social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)を自動化する方法!おすすめの自動化ツールをご紹介。

Twitterマーケティング投稿日:2019年12月17日更新日:2020年2月22日

Twitter(ツイッター)の管理を自動化する方法について解説します。Twitterの運用は作業量が多く、多くの時間を割いてしまい負担が大きくなっている方が多いのではないでしょうか。ツールを使用しTwitterの管理を自動化することで、アカウントの運用にかかる時間を短縮して効率良く運用ができます。自動化ツールについての理解を深めて、Twitter運用の効率化につなげましょう。
自動リツイートをする方法を調べている人

Twitter(ツイッター)運用を自動化するメリット

Twitter(ツイッター)の運用を自動化するメリットは、運用にかかっていいた無駄な手間を省いて運用にかかる時間を短縮できることです。アカウントを運用する際に、フォローしているアカウントをひとつひとつチェックしたり、ツイートしたいタイミングにテキストを毎回作成するのは多くの時間が奪われてしまいます。そのため、ツールを導入しアカウントを自動化することによって効率的に運用ができます。

Twitter(ツイッター)自動化におすすめのツール

Twitter(ツイッター)のアカウントを効率的に運用するには、自動化ツールを導入することをおすすめします。ここでは、おすすめの自動化ツールについて特徴までご紹介します。
最適なツールを導入する参考にしてください。

おすすめの多機能ツール「Socialdog」

「Socialdog」は、Twitter(ツイッター)の運用にかかる様々な業務を自動化してくれる多機能ツールです。無料版と有料版で利用できる機能は変わってきますが、基本的な機能は無料で利用できます。

機能

「Socialdog」は以下の5つの機能を自動化できます。

  • 投稿スケジュール管理・予約投稿
  • RSS自動投稿
  • フォロワーバッグ率
  • フォロワー分析
  • 時間帯曜日分析

投稿予約や投稿スケジュールの管理以外にも、フォロワーバック率やフォロワー分析などの分析をわかりやすく自動でグラフ化してくれる機能も備わっています。Socialdogを使用することで、運用に必要な分析を網羅的かつ効率的に実施でき、運用を加速できます。

使い方

ここでは、「SocialDog」の使い方を解説します。

SocialDogにログインすると上の画像のようなトップ画面が表示されます。
上の「ツイート」の項目をクリックすると、あらかじめツイートを作成して投稿の予約や投稿の時間指定が設定できます。

トップ画面から「分析」をクリックすると画面一面に上の画像が表示され、フォロワーの獲得分析をグラフで確認できます。下にスクロールしていくと「フォローバック率」「フォロワーのフォロー継続率」も確認できます。

フォロー&アンフォローの自動化におすすめのツール

フォロー&アンフォローの自動化におすすめのツールを紹介します。フォローやアンフォロー作業は手作業で行うと多くの時間を取ってしまいます。フォロー&アンフォローを自動化して効率的にフォロー管理を行いましょう。

鬼ったー

鬼ったーは自動フォローの専門ツールです。自動フォローしたアカウントから一定期間反応がない場合は、自動的にアンフォローしてくれます。ただし、分析機能や予約投稿機能はついていないので、フォロー管理以外も自動で運用したい方には不向きです。

フォロー解除AZ

フォロー解除AZは、フォローバックされていないアカウントへのアンフォローに特化した自動化ツールです。登録すると、自分のことをフォローバックされていないアカウントの総数が一覧で表示され、フォロー解除ボタンを押してフォローを解除ができます。
アンフォロー作業を重点的に行いたい方におすすめです。

フォロー管理 for Twitter (フォローチェック)

フォロー管理for Twitterのアプリ画像

「フォローチェック for Twitter」は、iOSデバイスにも、Androidにも対応しているフォロー管理アプリです。フォローバックされていないアカウントや、フォロー返ししていないアカウントなどを一括で表示してくれます。また、完全無料で使用できます。シンプルな操作でフォロー管理ができるので、なるべく簡単にフォロー管理がしたい方におすすめです。

自動投稿におすすめのツール

自動投稿におすすめのツールについて紹介します。
決まった時間に毎回投稿テキストを作成してツイートするのは、かなりの手間がかかります。自動投稿のツールを利用して、ツイート操作にかかる手間を省いて効率化を図りましょう。

twittbot(ついっとぼっと)

twittbotは、Twitter(ツイッター)アカウントのつぶやきを自動的に行ってくれる自動化ツールです。無料版でも定期つぶやき機能や自動返信つぶやき機能などを使用できます。時間指定つぶやきを200ツイート、定期つぶやきを700ツイートまで登録できるので、無料版でも十分アカウントを自動化できるところが魅力的です。

socialoomph

socialoomphは、日時指定ツイートや自動投稿などを設定できる自動化ツールです。さらに、フォローしてくれた人に自動でダイレクトメッセージを送れる設定もあります。無料版でも5つのアカウントの管理が可能なので、複数のアカウントを運用している方におすすめです。海外向けのツールでサイトが英語で表記されているためわかりずらいのが難点です。

Twit Delay

日時を指定した予約投稿に特化した自動化ツールです。Twit Delay、はTwitter(ツイッター)のアカウントと連携するだけで登録不要で使用できるので、気軽に利用を開始できます。最大30日先までの日時を指定してツイートを予約することが可能です。最大で100ツイートまでしか予約ができないため、100以上ツイートしたい方にはおすすめできません。

Twitter(ツイッター)の自動化規制に注意

Twitter(ツイッター)の自動化の規制について説明します。自動化に関して禁止はされていませんが、一部の自動化機能はTwitterルールに触れていると判断され、アカウントが凍結してしまう恐れがあります。
Twitterの規制範囲を理解して、注意しながら自動化ツールを使用しましょう。

twitterの自動化ルール

Twitter(ツイッター)アカウントの自動化に関して、公式ルールで自動化の禁止事項を以下のように定めています。

してはならないこと

  • Twitterのルールやポリシーに違反する。攻撃的な行為や利用者のプライバシーに関するルールについては特に注意してください。
  • Twitter APIを悪用したり、レート制限を回避しようとする。
  • Twitterのウェブサイトを操作するスクリプトを作成するなど、API以外の方法で自動化する。このような方法で自動化した場合、アカウントが一時的にロックされるか、永久凍結されることがあります。
  • スパム送信や迷惑行為を行う、または利用者に一方的にメッセージを送信する。

自動化ルール

アカウントを自動化することで他のアカウントへ迷惑行為を行ったり、悪用目的でツールを使用してはいけません。

過剰な自動化操作はアカウントの凍結リスクあり

自動化ツールを使用して過剰にアカウントを運用すると、Twitter(ツイッター)の公式ルールのスパム行為に該当する可能性があります。

Twitterでは、人々が他者とつながり、信頼できる情報を見つけ、自由かつ安全に自己表現できる場を提供したいと考えています。これを可能にするために、スパムやその他の種類のプラットフォームの操作を禁止します。プラットフォームの操作とは、Twitterを利用して、他者の誤解を招き、快適性を阻害する、大量、過剰、虚偽的な行動に加担することと定義します。プラットフォームの操作とスパムに関するポリシー

Twitterの公式ルールに記載されている通り、大量のツイートを行うなどの過剰な運用はスパム行為と判断されてしまう可能性があるので、ツールを使用する際は適切な使い方を心得ましょう。
また、Pythonを使用してのアカウントの自動化も凍結リスクがあるので気を付けましょう。

Twitter(ツイッター)自動化違反でロックされた場合の対処法

自動化ツールを使用してTwitter(ツイッター)のアカウントをロックされてしまった時の対処法について説明します。もしものときに備えてしっかりと理解しておきましょう。

アカウント凍結とロックの違い

Twitter(ツイッター)のルールに違反してしまうと、アカウントを使えなくなる場合があります。アカウントを使えない状態には、種類があり「凍結」「ロック」の2つがあります。「凍結」は、Twitterの公式ルールに違反した利用者のアカウントが使えなくなることです。「凍結」は、解除ができなくなるもしくは解除に時間がかかる可能性があります。凍結には永久にアカウントの復活ができない「永久凍結」も存在しており、その名の通り凍結を解除することは難しいです。

また、「ロック」は凍結とは違いイエローカードのようなもので、Twitterへの異議の申立てや電話番号を使用して解除ができます。

電話番号を使って解除する

アカウントをロックされてしまった場合、電話番号を登録して解除する方法が一般的です。
Twitter(ツイッター)にスマートフォンや固定電話の電話番号を登録し、認証通話の音声案内、または、ショートメールが届くので認証コードを受け取り専用リンクに入力送信するとロックを解除できます。

電話番号を使わずに解除する

電話番号の登録に抵抗がある方は、Twitter(ツイッター)への異議申し立てを行いましょう。下記の空欄に必要事項を記入して送信します。Twitterからの返信メールが来るので返信メールが来るのを待ちましょう。
アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする

異議の申立ては、1回では解除されない場合もあるので、その場合は複数回異議申し立てを試みてください。

リスクを考慮して自動化ツールを導入しましょう

Twitter(ツイッター)の自動化ツールについて説明しました。自動化ツールを取り入れると効率的にアカウントを運用できます。ただし、自動化ツールの使い方次第では、スパム行為とみなされてアカウントロックや凍結してしまうリスクがあります。Twitterのルールをしっかり理解して、アカウントの運用方針に合った自動化ツールを選んでTwitterを効率的に運用しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
30万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x