social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by. socialdog

フォロワーを増やすために導入すべきツールとは?ツールの選び方から徹底解説

Twitter(ツイッター)の片思いユーザーを効率的にリムーブする方法とは。おすすめのツールやアプリについてもご紹介

Twitterマーケティング投稿日:2018年11月29日 更新日 :2021年2月16日

Twitter(ツイッター)で片思いのユーザーを効率的にリムーブ(フォロー解除)するには、ツールが便利です。ただし、どのツールでも良いというわけではなく、機能性や料金、安全性を考慮してツールを選ぶことが大切です。この記事では、ツール選びのポイントと、片思いユーザーのリムーブに適した厳選おすすめツールをご紹介します。ツールを使ってフォロー解除し、フォロワーを整理しましょう。

Twitterの片思いユーザーをフォロー解除する人

Twitter(ツイッター)で片思いのリムーブ(フォロー外し)はなぜ必要なのか

リムーブが必要な理由は、大きく以下の2点です。

  • フォロー数の獲得
  • タイムラインの整理

まず、フォロー解除をすることで新たなフォローの獲得に繋がります。Twitter(ツイッター)ではフォロー数が2,000人を超えると、今後フォローできる数に制限がかけられます。Twitter公式ではどのように制限がかけられるか公開されていませんが、2,000人に達した場合、フォローできる数はフォロワーの1.1倍になるといわれています。たとえば、2,001人目をフォローしようとした場合、1,819人(2,001÷1.1)のフォロワーが必要です。多くのフォロワーを獲得しているアカウントであれば問題ありませんが、フォロワー数が少ない場合はフォロー解除する必要があります。2,000人以上のユーザーをフォローするためには、片思いユーザーや非アクティブなユーザーをフォロー解除し、フォロー数を調整しましょう。

リムーブが必要な理由の2点目は、タイムラインの整理です。タイムラインは、最新のツイートが表示され、フォロー数が多ければ多いほど、タイムラインに流れるツイートも増えます。あまり交流のないアカウントを多くフォローしている場合、重要なツイートを見逃してしまう可能性があります。ツイートを見逃さないためにも、リムーブでタイムラインを整理しましょう。

Twitter(ツイッター)の片思いをリムーブするにはツールが便利

Twitter(ツイッター)の片思いをリムーブするには、効率的に解除できるツールが便利です。手作業でもフォローを解除することはできますが、ツールを使えば簡単な操作でリムーブできるため、効率的にフォローを整理できます。

なお、ツールによって料金や備えられている機能は異なります。ツールの特徴を掴んで、ご自身が使いやすいツールを試してみましょう。

片思いのフォローを解除できるおすすめツール7選

片思いユーザーを効率的にフォロー解除できるおすすめツールをご紹介します。機能や特徴を理解して、自分にあったツールを探しましょう。個別で削除できるツールと一括で削除できるツールに分けてご紹介します。

個別削除ができるツール

まず、個別で削除できるツールについてご紹介します。個別で削除できるツールは、片思いユーザーを効率的に確認して削除できます。それぞれの特徴を掴んで運用に活かしましょう。

SocialDog

SocialDogの公式サイト

SocialDog」は、Twitter(ツイッター)に特化した運用効率化ツールで、片思いユーザーだけを抽出してくれます。「フォロー管理」画面から簡単に片思いユーザーを確認でき、同じ画面上で個別にフォロー解除もできるのでスムーズに作業をこなせます。さらに、非アクティブなアカウントも通知してくれるため、使われていないアカウントの削除にも役立つツールです。

また、SocialDogは、片思いアカウントの抽出以外にも多彩な機能が備わっています。たとえば、あらかじめ投稿を予約できる予約投稿機能、特定のキーワードを含むツイートを自動収集するキーワードモニター機能、フォロワーの増減やツイートの効果を確認できる分析機能など、あらゆる機能が利用できます。

これらの機能はプランごとに制限があります。無料プランでは、予約投稿10件、キーワードモニターに登録できるキーワード数が3件、分析可能期間が3ヶ月に対して、有料プランのLite+(月額980円)では、予約投稿30件、キーワードモニター10件、分析可能期間が1年です。さらに、Pro(月額4,980円)やBusiness(月額9,800円)プランに加入すれば予約投稿無制限やキーワードモニターが100件まで利用でき、さらに複数ユーザーでの管理やデータのCSVダウンロードも可能になります。

SocialDog

片思いチェッカー

片思いチェッカーの公式サイト

片思いチェッカーでは、片思いユーザー、片思われユーザー、相互フォローユーザーを確認できるツールです。ただし、片思いチェッカーができるのは確認のみで、フォロー解除機能は備わっていません。

片思いチェッカーではアプリ連携なしでユーザーを確認することができます。アプリ連携で情報漏洩が不安という場合は、片思いチェッカーは比較的安全かもしれません。ただし、フォローフォロワー数が多い場合はアプリ連携が必要です。片思いユーザーや片思われユーザーをすぐに確認したいという方には、片思いチェッカーがおすすめです。

片思いチェッカー

えごったー

えごったーの公式サイトの画像

えごったーは、無料で片思いユーザーをフォロー解除ができるツールです。片思いユーザーの他に、以下のユーザーも確認できます。

  • 片思われユーザー
  • 両思いフォロー(相互フォロー)
  • 非アクティブフォロー
  • 非アクティブフォロワー
  • フォロー解除したユーザー
  • フォロー解除されたユーザー
  • ブロックされたユーザー

さまざまなユーザーを検索できるため、ユーザーの管理ツールにも役立ちます。さらに、分析機能も備わっています。

えごったー

一括削除ができるツール

ここからは、片思いユーザーをフォローを一括でリムーブできるツール・アプリをご紹介します。一括でリムーブできると、溜まったフォロー数を手間をかけずに簡単に減らせます。ツールに搭載されてある機能をそれぞれ理解しましょう。

SNSTOOLS

SNSTOOLSは、Twitter(ツイッター)だけではなくInstagramやYouTubeにも対応している便利ツールです。SNSTOOLSを使えば、Twitterでフォローを一括で削除してフォロー数を0人にすることが可能です。また、相互フォローしていないユーザーも削除でアカきて、アカウントを認証するだけで簡単に始められます。他のSNSも同時に管理したい方におすすめのツールです。

SNSTOOLS

フォロー管理for Twitter

フォロー管理for Twitterのアプリ画像

フォロー管理for Twitterは、一括フォロー、一括フォロー解除、一括ブロック機能が備わった多機能ツールです。フォロー管理for Twitterは片思いユーザーや1ヶ月以上ツイートしていないユーザーに絞り込み、一括でフォロー解除することができます。SocialDogとの違いは、分析や予約投稿機能が備わってないこととスマホアプリであることです。フォロー管理for Twitterは機能が少ない分、アプリのため、機動性は優れています。

iPhoneはこちら

フォローチェックfor Twitter

フォローチェックfor Twitterのアプリ画像

フォローチェックfor Twitterはユーザー管理に特化したツールです。フォロー解除はもちろん、一括フォロー、一括ブロック、さらには、フォロワー確認機能が非常に充実しています。フォロワー確認とは、アカウントのフォローとフォロワーをツイートの多い順や人気の高い順に並べ替え、一括で整理と管理ができる機能です。フォローやフォロワー数が多い場合は、ユーザーを一括管理できるフォローチェックfor Twitterがおすすめです。ただし、分析機能は搭載されていないため、アカウントを分析することはできません。

iPhoneはこちら
Androidはこちら

リムーブリップス

リムーブリップスは、無料で使える片思い一括リムーブツールです。アカウントと連携すると、片思いユーザーが一覧で表示されます。デフォルトでは、すべてのユーザーを解除する設定になっているため、フォローを解除したく無いアカウントがあればアカウントのチェックを外します。使い方が簡単で無料で利用できるため、多くのユーザーに利用されているツールです。なお、リムーブリップスはスマホアプリの配信はありません。

リムーブリップス

ツールを選ぶポイント

片思いユーザーを簡単にリムーブできるツールですが、先ほどご紹介したようにさまざまな種類があります。自身に最適なルーツを選ぶためには、以下の4つのポイントをおさえましょう。

  1. 料金
  2. 口コミ
  3. 安全性
  4. 機能

それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

料金

ツールを選ぶポイントの1点目は料金です。基本的にツールは無料と有料の2種類あり、その違いは主に機能です。たとえば、無料ツールの場合は1日のフォロー解除数が50件、有料ツールであれば100件など無料ツールには機能に上限が設けられていることがあります。

ただ、個人でTwitterを利用しているのであれば、無料ツールで十分です。企業のマーケティングとしてTwitter(ツイッター)を運用しているのであれば、フォローやフォロワー数に応じて機能数の多い有料ツールの利用を検討した方がいいかもしれません。

口コミ

ツールを選ぶポイントの2点目は口コミです。口コミにはそのツールの使い勝手が評価されています。自分で利用する前に、まずは他のユーザーの口コミをチェックしてみましょう。

あまりにも評判が悪いツールはスパムツールの可能性があります。スパムツールを利用すると、ツールを通じてアカウントの乗っ取りや情報を盗用される恐れがあります。スパムツールは絶対に利用しないでください。もしスマプツールを利用してしまった場合は、アカウント連携を解除しましょう。

安全性

ツールを選ぶポイントの3点目は安全性です。ほとんどのツールはアカウントとツールを連携して使用します。連携することによってアカウント情報がツールにも反映されるため、悪質なツールの場合、アカウント情報を引き抜かれて乗っ取られてしまう可能性もあります。

安全性は口コミと知名度で、ある程度確認することができます。知名度に関しては、利用者数の多いツールは比較的安全性が高いと言えます。知名度が高く、長年利用され続けているツールを選びましょう。

機能

ツールを選ぶポイントの4点目は機能です。ツールは単機能ツールと多機能ツールに分けられます。単機能ツールとは、1つのツールに1つの機能しか備わっていないツールです。片思いチェッカーやリムーブリップスは単機能ツールです。

一方で多機能ツールとは、1つのツールに複数の機能が備わっているツールです。日常的に、フォロー解除やフォロー、ブロックを多く行うのであれば、多機能ツールがおすすめです。複数の単機能ツールを利用するより、多機能ツール1つを利用する方が効率的であり、スパムツールを使ってしまう可能性も低くなります。

ツールを使用する際の注意点

ツールを使用すると効率的に一括でフォロー解除できますが、解除のし過ぎに注意しましょう。Twitter(ツイッター)では、以下の行為をスパム行為とみなします。

特に、自動化されたアプリやツールを使用して、短期間に多数のアカウントのフォローまたはフォロー解除を行った場合(過剰なフォローまたはフォロワーチャーン)

引用元:Twitterルール

ツールを使って短期間にフォロー解除を行うとスパム行為と見なされ、アカウントを凍結される恐れがあります。特に一括フォロー解除ツールを使うと、過剰にフォロー解除をしてしまう可能性があります。ツールを使用する場合は、短期間で大量にフォロー解除を行わないようにしましょう。1日の解除数の目安としては、フォロワー数の1割程度です。

片思いユーザーはツールで一括解除しましょう

片思いユーザーを効率的に削除できるツール・アプリについてご紹介しました。フォロー解除は、フォロー数の獲得やタイムラインの整理に必要です。特に、短期間でフォローを大量にした方は、一度フォローやフォロワーを見直し、必要に応じてフォローを外していきましょう。

フォロー解除は、ツールを使うことで、効率的かつ一括で解除することができます。さまざまなツールが登場しているので、一度ご自身で使用してみて最適なものを選びましょう。ただし、短期間のフォロー解除はスパム行為とみなされます。ツールを使う場合は、1日のフォロー解除数の上限を設けて、Twitter(ツイッター)ルールやツールの規則に従って利用しましょう。

Twitterにおいて、フォロワーを増やしエンゲージ高めるには

ダッシュボード

60万アカウントで使われているTwitterマーケティングのためのツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やし、エンゲージメントを高めることができます。

関連記事

すべての記事を読む

Twitterのフォロー・フォロワーの整理を行いた人に役立つ記事

おすすめ記事

すべての記事を読む
60万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc