social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)の リツイートキャンペーンの仕組みとは。メリット・フロー・おすすめツールを紹介

Twitterマーケティング投稿日:2020年6月30日更新日:2020年6月30日

「Twitter(ツイッター)を利用したリツイートキャンペーンを実施したいけれど、その仕組みをいまいち理解していない」という方に、Twitterのリツイートキャンペーンの仕組みとやり方について詳しく解説します。リツイートキャンペーンには「後から集計して抽選するパターン」「その場で抽選結果が出るパターン」の2つの仕組みがあります。それぞれのメリット・業務フロー・おすすめツールを詳しく解説します。さらに、キャンペーンを成功させるためのポイント、またTwitterの公式規約も紹介しますので、キャンペーンの企画に役立ててください。

twitterリツイートキャンペーンの仕組みを考案中

そもそもTwitter(ツイッター)のリツイートキャンペーンはなぜ効果的なのか

Twitter(ツイッター)のリツイートキャンペーン行うことで得られる効果は、主に以下の2つが挙げられます。

  • 短期間でフォロワー(ファン)を獲得できる
  • 商品・サービスを認知・拡大できる

Twitterは拡散力に優れたSNSです。フォロワーがキャンペーン情報をリツイートすることで、フォロワーのフォロワーへと多くのユーザーにリーチするので、認知拡大だけではなく新規フォロワーの獲得も期待できます。さらに、キャンペーンをフックに商品やサービスに対するポジティブな意見が増えやすいため、企業や扱う商材のイメージ醸成に貢献してくれます。

増えたフォロワーと企業の間でコミュニケーションを盛んに行えるため、キャンペーン後の副産物として、商品やサービスを向上に役立つ情報を仕入れやすくなります。

Twitter(ツイッター)のリツイートキャンペーンの仕組みは大きく2つ

Twitter(ツイッター)でプレゼント企画などのリツイートキャンペーンを実施したい場合、キャンペーンの仕組みは主に以下の2種類があります。

  1. リツイートを後から集計して抽選するパターン
  2. リツイートするとその場で抽選結果が出るパターン

この2つの仕組みについて、「実施する際に必要なフロー」「企業・参加者両目線でのメリット」「キャンペーンを効率的に行うための便利ツール」の3つのポイントに分解して分かりやすく解説します。

リツイートを後から集計して抽選するパターン

まずは、リツイートキャンペーンにおける「リツイートを後から集計して抽選するパターン」について詳しく解説します。

フローやメリット、便利なツールを把握して「キャンペーンの目的にマッチしているか」「企画を実現できるリソースや予算を確保できるのか」を判断してみましょう。

キャンペーンのフロー

「リツイートを後から集計して抽選するパターン」の仕組みでキャンペーン(いわゆるTwitterプレゼント企画)を行う場合は、主に以下のフローが想定されます。

  1. ターゲットのリサーチ及びTwitterキャンペーンの企画内容決定
  2. キャンペーンツイート用のテキスト・クリエイティブ作成(画像や動画など)
  3. 応募要項などの詳細ページ(LPページ)の作成
  4. キャンペーンツイートの投稿
  5. 期間中の問い合わせ対応
  6. 応募者の収集
  7. 応募条件を満たしているかの確認及び抽選
  8. 当選者へDMやリプライにて当選連絡
  9. プレゼントの発送
  10. 数値分析

特に5~7(ストックしたリツイートユーザーから抽選し、当選者にDM等で通知)についての業務にかなりの工数が取られるため、綿密なスケジュール作成と人手の確保が必須です。

企業視点でのメリット

「リツイートを後から集計して抽選するパターン」での仕組みでは、キャンペーンの目的に対して貢献してくれそうなユーザーを主催者自らが選んだうえで、当選者を決定できることが最大のメリットと言えるでしょう。

貢献を期待できるユーザーの選定基準は以下の項目が挙げられます。

  • そのユーザーのFF比率が極端に低くないか
  • 日常的にツイートやいいねなどを行っているか
  • そのユーザーの属性(性別・年代・興味関心など)が自社のターゲットにマッチしているか

選定基準を満たしているユーザーは、当選時やプレゼントが届いた際に喜びのツイートを拡散してくれたり、キャンペーンをきっかけに継続してフォローしてくれたりと、さらなる認知拡大とファンの獲得に貢献してくれるはずです。

参加者視点でのメリット

続いて、参加者目線でのメリットも解説します。

1つ目のメリットは、応募の際に住所・氏名・メールアドレスなどの個人情報を開示せずに、RTという方法のみで簡単に応募が完了できることです。

2つ目のメリットは、「運で当落が決まる訳ではなく、主催者側と参加者側の互恵関係の中で当落が決まる」ケースが多いことです。つまり、後日抽選で企業の人が抽選をする場合、主催者側も拡散やフォローを期待できるユーザーを中心に当落を決定します。であれば、参加者側は、主催者に選んでもらえるような対策をとることで、当選確率を高めることが可能です。

たとえば、プロフィールやツイートを充実させて選ばれやすい人柄をアピールしたり、当選しやすそうなキャンペーンを選んで応募したりといったことが挙げられます。

便利なツール

最後に、「リツイートを後から集計して抽選するパターン」のキャンペーンの運用をサポートしてくれる2つの便利ツールを紹介します。

  • SocialDog
  • socialdogトップ画面
    1つ目に紹介するのは、Twitter専用マーケティングツールの「SocialDog」です。

    公式のTwitterでは、リツイートを最新の投稿100件までしか表示できませんが、SocialDogの管理画面では、RTした全てのユーザーを素早く抽出し一覧で確認できます。これにより、RTしたユーザーを簡単に把握できるため、当選者の選定作業がスピーディーに行えます。

    同画面で該当ユーザーの「フォロー・フォロワー数」「ツイート数」「こちらをフォローしているか否か」を一目で確認できます。さらに、そのユーザーのアイコンをクリックするだけでプロフィールを閲覧できるため、ユーザーの年代・性別・興味のあるカテゴリーなどを把握しやすくなります。

    また、ツイート履歴画面にてツイート別にRT数が確認できるため、キャンペーンツイートに対する全体のRT数を簡単に把握できます。

    そのほかにも、キャンペーンに付随する作業負担を軽減してくれる機能を搭載しています。たとえば、「予約投稿」は、事前にツイート予約をしておくだけで投稿を自動化できる機能です。曜日・時間を詳細に設定できるため、あらかじめ登録しておけば、自動で狙った時間ぴったりにキャンペーンツイートを投稿してくれます。

    さらに、複数人でのアカウント管理もできるため、キャンペーンに必要な作業をチームでシェアしながら効率的に行えます。

    SocialDogに登録する

  • あたれら
  • あたれらトップ画面
    2つ目に紹介する「あたれら」は、Twitterのリツイート一覧を収集し、収集したアカウントの中から当選者を選べるツールです。無料で導入できますが、法人・個人共に商用利用ができない抽選ツールです。取得できるデータは最新の100件、過去1週間となっています。そのため、個人で企画したキャンペーンや小規模のキャンペーンに適したツールです。

    あたれら

リツイートするとその場で抽選結果が出るパターン

次に、Twitter(ツイッター)のリツイートキャンペーンにおける「リツイートするとその場で抽選結果が出るパターン」について詳しく解説します。

即時に当選結果が分かる「インスタントウィン」キャンペーンの仕組みや、フロー・メリット・役立つツールを把握して、「キャンペーンの目的にマッチしているか」「企画を実現できるリソースや予算を確保できるのか」を判断してみましょう。

インスタントウィンとは

リツイートするとその場で抽選結果が出るキャンペーンには、「インスタントウィン」というキャンペーン手法があります。ユーザーは、「フォロー&RT」の参加条件を満たすだけで応募が完了し、応募したユーザーは速座に当選結果を受け取れます。主催者側はユーザー個々に対して即座に結果を通知する必要があるため、ツールを利用した自動返信は必須です。

たとえば、「公式アカウントをフォローして、キャンペーンツイートをRTすると、抽選で100円引きのチケットが当たります。」といった内容でキャンペーンへの参加を促すのが一般的です。受け取れるプレゼントは、比較的安価な商材を設定し、その分当選本数を多く設定しているものが多いようです。当選確率が高いため、ユーザーの積極的な参加を見込めます。

キャンペーンのフロー

「RTするとその場で抽選結果が出るパターン」の仕組みでキャンペーンを行う場合は主に以下のフローが想定されます。応募直後に当落通知をユーザーごとに送る必要があるため、自動返信が可能なツールの導入が必須です。

  1. ターゲットのリサーチ及びTwitterキャンペーンの企画内容決定
  2. キャンペーンツイート用のテキスト・クリエイティブ作成(画像や動画など)
  3. 応募要項などの詳細ページ(LPページ)の作成
  4. キャンペーンツイートの投稿
  5. 応募条件を満たしている当選者へ応募直後にDMやリプライにて当選連絡
  6. 期間中の問い合わせ対応
  7. プレゼントの発送
  8. 数値分析

「5.応募条件を満たしている当選者へ応募直後にDMやリプライにて当選連絡」についてはスピーディーな対応が求められるため、自動返信ツールの導入が必須です。

自動返信機能を持つツールは、その他の付帯業務も代行できるサービスが多くあります。内部のリソースや予算にあわせて委託する業務範囲を適宜判断して依頼しましょう。

企業視点でのメリット

「RTするとその場で抽選結果が出るパターン」の仕組みでキャンペーンを行うことで享受できる企業にとっての最大のメリットは、主に以下の2点が挙げられます。

  • 抽選・当選者連絡などを自動化できるため、キャンペーン運用にかける工数を大幅に削減できる
  • 参加者が気軽に参加できて当選結果すぐ分かる手法のため、多くのRTによる拡散効果を期待できる

Twitterの特性を活かして情報拡散を行えるため、キャンペーンの企画内容のみに依存せずに、商品やサービスの宣伝やファンの獲得を期待できる手法ではないでしょうか。

参加者視点でのメリット

続いて参加者目線でのメリットも解説していきます。

1つ目のメリットは、キャンペーン用のランディングページにアクセスすることなく、Twitter内でアカウントをフォローしてリツイートするだけで手軽に応募が完了することです。

2つ目のメリットは、期間を置かずにリアルタイムに当落が分かるため、「待ち」の時間のストレスが無いことです。「当選結果が待ち遠しい」「応募期間が過ぎてもなかなか連絡が来ない」といったモヤモヤした気分になる必要がなく、気持ちよく参加できるキャンペーン手法と言えるでしょう。

便利なツール

「RTするとその場で抽選結果が出るパターン」のキャンペーンに活躍してくれる、おすすめのツールを2つ紹介します。

  • ATELU
  • ATELUトップ画面
    ATELUでは、Twitterの「インスタントウィンキャンペーン」「カンバセーショナルカードを用いたオートリプライキャンペーン」を行えるツールです。キャンペーン期間中は、管理画面上にて応募状況や当選者の人数、残りの当選数などをリアルタイムで確認できます。さらに、自動返信だけでなく、キャンペーンの企画からプレゼントの発送までの付帯業務を一貫してサポートしてくれます。

    インスタントウィンキャンペーンを行う場合の料金は、ショット利用で1,000,000円(税別)から導入できます。

    ATELU

  • echoes
  • echoesトップ画面

    echoesは、「フォロー&リツイートキャンペーン」「ハッシュタグ投稿キャンペーン」「クーポン配布型キャンペーン」と大きく3つのインスタントウィンキャンペーンを実施できるツールです。
    情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際基準の認証(ISMS)を取得していて、個人情報の管理を徹底しているので安心して利用できます。また、Twitter社が提供する広告APIプログラムと連携でき、「広告用のツイートの予約機能」などの多数の新機能を利用できます。料金システムは月額定額制となっていて、年間を通じてのキャンペーンを実施したい場合に適しています。

    echoes

Twitter(ツイッター)のリツイートキャンペーンにおける商品の種類

Twitter(ツイッター)のリツイートキャンペーンの懸賞・景品は、以下の3種類が挙げられます。

  1. アマゾンギフト券
  2. フォロー&リツイートキャンペーンの景品に、アマゾンギフト券を採用している企業が多くあります。アマゾンなどのギフト券は、エンドユーザー向けのサービスや商材を持っていない企業でも気軽に取り入れられるため、汎用性が高い景品です。

  3. 独自の商品・サービス
  4. フォロー&リツイートキャンペーンのプレゼントに、商品やサービスを設定することで、自社製品やサービスの良さを多くの人に伝えられるメリットがあります。商品自体を景品にしている企業もあれば、サービスを割引で利用できるチケットを配る企業も多いようです。

  5. 現金
  6. Twitterにおけるキャンペーンのプレゼントを、現金に設定している企業はあまり無いようです。現金を配るTwitter懸賞をよく見かけますが、怪しい偽アカウントが行っているケースも少なくありません。このような事例から、現金を設定した場合は、ユーザーから不審がられてしまう可能性も考えられます。

商品がどんなに高価なものであっても、キャンペーンの企画にそぐわなければ思うような結果は得られません。商品を選定する際は、キャンペーンの目的や狙いたいターゲットにマッチした商材を的確に選ぶ必要があります。

リツイートキャンペーンの注意点・ポイント

リツイートキャンペーンの概要を理解するだけでなく、キャンペーンを行う際の注意点や成功させるためのポイントもしっかりおさえておきましょう。

Twitter公式規約を遵守する

キャンペーンは、ルールに準拠して健全に行う必要があります。複数アカウントでの応募や、同じツイートを繰り返し行うことを推奨することは、Twitterのルールで禁止されています。参加者がルールに抵触しないよう、事前に主催者側が違反を防止するための対策を行う必要があります。

以下は、Twitterの公式規約を遵守するために実施すべき対策です。

  1. 複数アカウントを作成させない
  2. 「複数のアカウントを作成して参加したユーザーは当選資格を失うこと」を必ず明記しましょう。複数のアカウントを作成し何度も応募したユーザーは、作成した全てのアカウントを凍結される可能性があります。

  3. 繰り返し同じツイートをさせない
  4. 「1日に複数回応募した場合は無効になること」を明記し、同じツイートを何度も繰り返すように推奨する企画(一番多くリツイートした参加者に景品を提供など)はやめましょう。まったく同じ・またはほとんど同じ内容での投稿はTwitterルール違反になる恐れがあります。

  5. キャンペーンに関連する話題を盛り込むように推奨する
  6. 「キャンペーンに関連するハッシュタグをツイートに含めてもらうような仕組みなど、関連する話題を盛り込む」応募方法を設定しましょう。推奨したハッシュタグとツイート内容に全く関連性が無い場合、Twitterのルール違反の原因となる可能性があります。

  7. 主催者の「@ユーザー名」を含めてツイートしてもらう
  8. 「すべての応募ユーザーを確認するために@ユーザー名の記載を周知」しましょう。これは企画側がユーザーを管理しやすくするための対策でもあります。当選者の選定にはすべての応募者を確認する必要があります。投稿にあなたの@ユーザー名が含まれていれば、「通知」タイムラインですべての応募を確認できますが、@ユーザー名がないと単純に検索しただけでは、一部のツイートが表示されないことがあります。検索モレがあった場合、公平な当選者の選定ができません。

上記4つの項目はキャンペーン参加者の適切な利用をサポートするための対策ですが、主催者側も事前にTwitterルール検索のルールと留意点についての両方を必ず確認し、Twitter公式規約を遵守する必要があります。

キャンペーンの実施についてのガイドライン(Twitter公式サイト)

応募者主体の運用を心がける

キャンペーンを成功させるための大切なポイントは、ユーザーを主体とした運用を心がけることです。どのようなキャンペーン手法を選択するにしても、ターゲットの心理を理解した上で企画内容の構築をしない限り、キャンペーンの目的を達成することは難しいでしょう。

たとえば、「知り合いにキャンペーンツイートをRTすると、その相手宛てにギフトカードが贈られる」「ハズレたとしても値引きしてもらえるクーポンが届く」など、ただリツイートを促すだけでなく、ターゲットの気落ちを捉えたアイデアを加えることで、ユーザーは積極的に参加したくなるのではないでしょうか。

前提としてある程度のフォロワーは必要

リツイートキャンペーンを成功させるには、実施のタイミングがとても重要です。
アカウント開設直後のフォロワーが少ない段階でキャンペーンを行っても、その効果は見込めません。ある程度フォロワー数が増え、リツイートしてくれるユーザーが多くなってきたタイミングで実施しましょう。

まずはフォロワーを増やし、キャンペーンを行う前にしっかりとアカウントを育てておく必要があります。フォロワーを効率的に増やすためには、SocialDogのようなフォロワー管理に優れたツールを活用することで、ファンを効率的に増やせます。

たとえば、「アクティブ」「FF比」「ツイート数」など状態ごとに該当ユーザーの抽出ができたり、企業名や商品名などの指定したキーワードに関連したツイートの収集が簡単にできたりするため、フォローを期待できるユーザーを効率的に探してすぐにアクションを起こせます。

リツイートキャンペーンの事例

ここではリツイートキャンペーンの事例を紹介します。どのキャンペーンも、ターゲットの心理を理解し、応募者が主体となった企画を実施しています。キャンペーンを企画する際にぜひ参考にしてみてください。

  • コイケヤ【公式】

  • リツイートした人の中から21名に、年末年始限定で販売する金箔を使った商品+金箔をプレゼントする企画でした。ファンに刺さる新商品とあわせて、「金箔」というリッチなプレゼントをすることで、332,61リツイートと大成功を納めました。さらに、評価の口コミがたくさん寄せられ、盛り上がりを見せたキャンペーンです。

  • BelleLife【公式】

  • 中国での新型肺炎発生の報道があった直後に電動ファン付きマスクをギフトに設定した、時事ネタを絡めたキャンペーンの事例です。トップニュースをいち早く取り入れた話題性のある企画で、752と多くのリツイートがされました。マスクの見た目の印象もバズる要素だったようで、時事ネタ・マスク双方に対するコメントが沢山寄れられました。

  • ルートインホテルズ【公式】

  • 応募直後に当落がわかるシステムを導入し、Amazonギフト券を景品に設定したキャンペーンの事例です。応募期間が短く、いますぐ応募したくなる消費者心理をうまく捉えた企画で、10,672リツートと多くの反響があったキャンペーンでした。

  • 星のドラゴンクエスト(星ドラ)公式

  • ファンにはたまらない人気の高いキャラクターをコンテンツに活用したキャンペーンの事例で、9,532リツイートを記録しました。応募方法の記載が非常に分かりやすく、簡単に応募できることが一目で分かります。また、ファンの心を掴むようなクオリティーの高いクリエイティブも魅力です。「応募要項の簡潔さと、クリエイティブの高さ」双方を両立できているキャンペーンです。

仕組みを理解してキャンペーンを計画しましょう

Twitter(ツイッター)のリツイートキャンペーンの仕組みについて詳しく解説しました。リツイートキャンペーンには「リツイートを後から集計して抽選するパターン」「リツイートするとその場で抽選結果が出るパターン」の2つの仕組みがあります。それぞれに対するメリット・業務フロー・おすすめツールを詳しく解説しました。

Twitterのキャンペーンは、拡散力に優れていて、企業のサービスや商品を多くの人に届けるにはとても有効的です。しかし、「キャンペーンに付帯する業務はどうするのか」「ツールを導入した場合の費用が確保できるのか」「健全なキャンペーンにするための対策は取れているのか」など、実施するための体勢をしっかりと整えておかなければ、キャンペーンの成功は難しくなります。仕組みやおすすめツールとあわせて、成功させるためのポイントや、Twitterの公式規約もお伝えしましたので、しっかりと理解してキャンペーンを企画しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

ダッシュボード

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
40万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc