social media trend(ソーシャルメディアトレンド)

SNSマーケティングに関する最新情報をお届けします

Presented by.

New !【Twitter活用事例】ファンに愛されるTwitter活用をツール導入で実現!by エキサイトモバイル

Twitter(ツイッター)の自動リツイートはルールに違反する?自動化ルールとおすすめツールを紹介

ツイート投稿日:2019年12月11日更新日:2019年12月26日

Twitter(ツイッター)で自動リツイートをしたいという人に、おすすめツールをご紹介します。ツールを使えば、効率的にアカウントを運用でき、フォロワー獲得に繋がります。ただし、ツールを使う時には注意が必要です。過剰なリツイートや同じツイートの繰り返しは、Twitterの自動化ルールに違反します。ルールを守り、快適にアカウントを運用できるツールをご紹介します。

自動ツイートの方法を調べている人の画像

Twitter(ツイッター)で自動リツイートをするメリットとは

そもそも、Twitter(ツイッター)で自動リツイートする意味はあるのでしょうか? まずは、自動リツイートするメリットや意味を知りましょう。

他アカウントのツイートを自動リツイートする場合

他のアカウントを自動リツイートすると、フォロワーの獲得に繋がります。その理由として、以下の2点あります。

  • ユーザーと交流して親しみやすさをアピール
  • アカウントの存在をアピール

リツイートは、投稿を他のユーザーと共有するだけでなく、ユーザー同士の交流のきっかけとなります。特に、メーカーや企業アカウントが一般人のアカウントをリツイートすれば、交流が生まれ、親しみやすさを感じてもらうことができます。同時に、アカウントの存在を知ってもらうことも可能です。一方、まったくリツイートをしないアカウントは、ユーザーにスパムアカウントと見られる可能性があるため、フォローされにくくなります。

自分のアカウントをリツイートする場合

自分のアカウントを自動リツイートすると、効率的に運用ができます。その理由として、以下の2点あります。

  • 過去のツイートを効率的に投稿できる
  • 多くのユーザーに見てもらうことができる

自動リツイートをすれば、過去のツイートを効率的に投稿できます。たとえば、過去に投稿した告知や宣伝をもう一度したい時、自分のツイートをリツイートすれば、もう一度文章を考えたり、投稿したりする必要がありません。

さらに、自動リツイートは多くのユーザーに見てもらうチャンスがあります。昼に投稿したツイートはタイムラインで流れてしまい、夜間のユーザーには見てもらえません。そこで、昼のツイートを夜間にも自動リツイートすることで、幅広い時間帯に投稿でき、効率的にアカウントを宣伝できます。

Twitter(ツイッター)で自動リツイートをする注意点

自動リツイートは、自分のアカウントを宣伝、運用するのに効果的です。ただし、自動リツイートをする時には注意が必要です。最悪の場合、あなたのアカウントが凍結される恐れがあるので、きちんと確認しましょう。

自動リツイートに関するTwitter(ツイッター)の公式ルールを遵守する

Twitter(ツイッター)では、運用においてルールを設けています。そのルールの中に、自動化に関して以下のように明記しています。

リツイートの自動化: 他のすべてのルールを遵守していれば、エンターテイメント、情報提供、その他の新しい用途のためにリツイートや引用ツイートを自動的に投稿できます。リツイートの自動化は多くの場合、利用者の快適性を損ないます。そのため、リツイートの一括投稿や過剰投稿、スパム的なリツイートはTwitterルールで禁止されています。

参考:自動化ルール(Twitter公式サイト)
つまり、リツイートの自動化は可能ですが、過剰な投稿や他のユーザーに不快感を与えるリツイートは禁止されています。

スパム認定・アカウント凍結されるリスク

先ほど、Twitter(ツイッター)の自動化ルールについてご紹介しました。このルールに違反すると、スパムアカウントと見なされ、アカウント凍結される可能性があります。1度のアカウント凍結であれば、すぐに解除できますが、何度も違反行為を繰り返すと、永久凍結されます。永久凍結されたアカウントは二度と使えないため、必ずルールを守りましょう。

公式ルールを遵守した運用なら「Socialdog」

自動リツイートをするには、ツールを使います。ただし、過剰な使用はTwitter(ツイッター)のルール違反になり、アカウント凍結の恐れがあります。そこでおすすめなのがSocialDogです。

SocialDogの公式サイト

SocialDogは、Twitterのルールを遵守して開発されたツールです。こちらでは、SocialDogのツールについてご紹介します。

Socialdogを利用する

定期的に同じツイートをするのは推奨されていない

SocialDogは、定期的に同じリツイートを推奨しておらず、投稿について以下のように明記しています。

SocialDog には、定期的に同じツイートをする機能はありません。

少しでも異なるテキストをツイートしたほうがエンゲージが高まりますので、同じ内容をツイートしたい場合は、少しずつ表現を変えてツイートすることをオススメしています。

参考:SocialDog公式サイト

たとえば、自分のツイートを何度もリツイートすると、同じ投稿の繰り返しになります。同じ内容の投稿は、Twitter(ツイッター)ではスパム行為としています。そのため、リツイートをする場合は、過剰にすることを避けましょう。

RSS自動投稿機能

SocialDogには、RSS自動投稿機能があります。RSS自動投稿機能とは、ホームページやブログの更新があった場合に、Twitter(ツイッター)に自動ツイートできる機能です。この機能を活用すれば、告知や最新情報を更新するたびに、Twitterでも投稿されるため非常に便利です。

「一括」リツイートや予約投稿は可能

さらに、SocialDogでは、予約投稿をすることができます。予約投稿をすれば、空いた時間に投稿を一括で登録し、あとはスケジュール通りにツイートがされるため、非常に便利です。更新が多いアカウントには特におすすめです。

SocialDog以外にも、予約投稿ができるツールはあります。しかし、ツールによって画像や絵文字を使えないことがあります。一方、SocialDogの場合、画像も絵文字も使えます。ただし、動画を貼り付けた投稿は予約できないため、注意しましょう。

その他の便利な機能

さらに、SocialDogには、フォロー・フォロワー管理機能や分析機能が搭載されています。投稿したツイートを分析すれば、効果的な時間帯やツイート内容を調べられるため、フォロワー獲得に役立ちます。パソコンとスマホの両方に対応しています。

Socialdogを利用する

自動リツイートができるMAKEBOTはサービス終了に

自動リツイートができるツールとして、MAKEBOTが非常に有名です。しかし、MAKEBOTは2019年8月でサービス終了となっています。MAKEBOTの代わりとして、SocialDogのような便利ツールを使い、効率的にアカウントを運用しましょう。

自動リツイートは公式ルールの範囲内で

自動リツイートについてご紹介しました。リツイートは、投稿を共有・拡散するだけでなく、使い方次第でフォロワーの獲得や効率的なアカウント運用の手段として活用できます。ただし、過剰なリツイートやユーザーに迷惑をかけるような行為は、Twitter(ツイッター)のルールで禁止されています。自動リツイートをする場合は、必ずTwitterのルールを守り、他のユーザーに不快感を与える行為はやめましょう。なお、自動リツイートができるMAKEBOTは、2019年8月でサービスが終了しています。効率的に自動リツイートをしたいという人は、SocialDogや他のツールを使い、効率的に運用しましょう。

無料でフォロワーを増やせるツールがあるって本当?

6万社が使うフォロワーを増やすためのTwitterツールがあることを知っていますか?

SocialDogというマーケティングにおいて重宝されているツールは、投稿予約やフォロワーを管理をできるだけでなく、分析や自動化機能もあるので、効率的にフォロワーを増やすことができます。

まずは無料で使って見ましょう。

関連記事

すべての記事を読む

事例紹介

おすすめ記事

すべての記事を読む
30万アカウント突破!

Twitterマーケティングに
欠かせないツール

時間が取れない人の運用から本気の運用までSocialDogは対応することができます。また、時間が取れない人でも、本気でも、結果を出すための機能、サポートがあります。

pc Twitterで無料ではじめる
pc
x