social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンの事例と成功させるためのポイントを解説

Twitterの使い方投稿日:2020年6月30日更新日:2020年6月30日

多くの企業やブランドは、Twitter(ツイッター)でさまざまなハッシュタグキャンペーンを開催しています。そのなかでも、特に応募者数を多く集め成功を納めたキャンペーンは、ユーザーに投票してもらったり、Twitter上でおにごっこを企画したりと、面白くユーザーが参加したいと思える工夫が凝らされています。この記事では、過去にハッシュタグキャンペーンで成功した事例と成功するためのポイントを解説します。
ハッシュタグキャンペーンを調べているパソコン画面

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンのメリット

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンには、以下のようなメリットがあります。

  • 自社と親和性が高いユーザーにリーチできる
  • 投稿を2次利用できる
  • フォロワー増につながる

ここでは、それぞれのメリットについて解説します。

自社と親和性が高いユーザーにリーチできる

メリットの1点目は、自社と親和性が高いユーザーにリーチできることです。Twitterユーザーは、関連するハッシュタグ複数つける傾向にあります。もし、キャンペーンに参加したユーザーがキャンペーンや開催している企業・ブランドに関するハッシュタグをつけると、そのハッシュタグの投稿から参加者以外のユーザーが流入する可能性があるため、自社と親和性が高いユーザーにリーチができ、さらなるブランドの認知の拡大が期待できます。

投稿を2次利用できる

メリットの2点目は、投稿を2次利用できることです。ハッシュタグキャンペーンでは、投稿と一緒にユーザーが自社商品について評価や感想をツイートしていることが多くあります。ユーザーの意見は、評価を確認する手段であったり、さらには新たな広告の場で利用者の意見として活用できます。キャンペーンを開催すると、商品をアピールするだけでなく、商品の評価投稿を2次利用できるのです。

フォロワー増につながる

メリットの3点目は、フォロワーの増加につながることです。ハッシュタグキャンペーンでは、参加条件としてアカウントをフォローしてもらうことがほとんどです。参加条件にフォローがない場合でも、ハッシュタグキャンペーンに参加したユーザーが企業のファンとなってくれれば、アカウントをフォローするきっかけとなります。キャンペーンを開催すれば、ユーザーにフォローしてもらう機会が増え、フォロワーの獲得に繋がります。

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンの事例

ここからは、Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンで成功した事例を紹介します。こちらで紹介するハッシュタグキャンペーンは、面白い企画や独自のハッシュタグでユーザーを引きつけ、多くのフォロワーを獲得していますので参考にしてみてください。

ネスレ

ネスレのキャンペーン画像
食品メーカーであるネスレは、受験シーズンに合わせてハッシュタグキャンペーンを実施しました。キャンペーンは、受験生への応援ツイートに「#キット想いとどく」もしくは「#キットカットで応援」のハッシュタグをつけて投稿すると、ネスレ人気商品のキットカットの受験生応援パッケージ版が当たるというものです。受験シーズンということもあり、多くの受験生ユーザーやその保護者に100を超えるリツイートやいいねがされ、キットカットのアカウントの認知に繋がりました。

モスフードサービス

モスフードサービスのキャンペーン画像
モスバーガーを展開するモスフードサービスは、ハッシュタグキャンペーンを毎月開催しています。キャンペーンは、「#私の好きモス」のハッシュタグをつけて好きなモスメニューをツイートすると、30名にモス商品が当たる内容です。毎月のキャンペーン告知ツイートは、500を超えるリツイートがされる人気キャンペーンです。さらに、Twitter(ツイッター)アカウントの認知拡大だけでなく、モスを利用しているユーザーの好きな商品の調査にも役立ちました。

大塚製薬


大塚製薬は、夏限定の写真投稿キャンペーンを開催しました。夏のおでかけした写真を「#ポカリのまなきゃ」か「#ポカリたべなきゃ」のハッシュタグをつけてTwitter(ツイッター)もしくはInstagramで投稿すると、抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンです。写真の投稿数に応じて当選者も増えるというこちらのキャンペーンは、TwitterとInstagram合わせて10,000を超える応募が集まりました。

野村不動産アーバンネット


野村不動産アーバンネットは、Twitter(ツイッター)とFacebookで「おうちあるあるエピソード」を募集するキャンペーンを開催しました。野村不動産アーバンネットのアカウントをフォローし、「#おうちあるある」のハッシュタグをつけて家でのあるあるエピソードを投稿すると、抽選でJCBのギフトカードが当たるキャンペーンです。日々のできことや思わず笑ってしまうエピソードなど、誰もが経験したことのある体験のため募集へのハードルが低く、3,000を超える応募が集まりました。

キリンビール


飲料メーカーのキリンビールは、「ツイッターおにごっこ」というこれまでにない画期的なキャンペーンを開催したことで話題を呼びました。キリンビールは、Twitter(ツイッター)で「#イインダヨ」とツイートすると、公式アカウントから30分以内に「#グリーンダヨ」と返信されなかった方に、淡麗グリーンラベルが当たるキャンペーンを開催しました。「返信が来るか来ないかワクワクして楽しみながらキャンペーンに参加できる」と多くのユーザーが応募し、7日間で応募数30,000、フォロワー数16,000人を獲得し、大成功を納めました。

ハッシュタグキャンペーンを実施する際のポイント

ハッシュタグキャンペーンは、フォロワーの獲得や商品のアピールに大いに役立ちますが、ただ実施すればいいというわけではありません。ハッシュタグキャンペーンを成功するためには、以下の3点のポイントをおさえましょう。

  • ツールで効率化する
  • 投稿したいと思ってもらえるオリジナルタグの設定
  • ある程度のフォロワーがいる状態で実施する

ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

ツールで効率化する

ハッシュタグキャンペーンを実施する際のポイントの1点目は、ツールで効率化することです。キャンペーンを開催する際、ツイートの収集や抽選、当選通知などさまざまな作業が発生し、これらを手動で行うには手間がかかります。特に、規模の大きいキャンペーンを開催する場合は膨大な時間がかかってしまうため、ツールを使って効率化することが必要です。

キャンペーンツールを使うことで、ツイートの収集から当選通知まで自動で行なえます。ここからは、キャンペーン開催におすすめのツールを3つ紹介します。

ATELU

ATELUの公式サイトの画像
ATELUは、応募ツイートの収集や抽選を効率化するキャンペーンツールで、特定のハッシュタグがついた投稿を収集してくれます。投稿の収集の際は、過去の当選実績やフォローの有無でフィルタリングができ、さらに応募内容をCSVでダウンロードも可能です。ATELUは、Twitter(ツイッター)とInstagramの両方に対応し、料金は1回のショット利用で200,000円〜、月額利用の場合は月々50,000円です。

ATELU

キャンつく

キャンつくの公式サイトの画像
キャンつくは、リーズナブルな価格で提供されているSNSキャンペーンツールです。料金は月額制で、初期費用50,000円、月額費用50,000円から利用でき、定期的にキャンペーンを実施する方におすすめです。抽選作業、当選通知、不適切投稿のブロックの幅広い機能が備わっており、キャンペーン企画提案も行なっています。キャンペーン企画公式サイトにはキャンつくを活用した過去のキャンペーン事例も掲載しているのでぜひご覧ください。

キャンつく

echoes

echoes RTの公式サイトの画像
キャンつくと同様に、月額制で利用できるSNSキャンペーンツールです。料金は、キャンペーンの内容や規模によって異なり、問い合わせもしくは見積もりで確認できます。さらに、echoesでは専任担当による窓口サポートが用意されているため、初めてキャンペーンを開催するという方におすすめです。収集・抽選・当選通知・スパムアカウント対策など、キャンペーン開催に必要な機能が一通り揃っています。

echoes

投稿したいと思ってもらえるオリジナルタグの設定

ハッシュタグキャンペーンを実施する際のポイントの2点目は、投稿したいと思ってもらえるオリジナルタグの設定です。上述の成功事例では、「#私の好きモス」や「#ポカリたべなきゃ」など独自のハッシュタグが設定されています。例えば「#キャンペーン応募」などハッシュタグを使用した場合、ツイートを集計した際に自社商品に応募していない他の企業のキャンペーンタグを集計してしまう恐れがあります。キャンペーンの投票結果をスムーズに行うために、独自のキャンペーンタグを設定する必要があります。

設定する際には、上述のオリジナル性に加えて、①自社のアピール②ユーザーが参加したくなる、の2点を意識しましょう。たとえば、ネスレの「#キット想いとどく」のハッシュタグには、自社ブランドをアピールしつつ、受験生やその保護者などユーザーが投稿したいと思える工夫が凝らされています。ハッシュタグを設定する際には、オリジナル性があり、自社のアピールかつユーザーが参加したくなるハッシュタグを設定しましょう。

ある程度のフォロワーがいる状態で実施する

ハッシュタグキャンペーンを実施する際のポイントの3点目は、ある程度のフォロワーがいる状態で実施することです。ハッシュタグキャンペーンに限らず、Twitter(ツイッター)のキャンペーンはより多くの人に応募してもらうために、キャンペーンの告知ツイートをフォロワーに拡散してもらう必要があります。そのため、フォロワーが少ない状態からキャンペーンを開催すると、キャンペーンの効果が期待しづらいです。

手っ取り早くハッシュタグキャンペーンを始めるために、ツールを使って運用を効率化してフォロワーを獲得しましょう。たとえば、SocialDogというTwitterアカウント運用ツールは、ユーザーの管理や投稿を自動化し、フォロワー獲得にかかる作業や時間を削減します。さらに、予約投稿機能を使えばキャンペーンツイートを事前に登録でき、分析機能を使えばキャンペーンの開催後にツイートの効果やフォロワー数の増加も確認できます。

SodialDogは無料で登録が可能であり、月額780円〜の有料プランに加入すればより多くの機能が活用できます。フォロワー数が少ない方は、まずはツールを使ってフォロワーを増やしていきましょう。

SocialDogに登録する

ハッシュタグキャンペーンを有効活用してマーケティングを成功させましょう

ハッシュタグキャンペーンの事例と成功するためのポイントを解説しました。ハッシュタグキャンペーンは、自社商品をアピールできるだけでなく、親和性が高いユーザーにリーチでき、さらに投稿の2次利用、フォロワーの獲得など、さまざまなメリットが得られます。実際に成功したキャンペーンには、わずか数日の間に多くのフォロワーを獲得した事例もあります。ただし、ハッシュタグキャンペーンを成功させるためには、ただ実施すればいいというわけではありません。ある程度フォロワーを獲得し、独自のハッシュタグを設定することが大切です。ハッシュタグキャンペーンを検討している方は、こちらでご紹介した事例を参考に、ポイントをおさえてキャンペーンを企画しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

ダッシュボード

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
40万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc