social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)でフォローできない!その原因と対策について解説

Twitterの使い方投稿日:2019年5月31日更新日:2019年10月31日

Twitter(ツイッター)は、気になるアカウントをフォローすることで、ユーザーと繋がることができます。しかし、フォローをしていく中で、「急にフォローができなくなった」「フォローができないアカウントがある」という問題を抱えている人もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、Twitterのバグやアカウント凍結、相手のブロックによって、フォローができない場合があります。フォローができない原因とその対策についてご紹介します。
Twitterのフォローができない状態のスマホ画面

Twitter(ツイッター)でフォローできない要因

Twitter(ツイッター)でフォローする際、フォローできないことはありませんか?また、他のアカウントはフォローできるのに、特定のアカウントはフォローできなかったことはありませんか? あなたがフォローできない原因として、以下の6点が考えられます。

要因1:バグが発生している

フォローができない原因の1点目は、Twitter(ツイッター)側のバグです。Twitterでは過去に何度かバグが発生しており、バグによりフォローボタンが表示されなかった事例があります。フォローボタンがない方は、一度Twitterのヘルプセンターに問い合わせましょう。
ヘルプセンター

要因2:相手、もしくは自身のアカウントが凍結されている

フォローができない原因の2点目は、アカウントの凍結です。Twitter(ツイッター)では、ルール違反したユーザーに対して、アカウントの凍結が行われます。アカウントが凍結された場合、凍結後新たにフォローをすることはできません。凍結される要因として、以下が考えられます。

  • 脅迫やテロ行為の助長
  • 許可なく個人情報を公開
  • なりすまし
  • スパム行為
  • 過剰なフォロー・フォロワー解除

なお、アカウントが凍結された場合でも、凍結を解除できる場合があります。凍結の解除方法については、こちらで解説します。
Twitterルール

要因3:相手にブロックされている

フォローができない原因の3点目は、相手のブロックです。フォローしたい相手があなたのアカウントをブロックしている場合、あなたはフォローすることができません。ブロックされた場合、フォローだけでなく以下のこともできません。

  • ツイートの閲覧
  • DMの送信
  • いいねやRT(リツイート)などのアクション

もし、ブロックされた場合は、ブロック相手に通知が送られることはありません。また、ブロックされた側から強制的にブロック解除することもできません。
フォロワーをブロックする方法とは?ブロックによる効果と解除方法、確認の手順もご紹介。

要因4:フォロー数上限に達している

フォローができない原因の4点目は、フォロー数の上限です。Twitter(ツイッター)では、1日にフォローできるアカウントに上限が設けられており、最大400アカウントまでフォローすることができます。そのため、フォローができないという方は、フォロー数の上限に達していると考えられます。

要因5:相手が鍵アカウント

フォローができない原因の5点目は、鍵アカウントの設定です。鍵アカウント(鍵垢)とは、特定のユーザーのみ閲覧ができるアカウントです。通常、アカウントをフォローした場合は自動で承認されますが、相手が鍵アカウントの場合は相手の承認が必要になります。

要因6:FF比が偏っている

フォローができない原因の6点目は、FF比の偏りです。FF比とは、フォロー数に対するフォロワー数の割合です。FF比は、「フォロワー数÷フォロー数」で算出し、フォロワー数の多い人気アカウントほどFF比が高くなります。一方、フォロー数の方が多いアカウントはFF比が低くなります。
このFF比が低い、つまりフォロワー数とフォロー数のバランスが悪いアカウントは、フォローに制限がかかる可能性があります。フォロワーが極端に少ないと、健全な運用がされてないと見なされるからです。特に、むやみにフォローを繰り返すスパムアカウントは、凍結の対象となるため注意しましょう。

フォローできない場合の対処法

Twitter(ツイッター)は、バグやフォロー数の上限によってフォローできません。しかし、対処を行うことで、フォローができる可能性があります。ここからは、フォローができない場合の対処法について解説します。

時間を開けて再操作する

Twitter(ツイッター)のバグによってフォローできない場合は、時間を開けてもう一度フォローしてみましょう。時間を開けるとバグが解消されている可能性もあります。なお、すぐに解消したい場合や時間が経ってもフォローできない場合は、ヘルプセンターに問い合わせてみましょう。

通信環境を確認する

Twitter(ツイッター)が正常に機能しない場合は、バグだけでなく、通信環境の不具合も考えられます。Twitterはインターネット回線がないと起動しません。今一度、通信環境を確認しましょう。

フォローを解除する

1日のフォロー数の上限に達してしまった場合は、フォローを解除しましょう。たとえば、すでに400アカウントをフォローした場合、そのうち10アカウントをフォロー解除することで、また新たに10アカウント分の新規フォローをすることができます。

フォローリクエストを送信し、許可されるのを待つ

鍵アカウントのユーザーをフォローする場合は、フォローリクエストを送信しましょう。リクエストは、該当アカウントのプロフィール画面にある「フォローする」をクリックします。「フォロー許可待ち」の状態になれば、相手にリクエストが送信されています。フォローが承認された場合は「フォロー中」になります。一方、拒否された場合は「フォローする」のデフォルトの状態に戻ります。
なお、リクエストをキャンセルしたい場合は、「フォロー許可待ち」をクリックすれば取り消すことができます。

今後、フォロー数上限に達しない範囲で新規フォローを行う

1日あたりのフォロー数上限に達した場合は、次回からは範囲内で新規フォローを行いましょう。ただし、毎日400アカウントをフォローすると、Twitter(ツイッター)にスパムアカウントと見なされる可能性があります。フォロー数の目安としては、フォロワーの1割程度に収めましょう。
なお、1日にフォローできるアカウント数は400ですが、1アカウントあたりの場合は最大5,000アカウントまでフォローすることができます。

注意点

フォローができない場合の対処法についてご紹介しました。なお、アカウントが凍結された、もしくはブロックされてフォローができない場合の対処に関しては、注意が必要です。

凍結された場合は自分で解除できない

アカウントが凍結された場合、自分で解除することができません。そもそも、アカウントの凍結には、違反の回数によって段階が異なります。まず、初めて凍結を受けた場合は、Twitterより警告を受けます。警告の場合は、アカウントにログインする際に、電話番号認証を行うことで凍結を解除することができます。
次に、警告を何度も受けても違反行為を行なった場合は、本凍結が行われます。本凍結は、電話番号認証では解除できないため、Twitterに申請を出す必要があります。
さらに、何度も本凍結を受けた場合は永久凍結が行われます。永久凍結は、Twitterのもっとも厳しい措置であり、ユーザーは新たにアカウントを作成できません。ただし、不当な本凍結である場合は、異議申し立てを行うことも可能です。

相手にブロックされている場合は対処法がない

アカウントをブロックされた場合は対処法はありません。新たなアカウントを作成し、フォローする手段はありますが、あまりにもフォローリクエストがしつこい場合はTwitter(ツイッター)に報告され、アカウントを凍結される恐れがあります。相手のツイートを閲覧したいからといって、フォロー関係を強要するのはやめましょう。

効率的にフォロー解除してフォロワーを増やす方法

Twitter(ツイッター)は、フォロー数やフォロワー数の比率より、フォローできる数に制限が発生する可能性があります。特に、1アカウントのフォロー数が2,000を超えている場合には、フォロワーの数の1.1倍までしかフォローできません。フォロー数が多い場合は、フォロー解除を行いましょう。
また、フォロー解除を行うと、FF比率を調整できます。FF比を高めることで、人気のあるアカウントと見なされ、プロフィールページの訪問者からのフォローに繋げることも可能です。

フォロー解除すべきアカウント

フォロー解除は新規フォローやFF比の調整に最適です。しかし、どのアカウントをフォロー解除すべきかわからない方もいらっしゃるかもしれません。その際は、以下のアカウントを目安にフォロー解除しましょう。

  • 片思いアカウント
  • 非アクティブなアカウント

1.片思いアカウント

片思いアカウントとは、自身のみが一方的にフォローしているアカウントのことです。片思いアカウントはフォロー数にのみ反映されてしまいます。ずっとフォローを返してくれない片思いアカウントがある場合は、フォロー解除をしてみましょう。

2.非アクティブなアカウント

非アクティブなアカウントがある場合もフォロー解除を行いましょう。非アクティブなアカウントとは、長期間利用されていないアカウントです。1年以上投稿が行われていないアカウントは、使われていない可能性があるため、フォロー解除を行いましょう。

効率的なフォロー解除におすすめのSocialDog

SocialDogの公式サイト
効率的にフォロー解除がしたい方は、SocialDogが最適です。SocialDogとアカウントを同期すると、片思いアカウントや非アクティブなアカウントを一覧で表示されます。さらに、一覧に表示されたアカウントはその場でフォロー解除も行うことができます。
さらに、アクション代行機能では、フォロー解除作業を自動化することもできます。フォロー数が多い方は、アクション代行機能がおすすめです。
SocialDog

ルール内で新規フォローを行って、快適にTwitter(ツイッター)を利用しましょう

今回は、フォローができない原因とその対処法について解説しました。新規フォローができない原因は、Twitter(ツイッター)のバグ、アカウントの凍結、相手のブロック、フォロー上限、鍵アカウント、FF比の偏りの6点が考えられます。もし、フォローができなくなった場合は、まずはその原因を突き止め、それぞれの原因に応じた対処を行いましょう。
なお、相手にブロックされた場合やフォローリクエストを拒否された場合は、フォロー関係を強要するのはやめましょう。何度もフォローを申請すると、相手に不快感を与えてしまいます。Twitterを利用する場合は、ルールを守って、ユーザー同士快適に利用できるように心がけましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

「おすすめ記事」

すべての記事を読む
10万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialdogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x