social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by. socialdog

フォロワーを増やすために導入すべきツールとは?ツールの選び方から徹底解説

Twitter(ツイッター)のフォロワーが増えない理由とは。フォロワーの増やし方も解説

Twitterマーケティング投稿日:2019年2月28日 更新日 :2021年6月27日

Twitter(ツイッター)でフォロワーが増えず、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。この記事では、フォロワーが増えない原因とフォロワーの増やし方を解説します。また、Twitterの運用を効率化してくれる便利なツールについてもご紹介します。運用を効率化したい方は、積極的にツールを取り入れて運用してみましょう。

Twitter(ツイッター)のフォロワーが増えないことに悩んでいる人の画像

Twitter(ツイッター)でフォロワーが増えない理由とは

Twitter(ツイッター)のフォロワーが増えないアカウントにはいくつかの共通点があります。ここでは、フォロワーが少ないアカウントの特徴や注意点について解説します。フォロワーが増えずに悩んでいる方は、まずは以下のポイントを確認してみましょう。

フォロワーが増えないアカウントの特徴

最初にフォロワーが少ないアカウントの特徴についてご紹介します。フォロワーが増えにくいアカウントには、ある程度共通の理由があります。自身のTwitter(ツイッター)アカウントが以下のポイントに該当するかどうか確認して、フォロワーが増えない理由を確認しましょう。

ツイート頻度が極端

フォロワーが増えにくいアカウントの特徴の1つめは、ツイート頻度が極端に多いまたは少ないことです。ツイート頻度が多すぎると、タイムラインがそのアカウントのツイートで埋まってしまい、迷惑と思われる可能性があります。反対に、ツイート頻度が少なすぎると、フォローしている意味がなくなってしまいます。

ただし、ツイート頻度が極端であってもフォロワーが増えることもあります。たとえば、有名人や芸能人のTwitter(ツイッター)アカウントはツイートの投稿頻度が少なくても多くのフォロワー数を抱えています。つまり、そもそも認知度の高いアカウントは、ツイート頻度がフォロワーの獲得に大きく影響しません。

ツイート内容が宣伝やRT(リツイート)ばかり

フォロワーが増えにくいアカウントの2つめの特徴は、ツイート内容のほとんどが他人のツイートのRT(リツイート)や宣伝ばかりとなっていることです。宣伝や広告しか投稿しないアカウントをフォローしても、フォロワーのタイムラインは宣伝ばかりになってしまいます。Twitter(ツイッター)ユーザーは、自分にとって有益な情報を提供してくれるアカウントをフォローする傾向にあるため、宣伝やリツイートばかりではフォロワーの獲得には繋がりづらいです。

ただし、こちらの特徴に関しても例外はあります。たとえば、有名人がフォロワーに役立つ情報をツイートしていなくても多くのリプライが送信されることもあります。

FF比率のバランスに偏りがある

フォローされにくいアカウントの特徴の3つめは、FF比率のバランスが偏っていることです。FF比率とはフォロー数とフォロワー数の比率のことです。フォローのみが偏って多いアカウントは、人気がないと捉えられる可能性が高く、フォロワーの獲得に繋がりにくい傾向にあります。一方で、フォロワー数の多いアカウントは、人気アカウントと見なされてフォローされやすくなります。フォロワーを増やすには、人気アカウントの度合いを示すFF比率のバランスも重要です。

プロフィールがきちんと設定されていない

次に、プロフィールがきちんと設定されていないこともフォロワーが増えにくいアカウントの特徴です。フォローするかどうかを検討する際には、アカウントのプロフィールページを訪問して詳細なアカウントの情報を得た上でフォローを判断する可能性が高いため、プロフィールはフォロワー獲得に非常に重要な役割を果たしています。そのため、プロフィールをきちんと設定していないとどのようなアカウントか分からず、フォローに繋がりにくくなります。

タグの使いすぎ

投稿しているツイート内に複数のタグを付けていることも、フォロワーが増えにくい特徴の1つです。Twitter(ツイッター)のハッシュタグは、同じタグを付けているツイートを抽出することができます。同じ趣味をもっているなどの共通点から自身のツイートを見てくれるアカウントが増える可能性があります。しかし、このタグを1ツイート内に何個もつけるとツイートがタグばかりになってしまい、ツイートに有益性が感じられずユーザーはフォローに至りません。

連携しているSNSのツイートばかり

最後に、他のSNSアカウントの更新情報ばかりをツイートしていることも、フォロワーが増えにくいアカウントの特徴として考えられます。例えば、企業のTwitter(ツイッター)アカウントで、他のSNSアカウントの更新情報ばかりをツイートしていては、フォローして得ることができる情報がなく、ユーザーは良い印象を抱きにくくなります。

フォロワー表示に関する注意点

ここからは、フォロワー表示に関する注意点を解説します。フォロワーがなかなか増えない場合は、Twitter(ツイッター)の不具合によってフォロワー数の表記にバグが発生していることも考えられます。フォロワー表示がおかしい場合には、以下の情報を確認してみましょう。

バグの可能性がある

フォロワーが増えたにもかかわらず、自身のプロフィールページにきちんと反映されない場合は、Twitter(ツイッター)のバグの可能性があります。Twitterでは、長時間続けて利用することで最新情報の更新が滞り、フォロワーが正しく表示されないという事例が発生しています。

Twitterのスマートフォンアプリを利用してバグが発生した場合には、アプリを再起動してみましょう。また、WebからTwitterを利用していた場合には、タブを消して再度ログインしてみることも有効です。

フォロワー数と表示が合わない

フォロワー表示に関する注意点の2点目は、プロフィールページのフォロワー欄の数と、フォロワー一覧に表示されるアカウントの数が違う場合があることです。これは、Twitter(ツイッター)の機能である「クオリティフィルター」によって起こる事態です。クオリティフィルターがONの状態では、フォロワーの中のスパムアカウントもしくはその疑いのあるアカウントが一覧に表示されず、プロフィールページの数と表示されるフォロワーの数が異なる可能性があります。

Twitter(ツイッター)のフォロワー数の増やし方【運用編】

ここからは、Twitter(ツイッター)の運用で活かせる、フォロワーを増やす方法を解説します。Twitterでフォロワーを増やすには、基本的に新規フォローを行う必要がありますが、新規フォロー以外にも「運用」でフォロワーを増やす方法は多くあります。フォロワーを増やせる運用方法を理解して、アカウントの更なるフォロワー増加に繋げましょう。

フォロワーを増やすためにすべきこと

運用の工夫でフォロワーを増やすためには、自身のアカウントに興味や関心がありそうなユーザーにアクションを起こすことはもちろん、フォロー整理やツイート量の担保も必要です。Twitter(ツイッター)上のアクションとは、いいねやRT(リツイート)、フォローといった操作のことです。ここでは、いいねとRT、新規フォローを行った際のフォロワーが増える方法や、フォロ―整理やツイート量を担保してフォロワーを増やす方法をご説明します。

いいねやRT(リツイート)

自身に関連するキーワードを含むツイートなどに対していいねやRT(リツイート)を行うことで、自身に興味のありそうな潜在的なフォロワー対して自身の存在をアピールできます。

Twitter(ツイッター)ユーザーの多くは、自身のツイートに対していいねやRTが行われた場合に通知が来るように設定している可能性いため、潜在的なフォロワーに対して効率的にアピールできます。

新規フォロー

潜在的なフォロワーに対しては、新規フォローを行って相手のフォローバックを待つ方法もあります。新規フォロー操作を行う際には、自身に関連するキーワードを含むツイートを行なっているユーザーをフォローすることで、潜在的フォロワーにアピールすることができ、効率的にフォロワーを増やすことが可能となります。また、関連キーワードを含むプロフィールを持つアカウントも潜在的なフォロワーとなります。

なお、新規フォローをする際には、Twitter(ツイッター)で定められている「フォローチャーン」に該当しないように気を付けましょう。「フォローチャーン」とは、フォローとフォロー解除を大量に繰り返す作業のことであり、Twitterの規定にて禁止されています。

FF比率の調整を行う

フォロワー増加のために、FF比率を調整することも有効です。FF比率は「フォロワー数÷フォロー数」で算出することができ、調整することでプロフィールページの訪問者に違和感を抱きにくくさせることができます。FF比率は最低でも0.7を下回らないようにすることが大切です。FF比率を調節するには、フォロー解除作業を行う必要があります。フォロー解除を効率的に行う方法について知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)でフォロー解除する方法。フォロー解除の通知や確認方法について

ターゲットに向けた投稿量を担保してフォロー継続率を高める

フォロワー数を増やすためには、新規のフォロワーを増やすだけではなく、今いるフォロワーを減らさずに継続させることも大切です。フォロワーの継続率を上げるためには、ツイート内容を工夫して定期的に十分な量のツイートを投稿するのが有効です。ユーザーは、自身のツイートが面白かったり有益であったりすることでアカウントをフォローします。しかし、有益な情報のツイートが少ないアカウントはフォローの継続に繋がりません。フォロワーのニーズに合わせたツイートを十分な量ツイートして、フォロワーの継続率を高め、新規フォローによるフォロワー増加の効果をさらに向上させていきましょう。

ツイートの効果を測定する

最後に、フォロワーを増加させるにるにはツイートの効果を測定することも欠かせません。単にツイートをしていてもフォロワーを獲得することはできず、その都度ツイートがユーザーに刺さったかどうかを把握する必要があります。ツイートの効果測定の指標となるのが、エンゲージメント率です。エンゲージメント率とは、ツイートに対していいねやリツイートなどユーザーが起こしたアクションの割合です。このエンゲージメント率が高いほどユーザーにとって有益な情報を提供していると考えられ、フォローしてもらいやすくなるのです。

フォロワーを増やすのにおすすめのツール「SocialDog」

SocialDogの公式サイト

SocialDog」は、Twitter(ツイッター)の運用をより効率的に行うのにおすすめの多機能ツールです。SocialDogを使用することによって、運用にかかる手間や時間を短縮して効果的に運用できます。スムーズにTwitterの運用を行ってフォロワーを増やしたい方は、以下を参考にしてSocialDogの利用を検討してみましょう。

SocialDog

いいねやRT(リツイート)を効率化

潜在的なユーザーに対して自身の存在をアピールができるいいねやRT(リツイート)を行う際には、キーワードによるツイートの検索機能を活用することが有効です。SocialDogには、「キーワードモニター」という機能が搭載されており、自身に関連するキーワードを設定しておくことで、キーワードを含むツイートを抽出してくれます。抽出したツイートに対してSocialDog上でいいねやRTを行えるので、効率的にアクションを起こせます。

フォロー解除の対象を抽出

一定期間フォローバックのないアカウントや、活動のない非アクティブなアカウントは、フォローの継続を検討する必要があります。ただし、そのようなアカウントを手作業で抽出するのはとても時間がかかります。SocialDogでは「フォローされていない」というメニューをクリックするだけで簡単にアカウントを抽出できます。また、フォロワー継続率を自動でグラフ化してくれるため、一目で効果を確認できます。活動のないアカウントも、SocialDogの「フォロー管理」をクリックしてサイドメニューの「非アクティブ」をクリックすると簡単に抽出できます。

様々な観点での分析

フォロワーを増やすためには、ツイートの効果や適切な投稿時間などを分析する必要があります。SocialDogは、ツイート分析、フォロワー獲得分析、フォロワー分析の3つの項目からTwitter(ツイッター)アカウントを分析します。

ツイート分析では、いいねやリツイートなどのエンゲージメントの獲得数の推移をグラフで確認でき、さらにエンゲージメント率が高い時間帯も分析できます。フォロワー獲得分析では、フォロワー数の推移に加えて新規フォロワー数やフォロワー解除数も分析できるため、施策を行った際の新規フォロワー獲得や反対にフォロー解除数を把握することが可能です。フォロワー分析では、フォロワーの性別や年齢などの属性を把握できるため、どのタイプのユーザーにフォローされやすいか知ることができます。さらに有料プランに加入すると、フォロワーの興味・関心などより詳しい分析が可能です。

SocialDog

Twitter(ツイッター)の公式ツールもチェック

便利なSocialDogですが、Twitter(ツイッター)には、公式の便利ツール「Twitter Analytics」があります。こちらは、Twitterアカウントの分析を行うことができるツールです。Twitter Analyticsでは、ツイートごとのエンゲージメントやプロフィールページへの訪問数、フォロワーの性別などをグラフで確認できます。Twitterアカウントを持っていれば誰でも利用でき、料金は無料です。Twitterアカウントを分析して、今後のフォロワー増加のために活用しましょう。

Twitter(ツイッター)のフォロワー数の増やし方【アカウント設計編】

Twitter(ツイッター)でフォロワーを増やすためには、運用だけに注力するのではなく、アカウント設計にも注力しましょう。ここでは、アカウント設計で重要なプロフィールとツイートの独自性について解説します。

プロフィールを見直す

上述のように、プロフィールページは、ユーザーがフォローするかどうかを検討する際に非常に重要なポイントとなります。プロフィールは主にアイコン画像とアカウント名、自己紹介文、URLと場所欄に大きく分けられ、それぞれをきちんと設定することでフォロワー増加に繋がります。特に、アイコン画像とアカウント名は、プロフィールページに到達する前から表示されているため、自身のTwitter(ツイッター)アカウントがどのようなアカウントなのかが明確に分かるよう、きちんと設定しておくことが大切です。

自己紹介文は、プロフィールページの訪問者に自身の情報をアピールできるため、160文字の文字数制限ぎりぎりまで活用して自己紹介文を書きましょう。また、Twitterアカウントに関連するURLを入力することで、プロフィールページの訪問者にアピールができます。場所欄については実際にある場所以外に自由にテキストを入力することができるため、自身の属性などを記入してアピールすることも有効です。

イラストの投稿で目を引く方法もある

独自性をつくってブランディングしていくために、プロフィールを充実させることが重要であると解説しました。プロフィールに加えて、ツイートと同時にイラストを投稿して興味をもってもらう方法があります。自身の描いたイラストをTwitter(ツイッター)に投稿するアカウントは「絵垢」とも言われています。以下より、上述のフォロワーが増えない原因を踏まえた上で、イラストを有効活用する方法をご紹介します。

オリジナル性の高いものを投稿する

絵垢の場合は、投稿するイラストの独自性が高いことがポイントです。独自性の高いイラストとは、自身で描いたイラストやオリジナルコンテンツを指します。アカウントを印象づけるイラストを投稿することで、今後のTwitter(ツイッター)アカウントの運用を行う際に活用できます。

RT(リツイート)を増やす

ツイートにイラストを付けて投稿する際に、その投稿やイラストが多くの人に反応され、より多くのRT(リツイート)を得られているかを確認しましょう。面白く、共感でき、役に立つものなどをイラスト化することで、多くの人に評価されていいねやRT(リツイート)してくれる可能性が高まります。RTやいいねをすると、アカウントのフォロワーのタイムラインに表示されるため、アカウントの知名度や認知度を上げるために非常に有効です。ツイートが拡散されるかどうかを意識してツイートを投稿することも大切です。

ツールを使用してフォロワーを増やしていきましょう

Twitter(ツイッター)のフォロワーが増えない原因と改善するための運用方法、運用を効率化できるツールをご紹介しました。フォロワーを増やすためには、潜在的なユーザーに対していいねやRT、フォローなどのアクションを起こすことが有効ですが、Twitter公式から手動で行うと非常に手間や時間がかかってしまいます。これらのアクション作業はSocialDogを利用して効率的に運用することで、運用の効率化を図れます。フォロワーを増やしたい方は、Twitterの運用を効率化するツールを試してみてはいかがでしょうか。

Twitterにおいて、フォロワーを増やしエンゲージ高めるには

ダッシュボード

60万アカウントで使われているTwitterマーケティングのためのツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やし、エンゲージメントを高めることができます。

関連記事

すべての記事を読む

Twitterのフォロワーを増やしたい人におすすめの記事

おすすめ記事

すべての記事を読む
60万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc