social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by. socialdog

フォロワーを増やすために導入すべきツールとは?ツールの選び方から徹底解説

Twitter(ツイッター)のフォロワーが少ない原因とは。フォロワーの増やし方も解説

Twitterマーケティング投稿日:2019年11月27日 更新日 :2021年6月27日

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーが少ない原因とフォロワーの増やし方まで解説します。フォロワーが少ないアカウントには、いくつかの共通した特徴があります。自身のTwitterアカウントのフォロワーが増えずに悩んでいる方は、原因とフォロワーの増やし方を理解して、自身のTwitterアカウントの運用に役立てましょう。また、運用に役立つツールについてもご説明しますので、是非参考にしてください。

Twitter(ツイッター)のフォロワーが少ない原因を調べているPCの画像

Twitter(ツイッター)のフォロワーが少ない場合の対処法

Twitter(ツイッター)のアカウントを運用し始めたばかりでなかなかフォロワー数が増えず、フォロワーが少ない状態に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここでは、Twitterのフォロワーが少ない原因や、フォロワーを増やすためにできる運用のポイントについて解説します。

Twitter(ツイッター)のフォロワーが少ない原因9選

まず、Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーが少ない原因を9つ紹介します。フォロワーが少ないアカウントには、いくつかの共通点があります。フォロワーが増えず悩んでいる方は、自身の運用するアカウントと比べて確認してみましょう。

プロフィールに魅力がない

アカウントのフォロワーが少ない原因の1点目は、プロフィールに魅力がないことです。プロフィールは、アカウントに興味を持ったユーザーが、アカウントについて知るために最初に確認する場所です。例えば、自己紹介文に何も記載していなかったり、アイコン画像が設定されていなかったりすると、どのようなアカウントかが分からず、フォローに繋がりにくくなります。プロフィールはユーザーがあなたをフォローするかどうかを判断する材料となるため、プロフィール作成には力を入れましょう。

ツイートの量が多すぎるor少なすぎる

アカウントのフォロワーが少ない原因の2点目は、ツイート数が偏って多い、または少ないことです。一ツイート数が多すぎるとフォロワーのタイムラインを埋めてしまい、ユーザーに不快感を与えてしまいフォローされにくくなったり、フォロー解除されるリスクが高まる可能性があります。一方でツイートが少なすぎると、アカウントの露出が少なくユーザーに気づいてもらえない可能性があります。ツイートの量は多すぎても少な過ぎてもフォロワー獲得に繋がらないため、適切な量を心がけましょう。

無益ツイートが多い

アカウントのフォロワーが少ない原因の3点目は、無益なツイートが多いことです。Twitter(ツイッター)では、あなたのツイートを有益と感じてもらうことで、フォローに繋がりやすくなります。そのため、「今日ランチに行ってきた」のような無益で一方的なツイートはフォロワーは増えにくい傾向にあります。

アイコンやカバー画像がデフォルトのまま

アカウントのフォロワーが少ない原因の4点目は、アイコン画像やカバー画像がデフォルトの状態であることです。Twitter(ツイッター)では、アカウントのアイコン画像と、プロフィールページにあるカバー画像を自由に設定できます。アイコン画像は、独自性や特徴があるものに設定して、視覚的に自身のアカウントをアピールしましょう。カバー画像も同様に、プロフィールページの訪問者に対してアカウントを印象付けられる重要な項目です。そのため、アイコン画像やカバー画像がデフォルトのままだと、プロフィールページの訪問者にアカウントの印象を残しにくくなり、フォローされにくくなる傾向にあります。

ハッシュタグを使いすぎている

アカウントのフォロワーが少ない原因の5点目は、ハッシュタグを使いすぎていることです。1ツイートに対して極端に多くのハッシュタグを付けていたり、ツイートの文字数制限内のほとんどをハッシュタグが占めていたりすると、フォロワーに良い印象を持たれにくくなり、フォロー解除される可能性が高まります。また、過去のツイートがハッシュタグばかりだとツイートを有益と感じられず、フォローされにくくなるため注意しましょう。

ハッシュタグはなんでもつければいいというものではなく、ハッシュタグを厳選しつけることが大切です。ハッシュタグの選定にはツールが役立ち、後述する多機能ツールSocialDogはリツイートやいいねなどのエンゲージメント率の高いハッシュタグを検索できるため、効果的なハッシュタグを分析できます。

リプライや引用RT(リツイート)が少ない

アカウントのフォロワーが少ない原因の6点目は、リプライや引用RT(リツイート)が少ないことです。Twitter(ツイッター)では、ツイートに対して返信したり(リプライ)、引用RTを行ってツイートに対して意見を述べたりして、様々なアカウントと交流できます。そのため、他のアカウントと交流したいと思っているアカウントからすると、アクションが少ないアカウントは、交流してくれなさそうと捉えられ、フォローされにくい傾向にあります。また、アクションの一つであるリプライや引用RT(リツイート)が少ないと、スパムアカウントと見なされて、フォローされにくくなるケースもあります。

ネガティブツイートが多い

アカウントのフォロワーが少ない原因の7点目は、ネガティブツイートが多いことです。「ネガティブツイート」とは、ツイートの閲覧者にマイナスの印象を与えるツイートです。例えば、誰かの悪口を書いたツイート等が該当します。ネガティブなツイートばかりを投稿しているアカウントは、プロフィールページの訪問者に良い印象を持たれにくく、また、フォロワーも快適にTwitterを利用しにくくなり、フォローされにくくなったりフォロー解除されたりする可能性が高まります。また、攻撃的なツイートや差別的なツイートはTwitterのルールでも禁止されているため投稿しないようにしましょう。

フォローの数が少ない

アカウントのフォロワーが少ない原因の8点目は、フォローの数が少ないことです。Twitter(ツイッター)アカウントのフォロー数が少ないと、フォローバックしてくれなさそうと感じられ、フォローされにくくなります。また、他のアカウントとなかなか交流してくれないのではないか、と感じられる場合もあります。

運用の方向性が定まっていない

アカウントのフォロワーが少ない原因の9点目は、運用の方向性が定まっていないことです。Twitter(ツイッター)アカウントの運用を行う際に、ある程度の方向性が定まっていないと、ツイート内容のジャンルがバラバラになるなど、どのようなユーザーに対してアピールすべきかがはっきりせず、フォロワーを増やしにくくなります。

フォロワーを増やすための運用のポイント

次に、フォロワーを増やすための運用のポイントを解説します。意識しておくべきポイントを理解して、アカウントの運用に取り入れてみましょう。

アカウントの目的とターゲットを明確にする

ポイントの1点目は、アカウント運用の目的とターゲットを明確にすることです。個人アカウントであれば「共通の趣味を持つ多くの人と知り合いになりたい」「アフィリエイトで副収入を得るために活用したい」などが挙げられます。もし企業アカウントを運用する場合であれば「自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらいたい」「ファンとのコミュニケーションを盛んにして自社商品に対しての改善点を引出したい」などが挙げられます。目的を明確にすることで、ターゲットの人物像が鮮明になります。それにより、「午前7時のツイートには関連性のあるニュース記事のリンクを添付してみる」「午後8時のツイートには動画や画像を添付してみる」「週末にはキャンペーンの告知を行ってみる」というような、ターゲットが求める情報も明確になり運用の方向性が定まるようになります。

ターゲットに向けたプロフィールにする

ポイントの2点目は、ターゲットに向けたプロフィールに編集することです。プロフィールページは、【自己紹介文・場所欄・URL欄・アイコン画像・アカウント名】の大きく5つに分かれます。自己紹介文には文字数制限があるので、制限内で自身のTwitter(ツイッター)アカウントがどのようなアカウントなのかを最大限アピールしましょう。場所欄・URL欄には、自身のアカウントに関連する位置情報や別のSNSのURLを貼付するなどして、アカウントをアピールすることが有効です。アイコン画像やアカウント名は、プロフィールページ訪問前にも閲覧される部分です。どのようなアカウントなのかをアカウント名に入れたり、アイコン画像で視覚的に特徴をアピールしたりして、自身のTwitterアカウントを印象付けましょう。

リプライや引用RT(リツイート)で積極的に交流する

ポイントの3点目は、リプライや引用RT(リツイート)で積極的に他のユーザーと交流することです。他のユーザーと様々なTwitter(ツイッター)のアクションを通じて交流することで、アカウントに興味を持ってもらえて、フォロワー獲得に繋がりやすくなります。また、他のユーザーとやり取りしていくうちに、別の新たなユーザーに興味を持ってもらえる可能性があります。積極的に交流して、自身のアカウントの存在をアピールしましょう。

投稿時間を工夫する

ポイントの4点目は、投稿時間を工夫することです。フォローアカウントの投稿したツイートが表示されるタイムラインは、ツイートが投稿された時系列で並びます。そのため、ツイートを投稿するタイミングによって、多くのフォロワーに見てもらえる可能性が高まったり、一方であまり見てもらえなかったりします。ソーシャルメディアトレンドの調査によると、投稿時間帯によってエンゲージメント率も異なり、特にリツイートを狙いたい場合は6時12時18時の時間帯が効果的であることが判明しました。

Twitter(ツイッター)は、様々なユーザーが利用するSNSです。生活リズムやTwitterを閲覧する時間帯などは、アカウントの属性や特徴によって変わります。ターゲットに合わせて最適な投稿時間にツイートを投稿し、より多くのユーザーにツイートを見てもらえるよう、工夫しましょう。

なお、詳細は後述しますが、多機能ツールの「SocialDog」を使えば投稿を予約できます。最適な時間に登録すべきとはいえ、常にPCやスマホに張り付いているわけにはいかないでしょう。SocialDogを使うことで、Twitterに向き合える時間にまとめて投稿を予約可能です。

SocialDog

ターゲットに向けたツイート量を担保する

ポイントの5点目は、ターゲットに向けたツイート量を担保することです。Twitter(ツイッター)のユーザーは、自身に有益な情報を公開しているアカウントをフォローする傾向があります。ツイートの数が少ないアカウントは有益な情報を投稿しているかどうかの判断がしづらいため、アカウントが認知されずフォローに繋がりません。投稿時間を工夫したら、ターゲットに合わせた十分な量のツイートを投稿して運用をしましょう。

Twitter(ツイッター)のフォロワーを増やす運用にはツールが便利

フォロワー数の少ないTwitter(ツイッター)アカウントのフォロワーを増やすには、Twitterの運用を効率化してくれるツールを利用するのがおすすめです。ツールとは、Twitterアカウントのフォロー・フォロワーを管理したり、ツイートの投稿を管理したり、Twitterアカウントの運用をより効率的にしてくれます。ここでは、Twitterアカウントの運用を効率化するのに便利なツールをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの多機能ツール「SocialDog」

SocialDogの公式サイト

SocialDog」は、Twitter(ツイッター)アカウントの運用を便利にしてくれる機能が豊富に搭載された多機能ツールです。登録したアカウントのフォロー・フォロワーを多様な条件を指定して管理したり、日別・月別のフォロー・フォロワー数の変動をグラフで確認したりできます。自身のフォロー・フォロワーにフィルタをかけて簡単に抽出することもできるので、確認する際に大変役立ちます。また、ツイートの投稿日時を指定して予約投稿ができます。ツイートを投稿したい時間にリアルタイムな操作が不要になるため、ツイートをする際の手間や時間を大幅に短縮できます。

SocialDog

「SocialDog」の有効活用方法

SocialDogを活用することで、効率的にユーザーにアプローチできます。たとえば、指定したキーワードを含むツイートを自動で収集するキーワードモニターという機能に、自分のアカウントに関連するキーワードを登録することで、潜在的なユーザーを簡単に見つけ出すことができます。潜在的なユーザーにいいねやRT(リツイート)などのアクションを起こすと、フォロワーの増加に繋がりやすくなります。

また、分析機能を活用すれば反応の良い投稿時間帯やツイート内容を分析できるため、フォロワーの活動時間や求める情報が明確になりさらなるフォロワー獲得が期待できます。ツイートの露出を増やしたい場合は、ハッシュタグ検索が便利です。ハッシュタグ検索を使えば、そのハッシュタグの想定ツイート数を検索でき、さらにはリツイート数やいいね数も確認できるため、より効果の高いハッシュタグを選定できます。

SocialDogは、無料プランと有料プラン(月額980円〜)があり、プランごとに利用できる機能が異なります。キーワードモニターや分析機能は無料プランで可能ですが、有料プランに加入すればキーワードモニターに登録できるキーワード数の増加や高度な分析が利用可能になります。詳しいプラン内容や料金については以下の公式サイトからご確認ください。

SocialDog

やみくもにフォロワーを増やしてもダメ

フォロワー数を増やしたいからと言って、やみくもに誰でもフォローしたり、誰にでもリプライを送って交流をしたりしても意味がありません。フォロワーを増やすには、定期的に自身の投稿をRTやいいねしてくれたり、自身の投稿にコメントしてくれたりするような質の高いフォロワーを増やす必要があります。質の高いフォロワーにフォローされるため意識するべき点を確認してみましょう。

エンゲージメント率が高いことが重要

ただフォロワーを増やしても意味がなく、エンゲージメント率が高いことが重要です。Twitter(ツイッター)における「エンゲージメント」とは、ユーザーがツイートに対したクリック・リツイート・リプライ・フォロー・いいねを含んだ反応の合計回数のことを言います。エンゲージメント率は、「エンゲージメント ÷ インプレッション数 × 100」で算出できます。多くのフォロワーがリツイートやいいねをしてくれるエンゲージメント率の高い投稿をすることで、フォロワー以外のユーザーにもあなたのツイートが表示されます。自分のアカウントに興味を持ってくれるターゲットにフォローしてもらうには、できるだけ多くのユーザーにツイートを見てもらう必要があります。多くのユーザーに見てもらうためにも、質の高い投稿でツイートのエンゲージメント率を上げるのはもちろん、ツイートに対して反応してくれるエンゲージメントが高いフォロワーを増やすことが重要です。仮にフォロワーが少ない状態でも、いいねが多いアカウントを目指すと良いでしょう。

エンゲージメント率を上げるためのポイント

エンゲージメント率の高いツイートを投稿するためには、以下の点を意識してツイートをしてみましょう。

  • ターゲットが興味を持つ内容のツイートをする
  • ターゲットに共感されるような内容のツイートをする
  • ターゲット目線でツイートの内容を作成する

また、エンゲージメントの高いユーザーにフォローしてもらうためには、上述の「フォロワーを増やすための運用のポイント」の5点を押さえて運用することが重要です。

  • ターゲットとアカウントの目的を明確にする
  • ターゲットに向けたプロフィールにする
  • リプライや引用RT(リツイート)で積極的に交流する
  • 投稿時間を工夫する
  • ターゲットに向けたツイート量を担保する

このように、エンゲージメント率が高い投稿をしながら、エンゲージメントが高いフォロワーを獲得していくことを意識して運用していきましょう。

フォロワーが少ない原因を理解して対策を実践しましょう

Twitter(ツイッター)アカウントのフォロワーが少ない原因について解説しました。プロフィールページに魅力がないことやツイートの数が偏っているなど、フォロワーが少ないアカウントにはいくつかの共通点があります。フォロワーを増やしたい方は、なぜ自身のTwitterアカウントのフォロワーが少ないかを明確にしたうえで、アカウントの運用に役立てましょう。また、Twitterでフォロワーを増やすポイントについても解説しました。Twitterアカウントを運用し始めて、なかなかフォロワー数が増えずに悩んでいる方は、運用のコツを確認して運用に取り入れてみましょう。効率的に運用するには、ツールの使用もおすすめです。自身のツイートのエンゲージメント率を常に確認するためにもツールを使用を検討してみてはいかがでしょうか。

Twitterにおいて、フォロワーを増やしエンゲージ高めるには

ダッシュボード

70万アカウントで使われているTwitterマーケティングのためのツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やし、エンゲージメントを高めることができます。

関連記事

すべての記事を読む

Twitterでフォロワーを増やした人におすすめの記事

おすすめ記事

すべての記事を読む
70万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc