social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)でフォロー解除できない場合の原因と対処法とは。解除のコツや注意点についても解説

Twitterの使い方投稿日:2019年4月28日更新日:2020年2月28日

Twitter(ツイッター)でフォロー解除できない場合の原因と対処法をお伝えします。フォロー解除できない場合には、原因を理解して正しく対処する必要があります。原因と対処法だけではなく、公式Twitterから削除できない際に試していただきたいツールについてご紹介します。また、注意点についてもご説明しますので、規則に則って安全にフォロー解除をしましょう。

Twitter(ツイッター)のフォロー解除ができない場合に考えられる原因

フォローを解除できない原因は、Twitter(ツイッター)自体にバグが発生しているやアカウントが凍結されていることなどが考えられます。また、正しく操作されていない可能性もあります。フォローを解除をできなくて悩んでいる方は、まず、なぜフォロー解除できないのかを理解しておきましょう。

バグの可能性

フォローを解除できない原因の1点目は、Twitter(ツイッター)でバグが発生していることが考えられます。Twitterでバグが発生しているとフォロー解除が反映されず、場合によってはフォローやブロック等の操作も行えなくなるケースがあります。

凍結の可能性

フォロー解除ができない場合に考えられる2つ目の原因は、アカウントが凍結されてしまっていることです。フォローを解除しようと思ったアカウントが凍結されていると、フォロー解除操作を完了できません。フォロー解除したいアカウントのプロフィールページに行って、「アカウントが凍結されています」と表示されているか確認してみましょう。

正しく操作できていない可能性

フォローを解除できない原因の3点目として考えられるのは、正しく操作できていないことです。フォローを解除する場合は、アカウントの「フォロー中」ボタンを押して終わりではなく、その後に表示される確認画面でフォロー解除に同意することで操作が完了します。自身はしっかりフォロー解除作業をしたつもりでも、作業が途中で中断されている可能性もあります。フォロー解除する際は、確認画面までしっかりと操作しましょう。

Twitter(ツイッター)でフォロー解除するのにまず試すべき方法

ここでは、Twitter(ツイッター)でフォローを解除ができない場合に、まず試すべき方法についてご説明します。Twitterでフォローを解除するには、ツイート・フォローリスト・プロフィールページからフォローを解除する方法の他に、ツールを使用してフォローを解除する方法があります。それぞれの方法を確認して、フォローが解除できない際に試してみましょう。

ツイートからフォロー解除する場合

1つ目の方法は、ツイートからフォローを解除する方法です。タイムラインで流れてくる解除したい相手のツイートをクリックします。表示された相手のツイートの右上に下の画像の赤枠部分のアイコンをクリックします。

クリックすると、下の画像が表示されるので「@○○さんのフォローを解除」をクリックしてフォローを外します。

また、PC版の場合、解除したいユーザーのツイートのユーザー名にカーソルを重ねると簡略化されたプロフィール情報が表示されます。「フォロー中」という表示をクリックすればフォロー解除完了です。

フォローリストからフォロー解除する

2つ目は、フォローリストからフォローを解除する方法です。フォローしたアカウントは、フォローリストにすべてまとめられています。自分のプロフィール画面の「フォロー」をクリックしてフォローしているアカウントを一覧で表示します。表示された一覧の中からフォローを解除したいアカウントの「フォロー中」のアカウントをクリックするとフォローを解除できます。

プロフィールページからフォロー解除する

3つ目は、削除したいアカウントのプロフィールページからフォローを解除する方法です。
削除したい相手のプロフィールに移動し「フォロー中」になっているアイコンをクリックするとフォロー解除できます。フォローを解除すると、アイコン表示が「フォロー」に変更します。

ツールを使って削除する

4つ目は、ツールを使用してフォローを解除する方法です。公式Twitter(ツイッター)から解除できない場合は、ツールを使用してフォローを解除してみましょう。フォロー解除できるツールを3つご紹介します。ツールの特徴を掴んで、フォロー解除できない場合に利用を検討してみましょう。

SocialDog

SocialDog」は、片思いアカウントや非アクティブなアカウントを簡単に抽出して、フォロー解除操作を行えるツールです。SocialDogでは、片思いアカウントや非アクティブといったメニューを選択するだけで、自身のフォローアカウントの中から該当のアカウントを抽出できます。
また、あらかじめ指定したキーワードを含むツイートを一覧で確認できるキーワードモニター機能があるので、効率よくいいねやRT(リツイート)を行えます。潜在的なフォロワーを簡単に抽出できて、いいね、RT等もSocialDog上で行えるため、非常に便利です。

SocialDog

ManageFlitter

「ManageFlitte」は、フォローを一括で解除できるツールです。片思いアカウントや非アクティブなアカウントだけでなく、アイコン画像が初期設定のままのアカウントや外国語アカウント、スパムアカウントを簡単に抽出できて、簡単にフォロー解除を行えます。世界中で400万人以上のユーザーを誇り、Facebook、Linkdinとの連携も可能です。フォロー解除したいアカウントを複数選んでの解除ができるので、効率的にフォロー解除できます。
ただし、サイト内のほとんどが英語なため、日本語で安心してツールを利用したい方には不向きです。

ManageFlitter

フォローチェックfor Twitter

「フォローチェックfor Twitter」は、フォロー解除が簡単にでき、フォロワー管理に適している便利アプリです。iOS・Androidの両方のデバイスから利用可能で、幅広いユーザーのニーズに対応しています。片思いアカウントを一覧で確認でき、フォロー解除の際に役立ちます。また、フォローとフォローされたユーザーの数を履歴グラフとして毎日棒グラフにて表示してくれる機能もあります。
完全無料で様々な便利機能を利用でき、最大で15個までアカウントを登録して管理できます。

App Store:フォローチェック for Twitter

Google Play:フォローチェック for Twitter

Twitter(ツイッター)でフォローを解除できない場合の対処法

様々な方法で正しくフォロー解除をしてもフォローが解除されない場合の対処法をご紹介します。Twitter(ツイッター)のバグや、アカウントの凍結によってフォロー解除ができない場合には、以下の対応を取ってフォロー解除操作を行えるようにしましょう。

Twitter(ツイッター)社の公式サポートチームに問い合わせる

フォローを解除できない場合に最もおすすめかつ簡単な方法は、Twitter(ツイッター)社のサポートチームに直接問い合わせる方法です。フォロー解除が行えない旨をTwitterのサポートチームに問い合わせると、何らかの取るべき対応や、フォロー解除できない要因等が分かる可能性があります。場合によっては、フォロー解除を行いたいアカウントがTwitterを退会していることが分かって、フォロー解除操作が不要になる可能性があります。問い合わせて、フォロー解除操作を行えない要因を明確にしましょう。

時間の経過を待つ

フォローを解除できない場合には、ある程度の時間を置いてから再度フォロー解除操作を行うことも有効です。Twitter(ツイッター)のバグが発生している場合には、時間を置いてから操作し直すことで、フォローを解除できる場合があります。Twitterでは、通信環境の良し悪しやアクセスが集中するなどして、フォロー解除操作の反映に時間がかかる可能性があります。フォロー解除操作を行えない場合には、ある程度の時間を置いて再度フォロー解除操作を行ってみましょう。

再起動する

上記2つの方法を試す前に、再起動をしてみても良いでしょう。フォロー解除ができない場合、アプリの更新ができていない可能性があるので、再起動をすると改善されることがあります。詳細な再起動方法は各種端末によって異なりますが、一度Twitter(ツイッター)アプリの起動を終了して再度起動してみてください。アプリの再起動でも更新されない場合は、端末を再起動してネット接続を確認しましょう。

どうしてもダメならブロックする

フォローが解除できない場合に、ブロックとブロック解除でフォローを解除する方法があります。相手をブロックすると、自身からのフォローが解除されるだけでなく、相手からのフォローも解除されます。ブロックしたことを相手に知られてしまうとアカウントの印象が悪くなってしまう可能性もあるので、ブロックしたら、すぐにブロックを外すとブロックしたことを相手に気付かれにくいです。また、バグの発生などでブロックがすぐに反映されない場合があります。その場合は、時間を置いてから再度ブロックしましょう。ブロックしたのにされていない場合がしばらく続く場合は、Twitter(ツイッター)公式サポートチームに問い合わせましょう。

フォロー解除はTwitter(ツイッター)運用において重要

Twitter(ツイッター)のアカウントを運用する上で、フォロー解除は重要です。Twitterのフォローは約5000フォローで制限がかかってしまいます。制限がかかってしまうとフォローしたいアカウントをフォローできなくなり、フォローしてもらってもフォローバックを返せません。また、Twitterのフォローの数によっては自身が運用しているアカウントのイメージに繋がります。定期的にフォロー解除を行ってフォロー数のバランスを整えましょう。

フォロー解除の効果

フォロー解除を行うと、自身のフォロー・フォロワー比率である、FF比率を調整できます。FF比率はフォロワー数÷フォロー数で算出でき、フォロワー数がフォロー数よりも多い、FF比率が大きいアカウントは人気のアカウントと見られやすいです。反対にFF比率が低いアカウントは、人気がないアカウントと見られる傾向にあります。
そのため、FF比率を調整することで、自身のプロフィールページの訪問者にアカウントのイメージを印象付けられて、フォロワー増加に役立ちます。

フォロー解除すべきアカウント

フォロー解除すべきアカウントの特徴を説明します。Twitterアカウントのフォロワー増加を目的に新規フォローを行っていると、フォロワーよりもフォロー数が増えて、FF比率が低くなる傾向にあります。FF比率は下がりすぎると、スパムアカウントと見なされて利用を制限される可能性があるため、コントロールすることが大切です。
フォロー解除すべきアカウントの条件を理解して、自身のFF比率を調整する際に役立てていきましょう。

片思いアカウント

フォロー解除すべきアカウントの1つ目は、片思いアカウントです。片思いアカウントとは、自身のみが一方的にフォローしているアカウントのことを指し、相手からはフォローされていない状態です。公式Twitter(ツイッター)で片思いアカウントを確認するためには、自身のフォロー一覧からフォローバックされているかを1アカウント毎に確認する必要があります。

非アクティブなアカウント

フォロー解除すべきアカウントの2つ目は、非アクティブなアカウントです。1か月~半年以上ツイートを投稿していないアカウントなど、Twitter(ツイッター)で活動がないアカウントをフォローしていても、意味がありません。
非アクティブなアカウントのフォローを解除して、自身のFF比率の調整に役立てましょう。

Twitter(ツイッター)のフォロー解除の注意点

フォロー解除をする際の注意点について説明します。フォロー解除をすることによって解除したアカウントとの関係性が悪くなってしまったり、解除したアカウントのツイートを閲覧できなくなってしまったりする可能性があります。フォロー解除する際は下記の3点に気を付けましょう。

ツールを使用しているアカウントの場合は通知される

フォロー解除の注意点の1点目は、フォロー解除が通知される可能性があることです。通常のTwitter(ツイッター)の場合は通知はされませんが、フォロー解除したアカウントがわかるツールを使用している場合、フォローを解除したアカウントを通知できるように設定している場合があります。その場合、自分が解除したことを相手に知られてしまうため相手からの自分の印象が悪くなってしまう可能性があります。

非公開アカウントの場合はツイートを閲覧できなくなる

フォロー解除の注意点の2点目は、非公開アカウントをフォロー解除すると、非公開アカウントのツイートやフォロー・フォロワーなどを閲覧できなくなってしまうことです。また、再度フォローする場合は、フォロー申請をしてフォローを許可してもらわないとフォローができないため手間がかかります。

一度に大量操作を行わない

フォロー解除における3点目の注意点は、一度に大量のフォロー解除等の操作を行わないことです。Twitter(ツイッター)では、一度に大量の操作を行うと、反映が遅れるケースや、バグが発生する可能性があります。また、スパムアカウントと見なされる可能性も高まります。新規フォローやフォロー解除などは、短時間に大量に行わないようにしましょう。

ルールに則って、Twitter(ツイッター)を利用する

Twitter(ツイッター)で確実にフォローを解除するには、日頃からTwitterルールに則って利用することが重要です。Twitterルールに違反したり、抵触したと見なされたりすると、Twitterの利用が制限される可能性があります。フォロー解除操作をスムーズに行えるよう、以下の2種類のTwitterルールを理解しておきましょう。

無差別フォロー

Twitter(ツイッター)では、無差別フォローを禁止しています。無差別フォローとは、自動化等の方法で、短期間に多数のアカウントをフォローすることです。無差別フォローを行うと、スパムアカウントと見なされて、アカウントがロックされたり、凍結されたりする可能性があります。
一般アカウントであれば、1日で400までしか新規フォローを行えないため、フォロー数制限に達しない程度に、フォロー操作を行いましょう。

フォローチャーン

Twitter(ツイッター)ルールでは、短期間の大量フォロー・フォロー解除操作が禁じられています。フォロワー増加を目的に大量フォローを行い、フォローバックされてすぐにフォロー解除を行うと、フォローチャーンに該当したとみなされます。こうなってしまうと、アカウントがロックまたは凍結されて、最悪の場合アカウントが削除されるリスクがあります。
フォローチャーンに該当しないために、フォローしてから14日以上経過してからフォロー解除することがおすすめです。

フォロー解除を効率的に行なって便利にTwitter(ツイッター)を利用しましょう。

Twitter(ツイッター)のフォローを解除できない要因や、対処法を説明しました。フォロー解除操作は、Twitterのバグや相手アカウントの凍結等の様々な原因で完了できない可能性があるため、フォローを解除できない場合は一旦時間を置いて再度操作することがおすすめです。また、フォロー解除ができない場合にまず試してほしい解除方法についてもご紹介しました。公式Twitterから削除できない場合は、ツールやアプリからの削除も試してみましょう。
フォローを解除する際は、注意点を良く理解して、安全にフォロー解除作業を行うようにしましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
30万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x