social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by. socialdog

フォロワーを増やすために導入すべきツールとは?ツールの選び方から徹底解説

Instagram(インスタグラム)でフォロワーを読み込めない場合の対処法とは。他の不具合についても解説

Instagram運用投稿日:2021年5月17日 更新日 :2021年5月17日

Instagram(インスタグラム)では、「フォロワーを確認したくても読み込めない」という不具合が発生することがあります。フォロワーを読み込めない場合には、アプリを最新版にする、再度ログインするといった方法を試しましょう。また、インスタグラムでは他にも様々な不具合が起こるものです。対処法について理解して適切な方法で不具合に対処しましょう。
Instagram

Instagram(インスタグラム)でフォロワーが読み込めない場合の対処法

Instagram(インスタグラム)では、「ユーザーを読み込めませんでした」と表示されてフォロワーを読み込めないことがあります。そのような場合の対処法を5つご紹介します。

アプリを最新版にアップデートする

Instagram(インスタグラム)でフォロワーが表示されない場合、アプリを最新版にアップデートしましょう。アップデートはiPhoneの場合「App Store」で行います。「App Store」のホーム画面右上にある自身のアイコンをタップしましょう。
App Store

アカウント画面にある「利用可能なアップデート」欄を確認します。この欄にインスタグラムアプリが表示された場合は、最新版にアップデートされていません。インスタグラムアプリ横にある「アップデート」をタップしましょう。

下記のように「利用可能なアップデート」欄にインスタグラムアプリが表示されない場合は、インスタグラムアプリはすでに最新版にアップデートされています。
AppStoreアカウント画面

アプリに再度ログインする

フォロワーを読み込めない場合は、アプリに再度ログインしなおすのもおすすめです。一度ログアウトしたうえで、再度ログインしてみましょう。

ログアウトするにはまず、プロフィール画面を表示して右上にある三本線のボタンをタップします。
Instagramプロフィール

設定をタップしましょう。
Instagram設定
設定画面最下部にある「○○(ユーザーネーム)をログアウト」ボタンをタップしましょう。
アカウントからログアウト
「ログイン情報を保存しますか?」と表示されるので、「保存」をタップします。
ログイン情報を保存しますか
「○○(ユーザーネーム)からログアウトしますか?」と出るので「ログアウト」をタップするとログアウトの完了です。
ログアウトしますか?
ログアウトできれば再度インスタグラムアプリを開いてログインしなおしましょう。

ブラウザから確認する

「ユーザーを読み込めませんでした」という表示が消えない場合、PC等を利用してInstagram(インスタグラム)のフォロワーをプラウザで確認しましょう。

ただし、スマートフォンのブラウザで確認する場合は、注意が必要です。iPhoneの場合ブラウザで検索してトップに表示された「インスタグラム」をそのままタップすると、自動的にアプリが開く仕組みになっています。そのため、アプリではなくブラウザで確認したい場合には、検索で表示された「インスタグラム」という文字を長押ししましょう。長押しすると下記のような画面が表示されるので、「ログイン」をタップします。
ブラウザInstagram画面
インスタグラムにログインする画面が表示されるので、必要な情報を入力したうえでログインしてフォロワーを確認しましょう。
ブラウザログイン画面

時間が経過してから再操作する

フォロワーを読み込めない場合、フォロー解除等の操作を短時間で急激に行ったことが原因の場合もあります。フォローやフォロー解除の行いすぎが原因の場合は、時間が経過するのを待ちましょう。

フォローやフォロー解除の制限は、長くとも24時間以内には解除されます。短時間に急激に行った覚えがある方は、時間の経過を待ってから再操作すると良いでしょう。

ツールやアプリから確認する

様々な方法を試してもフォロワーを読み込めない場合は、公式Instagram(インスタグラム)アプリではなく分析ができるツールやアプリを利用するのもおすすめです。

インスタグラムを分析できるツールでは、フォロワーの推移等も確認できます。それらのツールやアプリを利用してフォロワーを確認しましょう。

その他のInstagram(インスタグラム)の不具合と対処法

Instagram(インスタグラム)では、フォロワーを読み込めないという不具合だけではなく別の不具合も起こります。起こりがちな不具合6例と対処法について解説します。

フォローが読み込めない

フォロワーを読み込めないだけでなく、フォローしているユーザーが表示されない場合もあります。フォローしたのに見れない不具合が起きた場合は、下記の2つの対処法を試してみましょう。

フォロワーを表示させる対処法を実践する

フォローしているユーザーが表示されないときはまず、フォロワーが表示されないときと同じ対処法を試しましょう。アプリを最新版にアップデートする、再ログインする、ブラウザで確認するといった方法を試すことで、フォロー中のアカウントを閲覧できる可能性があります。

設定の「フォロー中のアカウント」から確認する

フォロー中のアカウントは、Instagram(インスタグラム)アプリの設定でも確認できます。プロフィール画面右上にある三本線のマークをタップしましょう。

Instagramプロフィール
設定をタップします。
Instagram設定
プライバシー設定をタップしましょう。
Instagram設定画面
表示されたプライバシー画面の最下部に「フォロー中のアカウント」ボタンがあるのでタップすると、フォロー中のアカウントが一覧で表示されます。
フォロー中のアカウント

ストーリーを見れない

Instagram(インスタグラム)では、ストーリーを閲覧しようとしても「読み込めませんでした」と表示されて見れないことがあります。そのような場合は下記の対処法を試すことをおすすめします。

電波状況を確認する

ストーリーを読み込めない場合、電波状況が悪い可能性があります。Wi-Fiから4Gや5Gに切り替わる際に一時的に電波が悪くなることもあるため、端末の電波状況を確認してみましょう。

不具合以外で見れない可能性がある

Instagram(インスタグラム)には、ストーリーを公開する範囲をあらかじめ設定できる「ストーリーズコントロール」機能があり、「ストーリーズを表示しない人」と「親しい友達」を設定できます。自身のアカウントが相手のストーリーの公開範囲に含まれていなければ、ストーリーを見ることができないと理解しておきましょう。

投稿できない

Instagram(インスタグラム)では、投稿できなければ発信できず困るものです。投稿できない場合の対処法を確認してみましょう。

写真や動画の容量を確認する

写真や動画の容量が大きすぎると投稿できません。投稿できない場合は、写真や動画の容量を確認してみましょう。動画は投稿できる時間数が決まっており、最大60秒です。60秒よりも長い動画は投稿できないため、動画は60秒以内におさめましょう。

ハッシュタグの数を確認する

投稿に欠かせないのがハッシュタグですが、付けられるのは30個までです。投稿がエラーになる場合は、ハッシュタグの数を確認してみましょう。その場合には、投稿だけでなくコメント欄のハッシュタグの数も確認する必要があります。それぞれに30個ずつハッシュタグを付けられるわけではなく、付けられるハッシュタグ数は投稿とコメント欄合わせて30個までです。

文字数の上限を確認する

投稿した写真を説明できるキャプションにも文字数の制限があり、最大2,200文字となっており超えてしまうと投稿できません。投稿できない場合は、文字数が2,200文字を超えていないか確認すると良いでしょう。

位置情報がエラーになる

Instagram(インスタグラム)の位置情報機能は、投稿やストーリーに付けることでそのスポットの検索欄に自分の投稿が載る便利な機能です。位置情報機能を使いこなすことで、より検索されやすくなり多くのユーザーに投稿が届きやすくなります。

ただし、位置情報を共有しようとしてもエラーになることがあります。エラーになった場合の対処法を確認しましょう。

写真に位置情報を追加する

位置情報がエラーになる場合は、写真に位置情報を追加しましょう。新規作成する投稿に位置情報を追加するには、「新規投稿」画面の「場所を追加」欄で行います。「場所を追加」をタップしましょう。
投稿場所を追加
「位置情報」画面が表示されるので検索して該当するスポットを探しましょう。
場所検索

スポットをタップして設定すると、位置情報を追加できます。位置情報が追加された状態で新規投稿画面で「シェア」ボタンをタップすると、位置情報の追加完了です。

カメラの位置情報サービスをオンにする

端末の「カメラ位置情報サービス」をオンにすることで、位置情報共有のエラーを防げます。オンになっているか確認しましょう。iPhoneの場合、設定で確認します。設定にある「プライバシー」をタップして最上部に表示される「位置情報サービス」をタップして、位置情報サービスを表示します。その中にある「カメラ」をタップしましょう。
位置情報サービス(カメラ選択)
「このAppの使用中のみ許可」にチェックが入っていれば、カメラの位置情報サービスはオンになっています。
カメラ設定

通知が届かない

Instagram(インスタグラム)では、投稿やストーリーに対していいねやコメントがついた、DMが届いたといった場合に通知を受け取れます。ただし通知が届くように設定していなければ、通知は届きません。通知が届かない場合は、端末とインスタグラムアプリどちらの設定も確認してみましょう。

iPhoneの場合端末の確認は、本体にある「設定」アプリで行います。設定にある「通知」をタップして通知の設定画面を表示したうえで、「インスタグラム」をタップしましょう。
通知画面(Instagram)
「通知を許可」がオンになっていれば、端末の設定は通知が届くようになっています。
Instagram通知画面
次に、インスタグラムアプリの通知設定も確認してみましょう。プロフィール画面右上にある三本線マークをタップして「設定」をタップしたうえで設定画面を開きます。設定画面にある「お知らせ」をタップしましょう。
設定画面
お知らせ画面が表示されるので、プッシュ通知の「すべて停止」がオフになっていることを確認しましょう。
お知らせプッシュ通知
オフになっていればそれぞれの機能をタップして、機能別に通知の有無を設定しましょう。

コメントができない

Instagram(インスタグラム)では、投稿に対するコメントができないことがあります。下記の2つの方法を確認しましょう。

文字数やハッシュタグなどを確認する

投稿と同じく文字数やハッシュタグが多すぎるとコメントできません。エラー画面が表示されてコメントできない場合は、文字数やハッシュタグが多すぎないか確認しましょう。

コメントの場合も付けられるハッシュタグの上限は30個までです。31個以上付けると、コメントをアップできません。

相手がコメントを非表示にしているor制限をしている可能性がある

Instagram(インスタグラム)では、投稿へのコメントを非表示にする、コメントできる相手を制限する等の機能があります。投稿者がコメントを非表示にしている場合は、投稿にコメント欄がありません。また、コメントできる相手を制限している場合は「このコメントは制限されています」と表示されます。これらの表示が出た場合には、投稿者が意図的にコメントを制限していると考えておきましょう。

不具合が発生した場合はヘルプセンターも利用しましょう

Instagram(インスタグラム)では、上述したほかにも不具合が起こることがあります。不具合が発生した場合には、Instagramヘルプセンターを利用するのもおすすめです。よく起こる不具合への対処法が記載してあるため、自身が遭遇している不具合をヘルプセンターで検索してみましょう。

Instagram(インスタグラム)の不具合は正しい方法で対処をしましょう

Instagram(インスタグラム)では、フォロワーを読み込めない不具合が起こるものです。アプリを最新版にする、再ログインするといった適切な対処法を用いて、不具合を解消しましょう。また、インスタグラムではほかにもフォローを読み込めない、ストーリーを見れないといった不具合が発生します。それぞれの不具合に対する正しい対処法を理解して適切な対応をしましょう。

Twitterにおいて、フォロワーを増やしエンゲージ高めるには

ダッシュボード

60万アカウントで使われているTwitterマーケティングのためのツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やし、エンゲージメントを高めることができます。

関連記事

すべての記事を読む

おすすめ記事

すべての記事を読む
60万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc