social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)のフォローリクエストについて。承認・拒否する方法と、注意点

Twitterの使い方投稿日:2019年5月31日更新日:2019年10月30日

Twitter(ツイッター)アカウントを非公開アカウントにして、フォローリクエストが送信されてきて困っていませんか? フォローリクエストに対する対応を誤ると、リクエストの送信者からブロックされる場合があります。対応方法と注意点も理解して、自身のTwitterアカウントの運用に役立ててみてください。
Twitter(ツイッター)のフォローリクエストに対応する人の画像

フォローリクエスト受信後の対応方法

フォローリクエストを受信した後の、対応方法を説明します。Twitter(ツイッター)アカウントを非公開アカウントにして、鍵をかけたら、フォローリクエストが送信されてきて、どのように対応すべきか悩んでいませんか? フォローリクエストに対して取るべき対応を理解して、自身のTwitterアカウントの運用に役立てましょう。

フォローリクエスト通知とは

Twitter(ツイッター)の非公開アカウントは、フォローやフォロワーをユーザーが許可制にできる仕組みです。フォロワー以外のアカウントには、自身の投稿したツイートや、いいねしたツイート、フォロー・フォロワーが非公開になります。
そのため、鍵アカウントをフォローしたい場合には、フォローリクエストを送信して、ユーザーにフォローを許可してもらう必要があります。フォローリクエストは、ユーザーが自由に承認・拒否できて、ツイートを見られたくないユーザーからツイートを閲覧される心配がありません。
フォローリクエストは、鍵垢のみが受信できるもので、公開アカウントの場合は、Twitterユーザーであれば誰でもフォロー可能なため、そもそもメニューにフォローリクエスト欄が表示されません。

フォローリクエストの確認方法

フォローリクエスト通知を受信したら、以下の手順で確認できます。

    1. 公式アプリ、もしくはWebからTwitter(ツイッター)を開く
    2. 「フォローリクエスト」を選択
    3. フォローリクエストを送信してきたユーザーを確認

自身のTwitterアカウントのプロフィールページに行き、そこからフォローリクエスト通知を簡単に確認可能です。

フォローリクエストを承認・拒否する方法

ここからは、フォローリクエストを承認、もしくは拒否する方法をお伝えします。受信したフォローリクエスト一覧から、リクエストを送信してきたユーザーを確認し、どのように対応すべきかを判断して、以下の方法で対応しましょう。

フォローリクエストメニューを選択

まずは、Twitter(ツイッター)アカウントにログインし、「フォローリクエスト」メニューを選択して、受信したフォローリクエストを確認しましょう。

【承認する方法】

フォローリクエストを承認する場合には、フォローリクエスト一覧から、チェックマークをクリックして、フォローを許可できます。
フォローリクエストを許可したユーザーは、承認した時点で、自身のTwitterアカウントのフォロワーとなります。フォローリクエストが承認された場合、リクエストの送信者にプッシュ通知は行きません。

【拒否する方法】

一方で、フォローリクエストを拒否する場合には、フォローリクエスト一覧に表示されている、罰マークをクリックして、拒否できます。

アイコンが消えたら対応完了

フォローリクエスト一覧で、チェックマーク、もしくは罰マークをクリックして、リクエストを承認、拒否すると、フォローリクエスト一覧から操作したユーザーのアイコンが無くなります。
フォローリクエスト一覧に表示されなくなったら、承認、拒否の操作は完了です。

フォローリクエスト対応前に知っておきたい注意点

フォローリクエストに対応する前に知っておきたい、注意点を説明します。フォローリクエストを拒否すると、場合によっては相手にばれる場合があり、事前に最適な対応を知っておくことで、ストレス無く、Twitterを利用可能になります。きちんと確認しておきましょう。

フォローリクエストが消える場合がある

フォローリクエストの注意点の1点目は、フォローリクエストが消える場合があることです。
フォローリクエスト通知を受信して、フォローリクエスト一覧を確認しに行ったけれど、受信したリクエストが無くなったりする可能性があります。これは、フォローリクエストの送信者が、リクエストを誤って送信し、後からリクエストを取り消したケースです。
Twitter(ツイッター)では、相手ユーザーが自身をフォローしないと、フォロワーにできません。そのため、フォローリクエストが削除された場合は、リクエストの送信者であっても自身のフォロワーにはできません。

フォローリクエストを拒否した場合、相手に知られるリスクがある

フォローリクエストの注意点の2点目は、フォローリクエストを拒否した場合、相手に知られるリスクがあることです。
フォローリクエストを拒否すると、リクエストの送信者に通知は行きません。しかし、リクエストを拒否したことを知られる場合があります。
フォローリクエストを送信したアカウントのプロフィールページに行くと、フォローボタンが「フォロー許可待ち」と表示されます。しかし、フォローリクエストが拒否されると、フォローボタンは「フォローする」と表示が変更され、許可待ちの状態ではなくなります。
そのため、リクエストの送信者は、フォローリクエストが拒否されたことを把握できます。

スパム目的でフォローリクエストが送信される場合がある

フォローリクエストの注意点の3点目は、スパムアカウントからフォローリクエストが送信される場合があることです。
非公開アカウントでTwitter(ツイッター)を利用していて、知らない人からフォローリクエストが送信される場合があります。このような場合には、スパム目的でフォローリクエストが送信されていることが多いです。
スパムアカウントからのフォローリクエストを許可すると、宣伝目的のツイートやDM(ダイレクトメッセージ)が大量に送られ、ウイルス感染するリスクが生じます。
全てのアカウントがスパム目的でフォローリクエストを送信しているわけではありませんが、スパムアカウントと見られるアカウントからフォローリクエストが送信された場合には、リクエストを拒否しましょう。

しつこくフォローリクエストが送信される場合がある

フォローリクエストの注意点の4点目は、しつこくフォローリクエストが送信される場合があることです。
フォローリクエストを拒否すると、フォローボタンが「フォローする」に変更されて、再度フォローリクエストを送信可能になります。そのため、一度フォローリクエストを拒否したにも関わらず、何度もしつこくフォローリクエストを送信される場合があります。
あまりにしつこい場合には、フォローリクエストを承認も拒否もせず、放置しておくことも一つの手です。フォローリクエストを放置しておけば、相手ユーザーが再度フォローリクエストを送信できなくなります。
また、自身の投稿した過去のツイートを全て削除して、ユーザー名を変更することで、Twitter(ツイッター)アカウントを追跡しにくくなり、しつこいフォローリクエストを回避できます。

受信したフォローリクエストに適切に対応して、Twitter(ツイッター)を便利に利用しましょう

フォローリクエストを受信した際の対応について解説しました。非公開アカウントの場合は、フォローを許可したユーザー以外はフォロワーになれません。そのため、フォロー前にフォローリクエストが送信されて、ツイートの閲覧権限を承認される必要があります。
フォローリクエストは、受信者が自由に承認・拒否できますが、拒否した場合は、リクエストの送信者に知られる可能性があります。そのため、自身のツイートを閲覧されなくない相手からフォローをリクエストされた場合には、受信したフォローリクエストに対応せず、放置することで、相手に悪い印象を与えず、ツイートも閲覧されずに済みます。
フォローリクエストへの対応についてきちんと理解して、快適にTwitter(ツイッター)を利用しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

「おすすめ記事」

すべての記事を読む
10万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialdogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x