social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

ツイートの一括削除にはツールが便利!全削除の注意点と削除できない場合の対応まで

Twitterの使い方投稿日:2020年1月30日更新日:2020年2月5日

Twitter(ツイッター)で過去のツイートを一括で削除する方法について解説します。Twitterに投稿した過去のツイートを、一括で削除したいという方は多いのではないでしょうか。過去のツイートを1つずつ削除するのには多くの時間と手間がかかってしまいます。ツイートを一括で効率よく全削除するには、ツールを使用することをおすすめします。ツイートの削除に特化したツールやツールを使用する上での注意点についても説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる?

Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。

過去のツイートを全削除できるツール

こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。

黒歴史クリーナー

「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。

黒歴史クリーナー

Tweet Deleter

「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。

ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。また、日付を指定しての削除も可能です。

有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。

Tweet Deleter

ツイートの一括削除ツール!

「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。画像を含むツイート・リツイートやリプライなどを指定して削除できるのはもちろん、「◯件以上のリツイート」など、ツイートを指定して削除することもできます。指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。

ツイートの一括削除ツール!

ツイートを全削除する場合の注意点

ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。

一度削除すると復元できない

ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。

ツイートが残ってしまう場合がある

ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。ケース別でご説明します。

  • 更新されない場合
  • 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。

  • キャッシュ
  • キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。

  • RSS
  • RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。

削除後はアプリ連携を削除する

ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。

選択削除も可能

ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)でツイートを選択してまとめて削除する方法について解説! おすすめのツールや使い方もご紹介。

削除できない場合の対応

ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。

  • キャッシュを削除する
  • Togetter(トゥギャッター)から削除する

キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)でツイートが削除できない?原因と対処法を詳しく解説

ツイートはツールを使って全削除しましょう

ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
30万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x