social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)で自動化できる作業は?フォローやツイートを自動化できるツール10選

Twitterマーケティング投稿日:2019年12月30日更新日:2020年2月22日

Twitter(ツイッター)のフォローやフォロー解除、ツイートなどの作業は、ツールを使って自動化できます。こちらの記事では、Twitterの自動化におすすめのツールをご紹介します。なお、Twitterのルールでは、一部の作業は自動化が認められていませんので、注意すべきTwitterルールについても確認していきましょう。

Twitterの自動化について調べているスマホ画像

Twitter(ツイッター)運用は自動化できる?

ツールを使ってフォローやリツイートなどの作業を自動化すれば、効率的にTwitter(ツイッター)アカウントを運用できるようになります。特に、企業アカウントのようにフォローやフォロワー数が多いアカウントは、作業を自動化すれば大幅に作業量を削減できます。

ただし、Twitterの自動化ルールにより、一部の作業は自動化が認められていません。ここでは、自動化が可能な作業と自動化が禁止されている作業について解説します。

Twitter(ツイッター)を自動化する方法!おすすめの自動化ツールをご紹介。

自動化可能な作業

Twitter(ツイッター)では、以下の作業を自動化できます。

  • 自動フォロー
  • 自動フォロー解除
  • 自動フォロー返し
  • 自動ツイート
  • 自動リツイート

Twitter(ツイッター)では、フォロー・フォロー解除、フォロー返しの作業が多い場合に、ユーザーの代わりにツールがそれらの作業を自動的に行うことが認められています。

さらに、ツールにあらかじめツイート内容を登録し、自動的に投稿を発信することも可能です。

参考:自動化ルール(Twitter公式)

自動化が禁止されている作業

一方で、以下の作業に関しては、Twitter(ツイッター)で禁止されています。

  • 自動いいね
  • 自動DM
  • 過剰なフォロー
  • 過剰なフォロー解除
  • スパム行為となる自動ツイート

フォローやフォロー解除自体は、自動化は禁止されていません。しかし、自動化で過剰にフォローやフォロー解除を行うことはできません。また、ツイートも同一の内容を繰り返し行うことは、スパム行為と見なされ、Twitterの自動化ルールで禁止されています。

Twitter(ツイッター)で自動いいねは可能?いいねを無料で効率化する方法とは 。

自動化するメリット

自動化のメリットは、作業の手間を削減できることです。たとえば、企業アカウントのように規模が大きいアカウントは、手動でフォローやフォロー解除を行うと手間も時間もかかってしまいます。その際、それらの作業を自動化することで効率的に作業ができるようになります。また、時間のある時に多くのツイートをツールに登録すれば、一々ツイートする手間が省けます。

さらに、自動化をすれば効率的にフォロワーを獲得できます。単純作業をツールに任せると、その分コンテンツ制作やフォロワーの分析の時間が確保できます。そのため、より多くのフォロワーを獲得するためのアプローチ方法やアイディアを生み出しやすくなるのです。

Twitter(ツイッター)の機能を自動化するのにおすすめのツール

Twitter(ツイッター)の自動化は、基本的に公式サービスではできません。自動化するためには、自動化ツールを使います。ここからは、自動化におすすめのツールをご紹介します。

多機能ツール「SocialDog」

SocialDogの公式サイト
SocialDogは、Twitter(ツイッター)のアカウント運用に役立つツールです。自動化にまつわる機能として、予約投稿機能が備わっています。また、「キーワードモニター」という機能も利用できます。「キーワードモニター」とは、あらかじめ設定したキーワードを含むツイートを自動的に収集する機能です。個人アカウントであれば、同じ趣味をもつアカウントを探せたり、企業アカウントの場合、自社製品や自社サービスを設定することで、サービスに興味のあるユーザーにアプローチできるなど、活用方法はさまざまです。

さらに、SocialDogでは、Twitterルールを遵守していることも特徴です。たとえば、過剰なフォローやフォロー解除を防止するために、作業量や回数を自動調整します。

ルールに基づき、さまざまな自動化機能を利用したい方は、SocialDogは役立ちます。

SocialDogを利用する

自動予約投稿におすすめのツール

ツールを活用すれば、1週間や1ヶ月先のツイートをあらかじめ予約しておくことができます。Twitter(ツイッター)で自動予約投稿をしたいという方は、twittbotとAutoTweetがおすすめです。

twittbot

twittbotの公式サイトの画像
twittbotは自動bot(ボット)を活用した自動予約投稿ツールです。botとは、Twitterで開発された自動発言システムです。twittbotでは、以下のような投稿を自動化できます。

  • 定期ツイート
  • 条件を指定した返信
  • ランダム返信
  • タイムラインに対する返信
  • 時間指定ツイート

無料で利用できますが、有料のプレミアムバージョンやビジネスバージョンに加入すると、定期ツイートの登録数が8000件まで可能になります。(無料版の場合は、700件まで登録可能)

twittbot

AutoTweet!

AutoTweet!の公式サイトの画像
AutoTweet!(オートツイート)は、登録不要・料金無料で利用できる自動予約投稿ツールです。アカウント連携すればすぐに自動ツイートを予約できます。ただし、予約できるツイート数が24件のみと非常に少ないのが難点です。twittbotは、無料で700件まで登録ができるため、多くのツイートを予約したいという方は、twittbotがおすすめです。

AutTweet!(オートツイート!)

自動フォローにおすすめの「鬼ったー」

フォロー作業を効率化したいという方は、ツールを使って一括フォローしましょう。Twitter(ツイッター)で自動フォローをしたいという方は、鬼ったーがおすすめです。

鬼ったーの公式サイトの画像
鬼ったーは、特定キーワードを含むツイートのユーザーを自動でフォローするツールです。以下の流れで、自動フォローが行われます。

  1. キーワードを指定
  2. 指定したキーワードを含むツイートのユーザーを自動フォロー
  3. フォローバックがなかったユーザーを自動フォロー解除

数日経ってもフォロー返しがなかったユーザーに対しては、自動でフォロー解除もしてくれます。鬼ったーは無料で利用できます。

鬼ったー

自動リツイートにおすすめの「自動で再RTするやつ作ってみた」

自動で再RTするやつ作ってみたの公式サイトの画像
自動で再RTするやつ作ってみたは、自動でリツイート解除し、再リツイートをする自動リツイートツールです。タイムラインがリツイートで埋まるのを防いでくれます。さらに、以下のような特徴もあります。

  • ツイートは最大10件まで登録可能
  • 自分のアカウント以外も設定可能
  • フォロワー数が50人以下のアカウントは利用不可
  • 無料で利用可能

自動で再RTするやつ作ってみた

自動更新におすすめのツール

Twitter(ツイッター)の公式では、タイムラインの自動更新が行われません。「〇件の新着ツイートを表示」をクリックすることで、最新の投稿を閲覧できます。スムーズにタイムラインを閲覧したい場合は、拡張機能もしくはツールを使って自動更新を行いましょう。

Twitter™の自動更新

Twitter™の自動更新の公式サイトの画像
Twitter™は、Googleの拡張機能です。最新のタイムラインを表示している場合のみ、自動で新着のツイートを読み込みます。拡張機能の追加方法は、以下の手順で行います。

  1. Chromeウェブストアで「自動更新」と検索
  2. 「Twitter™」を選択
  3. 「Chromeに追加」をクリック
  4. 別ページに表示された「Twitter」の文字をクリック
  5. Twitterにログインすると追加完了

Twitter™の自動更新

TweetDeck

TweetDeckの公式サイトの画像
TweetDeckは、Twitter(ツイッター)公式のツールです。ツールをインストールする必要はなく、TweetDeckにアクセスし、タイムラインを表示すると自動で更新が行われます。さらに、カラム(列)という機能を使えば、ユーザーごとのタイムラインを1画面で閲覧できます。

TweetDeckの料金は無料で、自動更新の他に予約投稿もできます。また、チーム機能を使えば、1つのアカウントを複数人で管理できます。

TweetDeck

自動スクロールにおすすめの「Hel2um for Twitter」

Hel2um for Twitterの公式サイトの画像
「自動でスクロールをしたい」という方は、Hel2um for Twitterがおすすめです。Hel2um for Twitterは、アプリをインストールすると自動でタイムラインをスクロールしてくれます。動作が軽く、スムーズにタイムラインを閲覧できます。自動スクロールの他に、ミュート機能やミニビュー表示機能もあります。なお、iPhoneのみ利用可能です。

Hel2um for Twitter

一括ブロックにおすすめのツール

複数のスパムアカウントからDMが送られてきたり、勝手にフォローされている方は、ツールを使って一括ブロックができます。ツールを活用し、フォロー・フォロワーを整理しましょう。

Block Together

Block Togetherの公式サイトの画像
Block Togetherは、迷惑なアカウントを一括でブロックできるツールです。英語のツールですが、操作は簡単なため支障ありません。さらに、ブロックしたアカウントを友達にシェアすることもできます。迷惑なアカウントやスパムアカウントは、Block Togetherを使って一括ブロック・シェアしましょう。

Block Together

フォロー管理for Twitter(フォローチェック)

フォロー管理for Twitterの公式サイトの画像
フォロー管理for Twitterは、フォロー・フォロワーの管理に特化したスマホアプリで、一括でブロックができます。たとえば、複数のスパムアカウントにフォローされている場合、片思われユーザーリストからスパムアカウントを選択し、「一括ブロック」をクリックすればブロックが完了します。一括ブロックの他に、以下の機能を利用できます。

  • 一括フォロー
  • 一括ブロック解除
  • 一括フォロー解除
  • 片思い・片思われユーザーの表示
  • 鍵垢ユーザーの表示

フォロー管理for Twitterだけで、ブロック、フォロー、フォロー解除などができるため、フォロー・フォロワーの整理に役立ちます。

フォロー管理for Twitter

Twitter(ツイッター)運用をツールで自動化する際の注意点

ツールを活用すれば、フォローやツイートを自動化することができ、効率的にアカウントを運用できます。ただし、ツールで過剰に自動化作業を行うことには注意が必要です。

上述のように、Twitter(ツイッター)では、過剰なフォロー、フォロー解除、ツイートなどは禁止されています。ツールはこれらの作業を便利にする一方で、過剰に行ってしまう恐れがあります。万が一過剰な自動化作業がスパム行為(スパムアカウント)と見なされると、アカウントが凍結される可能性があります。一度のアカウント凍結はすぐに解除できますが、何度も凍結を繰り返すと永久凍結され、二度とアカウントが利用できなくなります。

ツールを使う場合は、Twitterのルールを守り、他のユーザーに迷惑をかけない範囲で使用しましょう。

ツールを有効活用してツイッター運用を効率化していきましょう

Twitter(ツイッター)の自動化についてご紹介しました。Twitterでは、運用の効率化のために、フォローやフォロー返し、リツイートなどの作業の自動化が認められています。公式では自動化機能は備わっていませんが、ツールを使えば無料かつ簡単に自動化することができます。

ただし、ツールを使う際には注意が必要です。たとえば、ツールでツイートを自動化することは可能ですが、同じ内容を何度も繰り返しツイートすることは他のユーザーの迷惑行為となるため認められていません。ツールを検討している方は、まずはTwitterのルールを確認し、ルールを守って活用しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
30万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x