social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by. socialdog

フォロワーを増やすために導入すべきツールとは?ツールの選び方から徹底解説

Twitter(ツイッター)で予約投稿する方法!公式サービスとツール・アプリ6選

Twitterマーケティング投稿日:2017年3月1日 更新日 :2021年2月9日

Twitter(ツイッター)のツイートを、予約投稿して、効率的に運用したいと感じたことはありませんか?予約投稿機能を利用することによって、その都度ツイートを作成して投稿する手間が省け、計画的なTwitter運用に役立ちます。予約投稿の方法を理解して、自社のTwitter運用に役立てましょう。

Twitter(ツイッター)で予約投稿する方法を調べているスマートフォンの画像

Twitter(ツイッター)での予約方法は大きく2種類

Twitter(ツイッター)アカウントを運用していると、忙しい時間帯や休日など、ツイートを投稿したいタイミングでTwitterを操作できずに不便さを感じている方も多いのではないでしょうか?実は、Twitterには投稿をあらかじめ予約できる機能があります。また、ツールやアプリを活用すれば無料で複数の投稿が予約でき、曜日や時間指定も可能です。ここでは、予約投稿の方法についてご説明します。予約投稿方法を理解して、効率的なTwitter運用を目指しましょう。

ツールやアプリを利用する

Twitter(ツイッター)でツイートを予約投稿するには、ツールやアプリを活用するのがおすすめです。ここでは、ツイートを予約投稿する際に便利なツールやアプリを紹介します。それぞれのツールやアプリなどに搭載されている機能を比較して、自社のTwitterアカウントに合ったツール選びの参考にしてください。

SocialDog

SocialDogの公式サイト

SocialDog」は、Twitter(ツイッター)アカウントの運用に便利な多機能ツールで、機能の1つに予約投稿機能があります。予約できるツイートには絵文字や画像を貼付可能で、投稿日時を1分単位で設定でき、「投稿予約一覧」からツイートを作成して予約できます。

SocialDogは無料プランと有料プランの2種類あり、無料プランの場合はツイートの予約を10投稿まで可能です。有料プランの場合は、Lite+(月額980円)は30投稿、Pro(月額4,980円)とBusiness(月額9,800円)は無制限です。さらにLite+以上の有料プランではスレッド形式で予約投稿ができます。

SocialDog

Hootsuite

HootSuite公式サイト

動画を付けて、ツイートの予約投稿ができるツールです。Hootsuiteは、予約投稿できるツイート数に制限がなく、画像なら最大4枚まで、動画は1本まで予約投稿に添付できるのが特徴です。また、ツイート内に長いURLを貼付すると、入力可能な文字数が減ってしまう場合がありますが、Hootsuiteでは短縮URLを作成できるため、伝えたい内容をツイート内に最大限入力可能です。

Twitter(ツイッター)だけでなく、FacebookやInstagram等のアカウントとも連携可能で、無料版では最大3アカウント登録でき、有料版に登録すると50アカウントまで登録できます。スマートフォンアプリも配信されており、ツイートの予約設定も簡単に行えます。様々なSNSアカウントを、パソコンやスマートフォンから効率的に運用したい方に最適です。
ただし、ツイートの分析結果はWeb版のツールからしか確認できませんので、注意が必要です。

Hootsuite
Hootsuite(iOS版)
Hootsuite(Android版)

Buffer

Buffer公式サイト
Twitter(ツイッター)や、Instagram等の複数のSNSアカウントと連携して、予約投稿ができるツール・アプリです。予約投稿だけでなく、Buffer経由で投稿したツイートを分析してくれる機能なども搭載されています。80,000以上のTwitterの企業アカウントに利用されている、非常に人気のサービスです。なお、Bufferは英語版のみで日本語対応はしていません。
Buffer
Buffer(iOS版)
Buffer(Android版)

Tweetdeck

TweetDeckの公式サイト
Twitter(ツイッター)社が提供する、公式のTwitter便利ツールです。ツイートの予約投稿はもちろん、Tweetdeckに登録した複数のTwitterアカウントで同時にツイートを予約投稿できます。また、「カラム」と言われる列を一画面上に最大で6列まで表示可能で、タイムラインを一気に確認することや、登録した複数のTwitterアカウントのタイムラインを同時に確認できます。ショートカットキーも使用できるのでスムーズなTwitter運用に繋がります。
チーム機能を利用して、パスワードを共有することなく、複数人で1つのTwitterアカウントを共有できるので、企業のTwitterアカウントを複数人で運用したい場合に最適です。ただし、英語表記が多いため、日本語で安心してツールやアプリを利用したい方には不向きです。
Tweetdeck

Media studio

medi studioの画像

こちらも、Twitter(ツイッター)社が提供するPC向けのTwitterコンテンツ公開ツールで、動画や画像を添付して予約投稿ができます。投稿したツイートの、動画の再生回数や視聴維持率、再生時間の合計分数、アクション誘導のクリック回数を把握できて、今後のTwitterアカウントの運用に役立てられます。以下のURLにアクセスして、Twitterアカウントにログインするだけで、利用を開始できます。ただし、Media studioは英語で表示されるため、英語が苦手な方は翻訳機能などを利用してサイトを使用しましょう。

Media studio

Twit Delay

Twit Delay公式サイト

日本語表記とシンプルなデザインで使いやすい無料のツールです。予約投稿機能に特化したツールで、登録不要でTwitterと連携するだけですぐに利用を開始できます。Twit Delayからのツイート投稿時、ブラウザの種類表示部分には「Twit Delay」と表示されます。また、過去の日時を指定してツイートを投稿可能ですが、ツイート予約の設定後すぐにツイートされます。

ツイートの予約は最大30日先まで、分単位で行えますが、最大で100ツイートまでしか設定できないため、100以上の大量のツイートを予約しておきたい方には不向きです。

Twit Delay

Twitter(ツイッター)公式の機能を利用する

Twitter(ツイッター)公式でも、予約投稿が可能です。これまでは予約投稿機能を利用するにはTwitter広告に登録する必要がありましたが、現在ではTwitter広告に登録不要で簡単に予約投稿ができるようになりました。ただし、予約投稿機能はTwitterのブラウザ版のみでスマホアプリには搭載されていません。そのため、iPhoneやAndoroidなどのスマホから予約投稿するには、chromeなどのブラウザにて予約投稿する必要があります。

では、早速ブラウザでのTwitterの予約投稿の方法をご紹介します。

ツイートを作成して投稿予約を設定する

まずは、通常通りツイート画面に行きます。次に以下の画像のようにカレンダーマークがあるためここをクリックします。予約投稿は18ヶ月先まで設定が可能です。

Twitterの予約投稿の操作の画像

クリックすると、予約したい年月日と時刻が表示されるため、時間を指定して「予約ツイート」をクリックします。ツイートのボックスの上に「〇〇年〇〇月〇〇日の〇〇(時間)に送信されます」と表示されるため、その下にツイートしたい内容を入力します。最後に「予約設定」を押せば予約投稿は完了です。

予約投稿を編集する

予約投稿の設定した後に、ツイート内容の編集や日時の変更ができます。編集する際は、まずはカレンダーマークをクリックします。次に下にある「予約ツイート」をクリックすると「予約済み」に予約投稿が表示されます。編集したい投稿をクリックすればツイート内容や時間を変更できます。予約投稿の内容を確認したい方も、この方法で確認することができます。

予約投稿を削除する

予約した投稿を削除する場合は、まずはカレンダーマークをクリックします。次に下にある「予約ツイート」をクリックします。「予約済み」に削除したい投稿があるかを確認し、右上の「編集」をクリックし、削除したいツイートを選択します。最後に右下の「削除」を押せば予約投稿を取り消しできます。

リプライを予約できるツールもある

予約投稿は、基本的にはツイートの予約のみ可能ですが、ツールによってはリプライ(ツイートに対する返信)を予約することも可能です。たとえば、「予約リプライったー」では、リプライを予約投稿できます。
予約リプライったー公式サイト
予約リプライったーは、iOS版とAndroid版のスマートフォンアプリが配信されています。ちょっとしたスケジュールをTwitter(ツイッター)に登録したい際や、決まった時間に連絡を入れたい場合などに役立ちます。

予約投稿機能を活用するメリット

ここからは、ツイートの予約投稿機能の活用方法を解説します。ツイートを予約投稿できることで、Twitter(ツイッター)アカウントの運用にどのように役立てられるのでしょうか。自社Twitterアカウントの運用時に、ツイートの予約投稿機能を活用しましょう。

手間を減らせる

ツイートを予約投稿できると、Twitter(ツイッター)アカウントの運用の手間を省けて、効率的なTwitterアカウントの運用に役立ちます。ツイートを予約投稿できないと、ツイートを投稿したい時間帯にTwitterを操作して、ツイートを投稿する必要があります。フォロワーの活動が活発な時間帯にツイートを投稿することで、アカウントの認知度を向上させたり、より多くのユーザーにツイート内容をアピールしたりできますが、運用担当者の時間と手間がかかります。

ツイートの予約投稿機能を活用すると、事前に自由なタイミングでツイートを作成して、投稿する日にちや時間設定が可能です。リアルタイムな操作が不要になり、企業アカウントの運用時には非常に便利です。

投稿内容の誤りを減らせる

ツイートの予約投稿機能は、誤った内容のツイートを投稿するリスクを減らせます。ツイートの予約設定は、ツイートを作成し、日時を指定して予約を設定でき、登録したツイートは、投稿前であればいつでも確認可能です。ツイートを時間に余裕を持って事前に作成して、投稿前に確認し、誤った内容のツイートを投稿するリスクを軽減できます。

定期ツイートに活用できる

ツイートの予約投稿機能は、定期ツイートを投稿したい場合に役立ちます。定期ツイートとは、同じ内容のツイートを繰り返し投稿することで、たとえば毎週ブログの更新をツイートしている方などには予約投稿がおすすめです。ツイートを予約設定できると、事前に指定したタイミングでツイートが投稿されるため、同じ内容のツイートを好きな投稿頻度で継続的に投稿したい場合に便利です。

予約投稿のポイント

ここからは、予約投稿のポイントを解説します。予約投稿機能を利用して自社のTwitter(ツイッター)アカウントの運用に役立てるためには、ただツールを使うだけではなく、ポイントを理解しておくことが大切です。予約投稿のポイントを理解して、ブランドの認知度向上や売上向上にTwitterアカウントを役立てられる運用を目指しましょう。

投稿時間

予約投稿のポイントの1点目は、適切な時間に投稿することです。Twitter(ツイッター)は投稿する時間帯によってリツイートやいいねなどのエンゲージメント率の高さが異なります。たとえば、リツイートは朝の6時、昼の12時、夜の6時がもっともリツイートされやすい時間帯となっています。

ツイート内容やアカウントの属性によって、フォロワーの活発な活動時間は異なりますが、エンゲージメント率の高い時間帯も踏まえて、ツイートの投稿時間を設定すると、より多くのエンゲージメントが期待できます。

1.5億のツイート分析からみる「Twitterのベストな投稿時間」とは。

投稿頻度

予約投稿のポイントの2点目は、ツイートの投稿頻度を調整することです。
フォロワーがタイムラインを確認している時間と投稿タイミングが近いツイートがフォロワーのタイムラインに表示される傾向があります。そのため、例えば、朝投稿したツイートは、夜の時間にタイムラインを確認するフォロワーに、確認してもらえない可能性が高いです。

投稿頻度を調整して、朝と夜に投稿するなどの対応を取ることで、ツイートがタイムラインに流れていってしまうリスクを防止できます。

ツールやアプリの場合は日本時間に設定できない可能性がある

ツールやアプリを利用してツイートを予約投稿する際には、日本時間で投稿予約を行えるかどうかを確認しましょう。Twitter(ツイッター)の便利アプリやツールの中には、海外製のサービスも存在します。そのため、場合によっては、日本時間で予約を設定できない場合があります。日本時間で設定できないと、時差の関係で深夜に投稿されるリスクがあるため、きちんと確認することが重要です。また、時差を踏まえて投稿を予約する手間が発生するため、日本時間で表示可能なツールやアプリを使用するようにしましょう。

ツールを利用するメリットは予約投稿だけではない

ツールを利用してTwitter(ツイッター)を運用するメリットについてご説明します。Twitterの便利ツールは、ツイートの予約投稿機能以外にも、様々な便利機能が搭載されているものも存在します。ツールを利用した企業のTwitterアカウントの運用のメリットを理解して、自社のTwitterアカウントの運用に役立ててみてください。

分析機能を利用して最適なツイートを投稿できる

使用するツールやアプリによりますが、Twitter(ツイッター)向けの便利ツールは、分析機能を利用してツイートの最適な投稿時間を把握できるものや、ツイートやフォロワーを分析できるものもあります。分析結果からは、多くの閲覧数を獲得しているツイートや、フォロワーの活動が活発な時間帯を把握でき、より多くのフォロワーにツイートを閲覧してもらえるタイミングでツイートを投稿可能になります。

また、エンゲージメントの高かったツイートを分析して、フォロワーが興味を持っている分野を確認でき、今後のツイート内容を作成する際に役立てられます。

効率的に運用してファンを増やせる

Twitter(ツイッター)の便利ツールやアプリを利用すると、アカウントの運用効率を上げて自身のアカウントのファンを増やすことができます。そのために、潜在的なファンをフォローして、フォローバックを待つことが最も有効です。

ツールやアプリでは、自社や自社のサービス等に関連するキーワードを入力して検索し、キーワードを含むツイートを抽出できます。関連するキーワードを含むツイートを投稿しているアカウントは、自社のTwitterアカウントのツイートに興味を持ってくれる可能性が高い潜在的なフォロワーと言えます。企業アカウントの場合、フォロワー数が多いと企業や企業のサービス・製品の認知度を高められて、売上の向上に繋がります。

潜在的なフォロワーにアピールできる

ツールやアプリを利用すると、潜在的なユーザーにアカウントをアピールできます。自社や自社のサービス等に関連するキーワードを入力して検索し、キーワードを含むツイートを抽出してツイートに対していいねやRT(リツイート)を行うことで、自社アカウントをアピールできてファン増加にも繋げられます。自社に関連するキーワードを含むツイートにアクションを起こして、自身のアカウントを認知してもらいましょう。

多機能ツール「SocialDog」

先ほどご紹介したSocialDogは、予約投稿の他にもさまざまな機能が備わったツールです。たとえば、分析機能を活用すれば、より多くのフォロワーにツイートを閲覧してもらえる時間帯やフォロワーが興味を持っているツイート内容を把握できます。さらに、キーワードモニター機能を使うことで、自社や自身のアカウントに関連するキーワードを含むツイートを抽出し、潜在的なフォロワーにアプローチすることもできます。

SocialDogの機能は、無料プランと有料プランによって利用できる機能数や上限が異なります。無料プランの場合は、簡単な分析機能と3キーワードまでキーワードモニターに登録ができます。有料プランの場合は、高度な分析機能と最大100キーワードまでの登録ができるようになります。プランごとに利用できる機能について知りたい方は、以下の公式サイトでぜひご確認ください。

SocialDog

ツイートを予約投稿して効率的にTwitter(ツイッター)アカウントを運用しましょう

ツイートの予約投稿について説明しました。Twitter(ツイッター)で予約投稿を行うには、ツールやアプリを利用する方法とTwitter公式の予約投稿機能を利用する方法の2種類があります。ツイートを予約投稿すると、ツイートを投稿したいタイミングでのリアルタイムな操作が不要になり、手間を減らせるだけではなく、ツイート内容の誤りも減らせます。特に、ツールやアプリを使用すると予約投稿以外にもTwitterの運用に役立てられる便利な機能が揃っているのでより多くのフォロワーにツイートを閲覧してもらうために、より効果の高い投稿時間や内容を分析してくれるので、今後のTwitterアカウントの運用にも活かせます。ツイート投稿を事前に予約して、効率的なTwitter運用を目指しましょう。

Twitterにおいて、フォロワーを増やしエンゲージ高めるには

ダッシュボード

70万アカウントで使われているTwitterマーケティングのためのツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やし、エンゲージメントを高めることができます。

関連記事

すべての記事を読む

Twitterでツイート投稿を簡単にしたい人向けの記事

おすすめ記事

すべての記事を読む
70万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc