social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)でツイートが削除できない?原因と対処法を詳しく解説

Twitterの使い方投稿日:2020年1月30日更新日:2020年2月5日

Twitter(ツイッター)でつぶやいた過去のツイートを削除したいという方は多いのではないでしょうか。こちらの記事では、Twitterでつぶやいたツイートを削除できない場合の対処法についてご紹介します。また、効率的にツイートを削除する方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ツイートを削除できない場合にまず確認すべき削除方法

ツイートが削除できない場合に、まず試していただきたい基本の対処法について確認しておきましょう。各端末ごとにツイートの削除方法についてご紹介します。

Android公式アプリでツイートを削除する方法

まず、Androidの公式Twitter(ツイッター)アプリでのツイートの削除方法についてご説明します。削除したいツイートを選択してタップし、表示したツイートの右上の「∨」をタップします。「ツイートを削除」という項目をタップすれば削除完了です。

iPhone公式アプリでツイートを削除する方法

次に、iPhoneの公式Twitter(ツイッター)アプリでのツイートの削除方法についてご説明します。Androidと同じく、削除したいツイートをタップして、表示したツイートの右上の「∨」をタップします。「ツイートを削除」という項目をタップして削除完了です。

PCでツイートを削除する方法

最後に、PC版Twitter(ツイッター)でのツイートの削除方法についてご説明します。削除したいツイートをクリックし、表示されたツイートの右上「∨」をクリックします。クリックすると赤文字で「削除」という項目が表示されるので、クリックしたら削除完了です。

それでも削除できない場合の対応方法

ウェブ版のTwitter(ツイッター)や公式アプリからツイートを削除したはずなのに、ツイートが残ってしまっている場合があります。ツイートが削除できない場合の主な原因と対処法について解説します。

キャッシュを削除する

残ってしまったツイートを削除する方法の1つに、キャッシュを削除する方法があります。Twitter(ツイッター)のキャッシュ機能と削除方法についてご説明します。

キャッシュが原因でツイートが残る

Twitter(ツイッター)にはキャッシュ機能がついています。そもそも、「キャッシュ機能」とは、一度読み込んだツイートや画像、動画などを一時的に保存しておく機能です。リツイートした後にリツイートを取り消したツイートが表示されてしまう場合もキャッシュ機能が原因です。

キャッシュの削除方法

ここからは、キャッシュの削除方法について解説します。

《iPhoneの場合のキャッシュ削除方法》

  1. iOS版公式Twitter(ツイッター)アプリの「設定とプライバシー」を開く
  2. 「データ利用の設定」をタップする
  3. 「ウェブサイトストレージ」を選択
  4. 「ウェブページストレージを削除」を実施

《Androidの場合のキャッシュ削除方法》

Androidの場合は、Twitterの公式アプリからキャッシュの削除ができないので、端末の設定画面から行います。

  1. 端末の設定画面の「アプリと通知」をタップする
  2. 「アプリ」をタップして、「Twitter」をタップする
  3. 「ストレージ」をタップする
  4. 「キャッシュを消去」をタップする

また、PCでキャッシュを削除する場合はお使いのブラウザによって削除方法が変わってくるため、各ブラウザのサポートサイトを参考にしてみましょう。

フォロワーのキャッシュが残っていることもある

キャッシュを削除しても、フォロワーのキャッシュが残っていると、ツイートが削除されずに残ってしまうことがあります。ツイートの場合は、自身のキャッシュを削除することで残ってしまったツイートを削除できます。一方で、リツイートの場合は、自分のキャッシュを削除してもフォロワーのキャッシュが残ってしまっている場合があり、リツイートが削除されないことがあります。ただし、キャッシュは常に更新されるため時間が経てば削除されます。

Togetter(トゥギャッター)から削除する

公式Twitter(ツイッター)からツイートを削除できない原因には、ツイートをまとめる便利ツール「Togetter」を使用していることも考えられます。ここでは、Togetterが原因でツイートを削除できない場合の対処法について解説します。

Togetterにツイートが追加されていることが原因でツイートが残る

Togetterとは、ツイートをまとめて見やすく表示できる便利ツールです。Togetterにツイートを追加している場合、ツイートを公式Twitter(ツイッター)から削除しても、削除されずツイートが残ってしまいます。したがって、公式TwitterだけではなくTogetterからもツイートを削除する必要があります。

togetter

Togetterの削除方法

Togetterでのツイートの削除方法は以下の通りです。

  1. 削除したいツイートが使用されているまとめを開く
  2. ページ右上に表示されている「▼」をクリックする
  3. 「ツイートを削除する」をクリックする
  4. 削除したいツイートの左にあるチェックボックスを選択
  5. 「選択したツイートを削除する」をクリックする

RSSに登録されていたツイートは削除できない

RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。Twitter(ツイッター)アカウントのRSSを取得することによって、RSSを取得以降のツイートをすべて確認できます。もし、自身のアカウントのRSSをフォロワーなどが取得している場合は、自身がツイートを削除してもRSSを取得している相手からは削除できません。

その他の削除方法

ここまで、削除できない場合の基本の削除方法と、キャッシュを削除してツイートを削除する方法をご説明しました。ここでは、ツイートを効率よく削除する方法についてご説明します。

一括削除する方法

公式のTwitter(ツイッター)アプリでは、ツイートの一括削除はできませんが、Twitter(ツイッター)用の便利ツールをPCから使用することによって一括削除が可能です。一括削除が可能な便利ツールを、以下に3つ選出しました。

  • 黒歴史クリーナー
  • ツイートの一括削除ツール!
  • TweetDeleter

ツイートの一括削除に特化した便利ツールついて詳しく知りたい方は、下記の記事で説明しているのでぜひ参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)でツイートを一括で全削除するのにおすすめのツールと注意点について解説。

複数を選択削除する方法

削除したいツイートをいくつか選択して削除したい場合も、一括で削除する方法と同様に公式Twitter(ツイッター)からはできないため、便利ツールを使用する必要があります。下記はツイートの複数削除に特化した便利ツールです。

  • TweetEraser
  • TweetDeleter

複数のツイートを選択して削除することに特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)でツイートを選択してまとめて削除する方法について解説! おすすめのツールや使い方もご紹介。

ツイートの削除には外部要因も関係する

Twitter(ツイッター)のツイートが削除できない場合に考えられる原因と対処法についてご紹介しました。ツイートを削除できない場合には、Twitterのキャッシュ機能や便利ツールの使用などが考えられます。ツイートの削除ができない原因をしっかりと理解して正しい対処法を施しましょう。また、大量のツイートを削除する場合や複数のツイートを削除する場合にはツイート削除に特化した便利ツールを使用して効率よくツイートを削除しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
10万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x