social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)のハッシュタグの付け方とは。効果的なハッシュタグの使い方も紹介

ツール投稿日:2020年10月15日更新日:2020年10月15日

「Twitter(ツイッター)のハッシュタグの付け方がわからない」このような悩みを抱えているのではないでしょうか?ハッシュタグをつけることで、ハッシュタグを使った検索に引っかかり、ツイートを大勢の人に見てもらえます。ハッシュタグの付け方を覚えて、より多くの人にツイートを見てもらいましょう。さらに、ハッシュタグの効果的な使い方についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

Twitterの画面

ハッシュタグをつける効果とは

ハッシュタグを使うメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 人気のハッシュタグからトレンドがわかる
  • ハッシュタグによる検索をしてもらいやすくなる
  • ハッシュタグを通して自分の投稿を見てもらえる
  • ツイートのインプレッションが増加する
  • 共通の話題を持ったユーザーと交流をはかれる

ハッシュタグを使うメリットは自分の投稿を見てもらう機会が増えたり、共通の興味を持ったいるユーザーと仲良くなったりすることです。

企業のアカウントなどで活用すると、ファンに向けて自社の商品やサービスの情報を提供できる確率があがります。もちろん個人のツイートにもハッシュタグをつけることができ、共通の趣味を持つユーザーを見つけたり、イベントへの集客が期待できたりします。

Twitterのハッシュタグはもともとあるユーザーが提案して利用され始めたルールでした。それが結果的に様々なユーザーに広まっていき、Twitterが公式にサポートを開始。現在はInstagramやFacebookなど、他のSNSサービスでも利用されています。

ハッシュタグの付け方

上述のように、ハッシュタグを使いこなすことで、より多くのユーザーに効率的にツイートを届けることが可能です。ここからはハッシュタグの付け方を解説します。

基本的なハッシュタグの付け方

ハッシュタグは「#」の後に続けて設定したいキーワードを入力するだけです。ただし、前後にスペースが挿入されているか改行を入れないとハッシュタグとして認識されないので注意しましょう。

例えば、「旅行に行こうとしましたが、カメラを忘れてしまいました。」という文章の「旅行」と「カメラ」をハッシュタグにしたい時は、「#旅行に行こうとしましたが、 #カメラ を忘れてしまいました。」という形になります。

スマートフォンでハッシュタグを入力する場合は半角キーボードに切り替えると、「#」が表示されます。パソコンの場合はShiftを押しながら「3」のキーを入力することで「#」を入力可能です。

実際にツイッターに入力するとわかりますが、ハッシュタグと認識されているキーワードは水色に文字が変化します。「#」の後にハッシュタグにしたいキーワードを入力して水色に変化していたら、そこでスペースか改行を入れるとハッシュタグが完成します。

また、ハッシュタグは文章の最初でも途中でも、最後でも入力可能なのでツイートの好きなところに入力可能です。

複数のハッシュタグを付ける場合

続いて、複数のハッシュタグをつける場合です。ハッシュタグを複数つける場合は一度ハッシュタグを設定してスペースを入れた上で「#」を再度入力しましょう。例えば、「#旅行 #カメラ」といったように連続するハッシュタグの間にはスペースを入れることでハッシュタグと認識されます。

ただし、複数のハッシュタグをつけるときに気をつけなければいけないのは、その数です。原則としてハッシュタグの個数に制限はありませんが、あまりつけすぎてしまうと宣伝感が出てしまいます。また、文字数を圧迫してしまうため、本文で書きたいことが書ききれない場合もあります。

そのため、ハッシュタグは2〜3つ程度がおすすめです。

ハッシュタグを付けるときの注意点

ここまで、ハッシュタグの付け方について解説しました。ハッシュタグは「#」をキーワードの前につけるだけで簡単に設定することができます。ここからは、ハッシュタグを付けるときの注意点について解説します。

「#」の半角全角は関係ない

ハッシュタグをつくる際には、必ず「#」をつける必要があります。その際にハッシュタグの半角や全角のどちらを使えば良いのか迷う人がいますが、半角でも全角でもハッシュタグに適応されます。一般的には半角で使用されることが多いため、半角で使用するのがおすすめです。また、半角でも全角でも文字数の換算は変わりません。

ハッシュタグの前後にスペースが必要

ハッシュタグを入力する際は前後にスペースが必要です。文章に続けてハッシュタグを入力する場合は、文章との区切りをつけるためにスペースを入力する必要があります。

例えば、「みなさんの#写真を見せてください」という文章の場合、#写真の前後にスペースを入れる必要があります。

また、ハッシュタグの前が文章の始めである場合は前のスペースはいりませんが、後ろのスペースは必要です。例えば、「#写真 をたくさん撮ってきました」という文章は「#写真」というハッシュタグからスタートしています。この場合、ハッシュタグ前のスペースは必要ありませんが、後のスペースは必要です。

スペースが入っていないとハッシュタグとして認識されなかったり、必要な言葉までハッシュタグとして認識されてしまうので、必ずスペースで区切るようにしましょう。

ハッシュタグに使えない記号がある

ハッシュタグには、以下のように使えない記号や文字が存在します。

  • #の後にスペースを入れる
  • #の後に数字だけ
  • #の後が顔文字
  • #の後が絵文字

上記のパターンはハッシュタグとして認識してもらえないため、使用できません。「#の後に数字だけ」の場合は数字の後に単語や文章がつけばハッシュタグになります。

Twitterではハッシュタグになる場合、文字の色が水色に変更されます。ハッシュタグになっていない場合は文字が黒色のままなので、文字の色を確認して適用されているか判断しましょう。

ハッシュタグの分析も重要

ハッシュタグをただつければ良いというわけではなく、ハッシュタグを分析して活用することで、より多くのユーザーにツイートを見てもらうことができます。そんなハッシュタグの分析を進めるにはツールを使った分析がおすすめです。ここからはハッシュタグの分析におすすめのツールについて解説します。

SocialDog

SocialDogの公式サイト

SocialDogは、Twitter運用に役立つ機能が豊富なツールです。キーワード検索機能やハッシュタグ検索など、Twitter内にはない機能が豊富にあります。

SocialDogは下記のプランから選んで使用します。

  • Businessプラン:月額9,800円
  • Proプラン:月額4,980円
  • Lite+プラン:月額980円
  • Liteプラン:無料

ハッシュタグの検索機能はBusinessプランに登録することで利用でき、人気のあるハッシュタグを検索できます。Businessプラン以外のプランではハッシュタグ検索が不可能です。個人ユーザー向けに展開しているLite+プランやLiteプランはBusinessプランやProプランよりも機能が少ないです。

Twitter運用に力を入れたい人は機能制限が少ないBusinessプランやProプランを活用しましょう。

また、ツイートの閲覧数が伸びやすいタイミングを分析して、ツイートが見られやすい時間帯に投稿やリツイートができるなど、ツイッター運用には欠かせない機能が揃っています。フォロワーの増加やエンゲージメントの向上、ツイッター運用の効率化などの課題解決が期待できるツールです。

SocialDog

HASHTAGIFY

HASHTAGIFYは関連性の高いハッシュタグを検索する際におすすめのツールです。HASHTAGIFYに1つのハッシュタグを登録すると、関連性の高いハッシュタグについても確認できます。

例えば、「#写真」のハッシュタグを登録した場合、「#カメラ」や「#photography」などの写真に関連したハッシュタグについてもチェックできます。関連性の高いハッシュタグを使うことで、さらに効果の高いツイートが可能です。

また、そのハッシュタグを利用している影響力の高いTwitterユーザーの知ることができるので、ハッシュタグを使ったツイートの参考にしましょう。

HASHTAGIFY

TweetReach

Tweetreach

TweetReachはハッシュタグのリーチ数を調べる際に有効なツールです。指定したハッシュタグが使われている直近のツイート数や想定できるリーチ数を確認でき、どれだけのユーザーにツイートが届くかを確認できます。加えて、ハッシュタグがついたツイートに対するリツイートが多く、拡散に貢献しているユーザーまで検証できるため、明確にハッシュタグによる情報発信に関するデータを確認することが可能です。

TweetReachはハッシュタグに関連したデータを細かく確認できるので、ハッシュタグを使ったプロモーションやインフルエンサーを探す尺に有効なツールです。

TweetReach

ついっぷるトレンド

ついっぷるトレンド

ついっぷるトレンドはツイッターのトレンドを検索するツールとして、長年愛用されています。リアルタイムのホットワードや有名人のランキングも検索可能です。ジャンルごとにハッシュタグを検索できたり、分ごとの投稿数が確認できたりするので、細かいトレンドのデータ収集が可能です。

現在使用されているリアルタイムにおけるハッシュタグの概要を知りたい時に使いたいツールと言えるでしょう。

ついっぷるトレンド

効果的なハッシュタグの使い方

ここまでハッシュタグの分析について解説しました。分析した結果、効果的なハッシュタグを利用することで、より多くのユーザーにツイートを届けることができます。

しかし、効果的なハッシュタグも使い方を間違えると、その効果は減少してしまいます。ここからは効果的なハッシュタグの使い方について解説します。

ツイート内容に関連のあるタグを付ける

ハッシュタグをつける際は必ず内容に関連しているハッシュタグをつけましょう。例えば、ツイート内容が食べ物の話をしているのに対して、ハッシュタグが「#旅行」だとツイートを見ている人が違和感を覚えます。ハッシュタグ検索をしてたどり着いた人が検索してきたハッシュタグと関連していない内容を見ても欲しい情報は得られません。

ハッシュタグを使用して検索しているユーザーが欲しい情報を提供するためにも、本文と関連があるハッシュタグをつけるようにしましょう。

ツイートの単語をハッシュタグにする

続いて、ツイートの文中に出てくる単語をハッシュタグにすることも効果的です。ハッシュタグは「#旅行に行って楽しかった」のような文章ではなく「#旅行」のような単語で使用されることが多く、単語によるハッシュタグを使用した方が多くのユーザーの閲覧が期待できます
また、ユーザーがハッシュタグを検索する際も「#旅行」や「#ディナー」などの単語を使用することが多いです。文章に含まれている単語をハッシュタグとして変換して利用することで、より多くのユーザー見てもらえる可能性が出てきます。

例えば、「今日は新宿で #ディナー に行ってきました」など、一部分をハッシュタグに変換するだけで、普通の投稿文よりもツイートが人の目に触れる可能性が高まります。ツイートの単語をハッシュタグにして、多くの人に見てもらえるようにしましょう。

人気ハッシュタグを付ける

最後に人気の高いハッシュタグを付けることです。上述のSocialDogのような上記で解説したハッシュタグの分析ツールを活用して、人気のハッシュタグを見つけることができます。ハッシュタグの中には使用頻度が多いものがあり、他のユーザーに見られることが多い人気のハッシュタグがあります。人気のハッシュタグを使うことでより多くのユーザーにツイートを見てもらうことができるため、多くの人に情報を発信することが可能です。

ハッシュタグを使ってTwitterを活用しましょう

今回の記事ではTwitter(ツイッター)におけるハッシュタグの付け方や使い方について解説しました。ハッシュタグをつけることで、多くのユーザーに情報発信することができます。ハッシュタグを効果的に使用することで、潜在的なファンへのアプローチも可能です。

ハッシュタグを使ったTwitter運用を進めていくにはツールを使った運用が効果的です。ツールにはハッシュタグ検索以外にもキーワード検索や予約投稿など、Twitterの運用を効率的にしてくれる機能が多いです。今回ご紹介したSocialDogなどのツールを活用してハッシュタグを効率的に使い、フォロワーを増やしましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

ダッシュボード

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
40万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc