social

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)のキャンペーンとは。仕組み・メリット・種類・おすすめツールを徹底解説

Twitterの使い方投稿日:2020年6月30日更新日:2020年7月1日

Twitter(ツイッター)のキャンペーンは、ブランドの認知拡大や商品購入を促すためのプロモーションの手段であり、多くの企業や個人が導入しています。一方で、Twitterキャンペーンの仕組みや種類について詳しく理解できていないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、Twitterキャンペーンの仕組み、種類、実施方法、おすすめツールまで徹底解説します。

Twitterキャンペーンについて調べている人

Twitter(ツイッター)キャンペーンとは

Twitter(ツイッター)キャンペーンとは、Twitterでブランドの認知拡大や商品購入を促すためのプロモーション手法の1つです。Twitterでキャンペーンをするメリットとして以下の3点が挙げられます。

  • 高い拡散力
  • Twitterには、いいねやリツイート、ハッシュタグなど拡散するための手段がさまざまあります。キャンペーンツイートをリツイートしてもらうことで、より多くのユーザーに自社のサービスや商品を宣伝できます。

  • 費用対効果が高い
  • 拡散力が高くかつ無料で使えるTwitterは一度ツイートすると、いいねやリツイートで拡散し、多くのユーザーにツイートが見られます。そのため、新聞や雑誌などの媒体と比べて、拡散力の高いTwitterは費用対効果が高いというメリットがあります。

  • 応募方法が簡単
  • Twitterキャンペーンは、ハガキに住所や名前を記入するなどの作業が不要であり、従来のキャンペーンと比べて簡単に応募ができます。

Twitter(ツイッター)キャンペーンは、高い拡散力や簡単な応募方法により、従来のキャンペーンよりも多くのユーザーの応募が期待できます。そのため、日本企業の多くがTwitterキャンペーンを広告活動の1つに取り入れています。

公式広告と独自のキャンペーン

Twitter(ツイッター)で実施できるキャンペーンは、Twitter公式の広告を使ったキャンペーンとアカウントが独自に開催するキャンペーンの2種類があります。

  • Twitter公式の広告キャンペーン
  • Twitterの公式機能である広告キャンペーンを使った方法です。広告キャンペーンは、年齢や地域、テレビ番組など関心のあるジャンルを指定し、指定したユーザーのタイムラインや検索結果にあなたが登録したアカウントの広告が掲載されます。Twitterアカウントを持っていれば登録可能です。オークション形式で広告枠を取得でき、料金はフォロワー数を獲得した時点で発生します。

  • アカウント独自のキャンペーン
  • アカウント自身が企画してキャンペーンを実施する方法です。プレゼントやクーポン券が当たるキャンペーンを実施し、アカウントをフォローすることで応募できる方法が主流です。キャンペーンを企画し、実施、プレゼントの配布まですべて開催者が行います。

Twitter(ツイッター)でフォロワーを増やすキャンペーン2種類を紹介。実施方法とメリットも解説

キャンペーンのメリット

Twitter(ツイッター)キャンペーンのメリットは、アカウントの露出を増やせることです。公式の広告キャンペーンを使えば、タイムラインや検索結果、おすすめユーザーにアカウントが表示されるため、アカウントの露出が増えます。一方のアカウント独自のキャンペーンでも、キャンペーンの告知ツイートがいいねやリツイートで拡散されると、ユーザーにアカウントを認知してもらうきっかけが増えます。

さらに、アカウント独自のキャンペーンには以下のようなメリットも挙げられます。

  • 投稿を2次利用できる
  • アカウント独自のキャンペーンで、自社商品を写真投稿することを応募条件として設定した場合、投稿と一緒にユーザーが商品について評価や感想をツイートしていることが多くあります。こうしたユーザーの意見は、社内で自社商品を評価する際に役立てたり、公式サイトなどで利用者の声として活用したり、投稿を2次利用できるのが特徴です。

  • ユーザー主体で進められる
  • アカウント独自のキャンペーンは、写真を投稿したり投票したりなど、ユーザーが中心となってキャンペーンを進めます。ただ応募するだけでなく、ユーザーが楽しめるキャンペーンを企画すれば、自社のファンになってくれる可能性が高まります。

キャンペーンの目的と種類

Twitter(ツイッター)のキャンペーンは、ブランディング・認知獲得型と販促型の2つの目的があります。

  • ブランディング・認知獲得型
  • 開催者のブランドや企業を知ってもらうためのキャンペーンです。Twitterは拡散力の高いSNSであり、いいねやリツイート、お気に入りなどをユーザーにしてもらうことで、これまでブランドを利用したことがなかったユーザーにも認知してもらえます。日本企業の半数近くがTwitterで広報活動をしているといわれています。

  • 販促型
  • 新商品や期間限定商品などをアピールし、ユーザーの購入を促すためのキャンペーンです。キャンペーンのプレゼントで新商品を試してもらい、自社のファンになってもらうのが狙いです。上述のようにTwitterは拡散力が高いため、新商品を試したユーザーがTwitterに投稿すると、さらなる購入者の獲得が期待できます。

これら2つの目的に応じて、キャンペーンを実施する方法は大きく3種類があります。

  • フォローリツイートキャンペーン
  • キャンペーンにリツイートで応募してもらう方法です。開催者のアカウントをフォローおよびリツートしたユーザーを対象に、抽選で当選者が決められる仕組みです。応募方法が簡潔であり、リツイートでキャンペーンツイートが拡散されるため、認知拡大の効果があります。

  • ハッシュタグキャンペーン
  • ハッシュタグをつけた投稿でキャンペーンに応募してもらう方法です。開催者が指定したハッシュタグをつけてツイートし、そのハッシュタグのツイートをしたユーザーの中から抽選で当選者が決められる仕組みです。Twitter(ツイッター)では複数のハッシュタグをつけることが多く、参加者が指定したキャンペーンのハッシュタグ以外にも関連するハッシュタグをつけることで、キャンペーンを知らなかったユーザーが流入し、多くの募集が見込めます。

  • 写真投稿キャンペーン
  • キャンペーンに写真投稿で応募してもらう方法です。開催者が指定した写真を投稿したユーザーの中から抽選で当選者が決められる仕組みです。自社商品を投稿条件に設定すれば、参加者の写真投稿で商品のアピールに役立ちます。さらに、自社商品のユーザーの意見もツイートされることが多いため、商品の評価にも役立ちます。

  • 投票キャンペーン
  • ハッシュタグやリツイートを使って意見を投票することで応募してもらう方法です。投票してもらうことにより、商品の評価やユーザーの好みを把握できるメリットがあります。さらに、投票で人気の高かった物を商品化、公式サイトで公表など工夫をすることで、ユーザーが楽しみながら参加できます。

Twitter(ツイッター)キャンペーンのやり方

Twitter(ツイッター)のキャンペーンは、Twitter公式の広告キャンペーンとアカウント独自のキャンペーンで実施方法や仕組みが異なります。Twitter公式の広告キャンペーンは、広告キャンペーンにアカウントを登録し、ターゲットや支払い方法を設定すれば完了です。

一方、アカウント独自のキャンペーンは、以下の手順で実施します。

  1. 目的と目標を明確にする
  2. 適切なターゲットと商品を定める
  3. 抽選方法を決める
  4. キャンペーンを投稿する
  5. 当選者にDM・商品を発送する

アカウント独自のキャンペーンを開催する方は、これらの手順を踏んで企画しましょう。では、それぞれの手順について詳しく解説します。

Twitter(ツイッター) キャンペーンのやり方をフローごとに詳しく解説。便利ツール・注意点・成功事例も

目的と目標を明確にする

まずは、キャンペーンを実施する目的と目標を明確にします。上述のように、キャンペーンの目的は、ブランディング・認知獲得型と販促型の2種類あります。企業を知ってもらいたい、Twitter(ツイッター)アカウントを認知してもらいフォローを増やしたいという方はブランディング・認知拡大型です。一方、新商品を多くの人に知ってもらいたい、店舗の売り上げを獲得したいという方は販促型です。Twitterキャンペーンを実施する目的は何かを明確にしましょう。

次に目的に応じた目標を決めましょう。目標は、具体的に設定することがポイントです。具体的な目標は、フォロワー数やインプレッション数、キャンペーン経由の売り上げなどです。目標を設定すればキャンペーン終了後に、どれだけ目標を達成できたのかの指標になり、次回のキャンペーンの目標設定にも役立ちます。

適切なターゲットと商品を定める

ターゲットを決める際は、年齢や性別、趣味など詳しく設定しましょう。ターゲットを設定する指標の1つに、自身のアカウントに興味を持ってくれているユーザーが挙げられます。たとえば、ダイエット食品を販売している企業のアカウントで、20代女性や仕事をしているユーザーから多くフォローされている場合、ターゲットは「仕事で忙しく手軽にダイエットしたい20代女性」と設定すると良いでしょう。

ターゲットを設定したら、次にそのターゲットに刺さる商品を決めましょう。先ほどのターゲットの場合、オフィスでも手軽に食べられるダイエット食品、女性が好む甘めな味のダイエット食品などです。重要なのは、設定したターゲットが商品に魅力を感じるかどうかです。

抽選方法を決める

次に抽選方法を決めましょう。抽選方法は、主に以下の2種類あります。

  • 後日抽選
  • 応募期間終了後にユーザーを抽選し、後日当選通知をする方法です。商品の発送が必要なキャンペーンは、この後日抽選を採用することが多くあります。また、開催者が当選者を自身で選べるというメリットがあります。

  • インスタントウィン
  • ユーザーが応募したと同時に当選結果がわかる方法です。商品発送が不要なクーポン券のキャンペーンで、このインスタントウィンを採用することが多くあります。インスタントウィンは独自のキャンペーンツールを使う必要があります。

キャンペーンを投稿する

抽選方法が決定したら、キャンペーンの告知ツイートを投稿します。告知ツイートを投稿する際は、以下の項目を明記しましょう。

  • 開催期間
  • 応募方法
  • 当選条件

特に、応募方法と当選条件は簡潔に記載することが大切です。応募方法が明確でないとユーザーの応募意欲が低下してしまいます。また、当選条件を明確にすることで、ユーザーとのトラブルを回避できます。

多くのユーザーに告知ツイートを見てもらうために、固定ツイートに設定しましょう。

当選者にDM・商品を発送する

キャンペーン期間終了後は、当選者にDMで当選通知・商品の発送を行います。この際、キャンペーン方法によって当選通知方法や商品発送方法は異なります。たとえば、オートリプライキャンペーンを実施した場合、DMではなくリプライ機能を利用して当選通知を行います。インスタントウィンでクーポンの発券を実施した場合は、商品の発送は不要です。

ここまで、キャンペーンの実施手順や方法を紹介しました。抽選方法やツールによって手順は異なるため、どんな抽選方法があるのか、どんなツールがあるのかを確認し、キャンペーンを実施しましょう。

Twitter(ツイッター)キャンペーンを成功させるためのポイント・注意点

Twitter(ツイッター)キャンペーンの実施方法を解説しました。では、この実施方法を踏まえて成功させるためのポイントと注意点もみていきましょう。

ツールを使って効率化する

Twitter(ツイッター)キャンペーンを成功させるために、ツールを活用しましょう。上述のように、ツールを使えばインスタントウィンを利用できたり、さらには応募ツイートの収集や当選通知も効率化できます。ここからは、Twitterキャンペーンにおすすめの3つのツールを紹介します。

SocialDog

SocialDogの公式サイトの画像
SocialDogは、フォロー・フォロワー管理、予約投稿、分析など、一通りの機能が揃ったアカウント運用ツールです。キャンペーン開催の際には、予約投稿と分析の2つの機能が役立ちます。予約投稿機能は、指定した日時にあらかじめツイートを予約でき、キャンペーンの告知ツイートの予約やキャンペーン終了の告知などにおすすめです。分析機能では、リツイート数やいいね数をグラフ化することができ、さらにはフォロワー数の推移も確認可能なため、キャンペーンの効果測定に役立ちます。

SocialDogは無料プランと有料プランがあり、以下は各プランごとの機能と料金です。
Free(無料)

  • 連携アカウント数:2
  • 予約投稿数:10
  • フォロー解除数:100
  • フォロー管理
  • 基本的な分析

Basic(月額780円)

  • 連携アカウント数:最大50
  • 予約投稿数:30
  • フォロー解除数:1000
  • フォロー管理
  • 基本的な分析
  • ツイート数やいいね数のグラフ化

Pro(月額3,980円)

  • 連携アカウント数:最大50
  • 予約投稿数:無制限
  • フォロー解除数:上限なし
  • フォロー管理
  • 高度な分析
  • CSVエクスポート出力

SocialDogに登録する

ATELU

ATELUの公式サイトの画像
ATELUは、SNSキャンペーンに特化したツールです。ATELUにはインスタントウィン機能があるため、即時に抽選結果を知らせたい方におすすめです。さらに、当選通知もATELUに任せることができ、不正に応募するアカウントを自動的に当選者から除外する機能も備わっています。料金は有料プランのみであり、1回のショット利用では200,000円〜、月額利用の場合は50,000円となっています。

ATELU

echoes

echoes RTの公式サイトの画像
echoesは、ATELUと同様にSNSキャンペーン専用のツールです。抽選、当選通知、不正当選防止の機能が搭載されており、すべて自動で行います。さらに、echoesはツールでクーポンを発行できるため、インスタントウィン機能で当選通知後にその場でクーポン券を渡すことができます。料金は有料プランのみであり、詳しい価格は見積もり・問い合わせが必要です。

echoes

公式規約を遵守する

Twitter(ツイッター)では、キャンペーンを実施するうえで規約を設けています。規約違反をした場合、アカウント凍結の恐れがあるため、必ず遵守しましょう。以下は、Twitterの規約の一部を抜粋しています。

  • 複数アカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない
  • すべての応募を確認できるように、主催者の@ユーザー名を含めてツイートしてもらう
  • キャンペーンに関連する話題を盛り込むように推奨する
  • Twitterルールに準拠する

たとえば、キャンペーンを実施する際に、開催者が何度もキャンペーン告知のツイートを投稿することは規約違反です。特に、ツールを使う方は、予約投稿機能で過剰に告知ツイートを投稿するのはやめましょう。

キャンペーンの実施についてのガイドライン(Twitter公式)

鍵垢に注意

Twitter(ツイッター)のキャンペーンを開催する際、鍵垢には注意しましょう。たとえば、ハッシュタグで鍵垢が応募した場合、ツイート内容を閲覧できず、さらにユーザーを特定できないため商品の受け渡しができません。キャンペーンを開催する際に、事前に鍵垢では参加できない旨をアナウンスしましょう。

参考にしたいTwitter(ツイッター)キャンペーンの事例

Twitter(ツイッター)キャンペーンを成功させるために、他のアカウントのキャンペーン事例を参考にしましょう。

ローソン


コンビニエンスストアチェーンのローソンは、人気商品のプレミアムロールケーキが当たるインスタントウィンキャンペーンを開催しました。このキャンペーンは、開催期間中毎日10,000人が当選と当選確率が高く、その場で当たりがわかるのがポイントです。1日あたりの応募数は200,000を超え、非常に人気のキャンペーンとなりました。

サントリー食品インターナショナル


サントリー食品インターナショナルは、Twitterでコイントスゲームをするとプレゼントが当たるキャンペーンを開催しました。キャンペーンは、サッカーの本田圭佑選手がコイントスをし、表と裏のどちらの面が出るかハッシュタグで答えるというもので、ゲーム感覚でキャンペーンに応募できることから1,900件ものいいねがつくほど人気を集めました。

ICDキャリアプラス


ここまでは大企業の事例を紹介しましたが、次に中小企業でTwitter(ツイッター)キャンペーンで成功を納めている事例を紹介します。たとえば、エンジニア・フリーランスのIT専門求人サイトであるICDキャリアプラスは、複数の企業と合同でキャンペーンを実施し、ブランドの認知拡大、フォロワーの獲得へと繋げました。

Twitter(ツイッター)キャンペーンの成功事例8選。注意点やおすすめツールまで

Twitter(ツイッター)キャンペーンを探すには?

ご紹介したキャンペーンの他にも、Twitter(ツイッター)ではさまざまなキャンペーンが日々開催されています。ここからは、参考になるキャンペーンを探すコツを紹介します。

ハッシュタグで検索する

Twitter(ツイッター)の検索窓に「#キャンペーン」と入力して調べる方法です。キャンペーンツイートでは、「#キャンペーン」とハッシュタグをつけて告知ツイートしていることが多いため、キャンペーンを検索できます。ただし、開催終了したキャンペーンもヒットしたり、企業ごとに独自のハッシュタグを設定している場合は探したいキャンペーンがヒットしない可能性もあります。

まとまっているサイトやSNSをチェックする

次に、キャンペーン情報がまとめられているサイトやSNSをチェックする方法です。たとえば、まとめサイトの「ぷれぜんと懸賞当確」は、応募条件やプレゼント内容、当選者数などさまざまな条件でキャンペーンを検索できるため、非常に便利です。インターネットで「Twitter(ツイッター) キャンペーン まとめ」と検索すると、キャンペーン情報や企画がまとめられているサイトを検索できるので、ぜひ一度お試しください。

Twitter(ツイッター)キャンペーンのまとめサイト3選。キャンペーンの仕組みと当選のコツまで解説

Twitterの規約を守ってキャンペーンを始めましょう

Twitter(ツイッター)キャンペーンの仕組みや種類、実施方法について解説しました。Twitterキャンペーンは、フォロワーの増加やブランドの認知拡大、売り上げの獲得など、さまざまなメリットがあります。さらに、アカウント独自のキャンペーンは投稿を2次利用できるため、商品がユーザーに刺さったかどうかの判断材料にもなります。さまざまなメリットが得られるTwitterキャンペーンですが、実施するうえでいくつか守るべきポイントがあります。まず、Twitter規約を遵守すること、そしてユーザーを不快な気持ちにさせないことです。キャンペーンを認知してもらうために、何度もツイートしたり、しつこくDMを送ったりすることはあなたのアカウントからユーザーが離れる原因となります。ユーザーが楽しんで参加してもらうために、ユーザー目線を忘れないようにしましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

ダッシュボード

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
40万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc