーワード自動収集、分析など、さまざまな機能が搭載されています。キャンペーン開催の際には、予約投稿と分析の2つの機能が役立ちます。予約投稿では、分単位で複数のツイートを予約でき、画像付きツイートも予約可能です。さらに、予約枠機能を活用すれば、毎週水曜日8時や毎日10時など定期ツイートの予約もできます。ツイートは分析機能を使えば、どの時間帯にフォローされやすい、リツイートされやすいかなども確認できます。また、リツイートしたユーザーは一定数以上は表示されませんが、SocialDogはすべてのリツイートユーザーを表示・分析が可能です。この分析機能を活用することでより効果的にキャンペーンを実施できます。

さまざまな機能が搭載されているSocialDogは、無料プランと有料プランが用意されています。以下は各プランごとの機能と料金です。
Free(無料)

  • 連携アカウント数:2
  • 予約投稿数:10
  • フォロー解除数:100
  • フォロー管理
  • 基本的な分析

Basic(月額780円)

  • 連携アカウント数:最大50
  • 予約投稿数:30
  • フォロー解除数:1000
  • フォロー管理
  • 基本的な分析
  • ツイート数やいいね数のグラフ化

Pro(月額3,980円)

  • 連携アカウント数:最大50
  • 予約投稿数:無制限
  • フォロー解除数:上限なし
  • フォロー管理
  • 高度な分析
  • CSVエクスポート出力

SocialDogに登録する

ATELU

ATELUの公式サイトの画像
ATELUはSNSキャンペーンに特化したツールで、インスタントウィンと呼ばれる機能があります。インスタントウィンとは、キャンペーンの抽選を即時に行う機能であり、ユーザーは応募後すぐに当選・落選が確認できます。インスタントウィンの他にも、応募者数やフォロワー増加数が確認できる簡易レポート、スパムアカウントと思われるアカウントをキャンペーンから除外できる警告フラグ設定などの機能も利用できます。Twitter(ツイッター)とInstagramに対応しており、料金は1回のショット利用で200,000円〜、月額利用の場合は1ヶ月あたり50,000円です。

ATELU

echoes

echoes RTの公式サイトの画像
echoesは、自動返信機能を活用したキャンペーンツールで、応募したユーザーに対して自動抽選・自動返信が行われます。抽選の際には当選確率が自動補正され、不正当選防止機能やスパムアカウント対策のブラックリスト機能も搭載されています。さらに、echoesでWebクーポンの発行・DMでの送付も可能であり、抽選からユーザー管理、当選通知までトータルでキャンペーンをサポートします。

echoes

Belugaキャンペーン

Belugaキャンペーンの公式サイトの画像
Belugaキャンペーンは、Twitter(ツイッター)ルールに100%準拠して作られたキャンペーンツールです。Belugaキャンペーンには、4つの返信機能が搭載されています。

  • インスタントリプライ
  • 特定ツイートのリツイートやいいねに即時に自動返信

  • リマインダー
  • 特定ツイートのリツイートやいいねに時間指定して自動返信

  • サブスクリプション
  • 特定ツイートのリツイートやいいねに時間指定して定期的に自動返信

  • インスタントウィン
  • 特定ツイートのリツイートやいいねに即時に当選・落選を通知

さらに、キャンペーンツイートと一緒にTwitter(ツイッター)広告も配信できるため、より効果的なキャンペーンが実施できます。

Belugaキャンペーン

Twitter(ツイッター)キャンペーンを実施する場合の注意点

キャンペーンを実施することで、フォロワーの獲得や商品の売り上げに繋がりますが、開催する際にはいくつか注意が必要です。

Twitter(ツイッター)公式規約を遵守する

Twitter(ツイッター)では、キャンペーン実施において以下の規約を設けています。

  • 複数アカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない
  • すべての応募を確認できるように、主催者の@ユーザー名を含めてツイートしてもらう
  • キャンペーンに関連する話題を盛り込むように推奨する
  • Twitterルールに準拠する

これらのルールは、Twitterユーザーに不快感を与えないために設けられています。キャンペーンに参加してもらうために何度も同じツイートを投稿することは禁止されています。これらの規約に違反した場合は、アカウントを凍結される恐れがあるので注意しましょう。

参考:キャンペーンの実施についてのガイドライン(Twitter公式)

応募方法は簡単にする

より多くのユーザーにキャンペーンに参加してもらうために、簡単な応募方法にしましょう。応募に手間がかかると、どれだけキャンペーン内容やプレゼント内容が魅力的でも応募してもらえない可能性があります。フォロー・リツイートしてもらう、画像を投稿してもらうなど、上記でご紹介したキャンペーンを参考に、誰もが参加できるようなキャンペーンを考えましょう。

Twitter(ツイッター)キャンペーンのやり方

ここからは、Twitter(ツイッター)のキャンペーンの方法を解説します。キャンペーンは、以下の手順で実施しましょう。

  1. 目的・目標を明確にする
  2. 商品と抽選方法を決める
  3. キャンペーンを投稿する

では、それぞれの手順について詳しく解説します。

目的・目標を明確にする

まずは、Twitter(ツイッター)キャンペーンを実施する目的・目標を明確にしましょう。キャンペーンの目的は、ブランディング・認知獲得型と販促型の2種類があります。ブランディング・認知獲得型は、開催者のブランドや企業を知ってもらうため、販促型は新商品や期間限定商品などをアピールし、ユーザーの購入を促すための目的があります。

目的を決めたら、具体的な数値目標も決めましょう。フォロワー数を500人まで増やす、キャンペーンに100人応募してもらうなど具体的な目標を決めると、キャンペーンが本当に成功したのかどうかを分析することができます。

商品と抽選方法を決める

次に商品と抽選方法を決めましょう。商品選びにおいて重要なことは質を重視することです。ここでの質とは、キャンペーンのターゲットが魅力的に感じるかどうかです。どんなに高価な商品であっても、ターゲットが欲しいと思える商品でなければキャンペーンに参加してもらえません。先ほどの目的において、「ブランドの認知拡大」と設定した場合、あなたのブランドに興味を持っているターゲットは誰か、そしてそのターゲットはどんな商品を欲しがっているか考えましょう。

商品選びの次に抽選方法も決めます。抽選方法は、インスタントウィンと後日抽選の大きく2種類があります。

  • インスタントウィン
  • インスタントウィンは、応募と同時に当選がわかる抽選方法で、専用のツールを使う必要があります。その場で当たりがわかるため、ユーザーが応募しやすいという特徴があります。

  • 後日抽選
  • 後日抽選は、開催者がユーザーの抽選を行い、後日当選を知らせる方法です。インスタントウィンは自動で当選者を選びますが、後日抽選は開催者自身が当選ユーザーを選べるというメリットがあります。

キャンペーンを投稿する

商品と抽選方法が決定したら、キャンペーンのツイートを投稿しましょう。この時注意することは、キャンペーン実施のツイートを何度も投稿しないことです。上述のように、同じ内容のツイートを繰り返し投稿することはTwitter(ツイッター)規約に違反します。キャンペーンツイートは固定ツイートに設定し、多くのユーザーにみてもらうようにしましょう。

成功事例を参考にしてTwitter(ツイッター)キャンペーンを始めましょう

Twitter(ツイッター)キャンペーンの成功事例を紹介しました。キャンペーンが成功しているアカウントは、魅力的なプレゼントや投票型の応募方法など、より多くのユーザーに参加してもらうために応募方法やキャンペーン内容を工夫しています。キャンペーンは、ただ単にフォロー・リツイートしてもらうだけでは成功しません。ユーザーが思わず参加したいというキャンペーンを考えましょう。なお、キャンペーンを実施する場合はTwitterの規約を遵守しなければいけません。キャンペーンを企画する際は、Twitter公式サイトにて規約も忘れずに確認しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

ダッシュボード

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
40万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc